大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


キヨシローに会いにいく
「個展 忌野清志郎の世界」 角田町



今、HEPの8階で、「個展 忌野清志郎の世界」をやってます。で、早速行ってきました。

開催情報は、HEP HALLのサイトへ。

http://hephall.com/


キヨシローがnext worldに行ったのは、僕がこのブログをはじめた昨年の5月2日。あれ以来、8ヶ月が過ぎて、こういうイベントに行っても、もう心がザワザワとすることもなかろうと思って、行ってきました。

ちなみに、キヨシローについて書いた、このブログ第1発目のエントリーはこちら。

「ブログを開設した日にキヨシローの訃報が飛び込んでくるとは…」


喪失感は相も変わらずあるのだけれども、それでもね、もう、普通に向き合える。YouTubeでたまにRCを見るけれども、圧倒的に多いのは、大好きなチャボさんの映像のほうで、いい意味で、キヨシローがこの世から姿を消したことを消化しているように思います。

個展にはたくさんの写真が展示されていて、我ながら笑ってしまったのは、この写真は雑誌○○に掲載されてたやつ、この写真はツアー○○のときの○○って曲を歌ってるときのやつ、この写真はLP○○のジャケットのインナースリーブに使われていたやつ、この写真はカメラマンの○○が撮影したもの、と、ほぼすべての写真の正確なスペックを言い当てることができたことですわ(笑)
いや〜、呆れるくらいに、たっぷりと自身のなかに擦り込まれてるんだなあ、と、笑ってしまいました(笑)

僕のiTunesにはキヨシローやRCの楽曲は1曲も入ってないけれども、いつでもね、圧縮されてないデータ化もされていない生の曲を、頭んなかで再生することができます。ライブアルバムだったら、歌い出しの間違いから息づかいまで、頭んなかでいくらでも再現できます…。

きっと、そういうことなんだと思いますわ。彼のモノの考えかただとか、センスだとか、生きかただとか、そういうことではなくて、丸ごとのカタマリが、僕の血や肉のなかに溶け込んでいるんだなあ、って。それを再確認できただけで、ちょっと嬉しくなりました。そして、安心もしましたわ。

個展は、画伯・忌野清志郎にフォーカスがあてられていて、油絵やスケッチ、イラスト、漫画など、膨大な量の作品が展示されてました。
ステージ衣装、ファンクラブの会報に描いたイラスト、ツアーグッズ、アクセサリー…、多岐にわたる膨大な点数の展示です。

漫画を描かせたら描き込みまくりで、白場が少ない少ない!(笑)
油絵は、どれもこれもとんでもなくカラフルで、サイケデリックです。
どの絵にも気取りがなくて、上手く描こうというような邪心が、ほとんど見えません。マンガチックな油絵もあれば、習作で描くような果物の静物画もあります。

愛娘のモモちゃんをモデルにキヨシロー自身を投影しているだろう少年の絵、そしていくつもいくつも描かれた自画像には、ハッとさせられるような面持ちがあります。折々の心象が投影されていて、ハッとさせられると同時に、おなじ時代のおなじ空気を吸った人間として、さまざまなことが思い出されます。そういう触媒のような役割を果たしている絵が、いくつもいくつもありました。

特に、晩年の自画像、ガン治療の過程でそうなったのかもしれないけれども、スキンヘッズのキヨシローの自画像がありました。
お坊さんのような、悟りきったような、穏やかな表情のスキンヘッズのキヨシローが、目に焼き付いて離れません。



「個展 忌野清志郎の世界」は、2月14日まで開催されてます。




「個展 忌野清志郎の世界」
HEP HALL
大阪市北区角田町5-15 HEP FIVE 8F
tel: 06-6366-3636
HP http://hephall.com
11:00-21:00

大阪市の北区をグルグル巡るブログのためのmap



剥き出し
 阪急百貨店うめだ本店前のコンコース

阪急百貨店うめだ本店前のコンコース


今年の9月に阪急百貨店の第1期工事が終わって南側がオープンし、それと入れ替わりで、第2期工事がはじまって、店舗の南側が閉鎖して改装工事がはじまり、その工事に伴って、JR大阪駅と阪急百貨店を結ぶ通路が、閉鎖されました。

おかげで、JR大阪駅から阪急以東へ向かうルートとして、新梅田食堂街を利用する人が激増したり、東通り商店街への来訪者が減ったりと、街の流れに大きな変化が起きているわけですが、それはそれとして…。

久しぶりに、かつての阪急百貨店があった場所、例の、日本一とも称された豪華なショウ・ウィンドウのあったあたりはどうなっているのかと、歩いてみました。

そしたら…、工事中だということは知っていましたが、まさか、コンクリの天井や壁が剥き出しになっているとは! かつてのシャンデリアはステンドグラスが撤去されているのは当然としても、こーんな、剥き出しのごっつい男臭い風景になっているとは、知りませんでした。

今しか見られない風景なので、思わずエントリー☆




阪急百貨店うめだ本店前のコンコース
大阪市北区角田8-7

大阪市の北区をグルグル巡るブログのためのmap






2012年までの辛抱
阪急うめだ本店の南館というか第1期リニューアル分の店舗がオープンして、今、第2期分の北側のリニューアル工事がはじまってるわけですが、そこの北側、阪急からJR大阪駅に抜ける道、例の「青まであと○○秒」とカウントダウンする信号のある横断歩道へ向かう道が、9/24から、工事に伴って閉鎖と相成りました。

阪急百貨店とJRを結ぶ通路の閉鎖

阪急百貨店とJRを結ぶ通路の閉鎖

阪急百貨店とJRを結ぶ通路の閉鎖


反対側のコンコース側も、もちろん、閉鎖です〜。
阪急百貨店とJRを結ぶ通路の閉鎖

阪急百貨店とJRを結ぶ通路の閉鎖


ラッシュ時やと、1時間に7,000人からの人が通行しているこの道を閉鎖して、新梅田食堂街の横から迂回するルートを使用するようにとのことなんですが、やっぱ、大混雑状態になってます〜。まあ、仕方ないですけど(笑)


迂回路にスムーズに誘導するための警備員も、しばらくは100人体制でやっていくそうです。すごいですな。

ちなみに新梅田食堂街の中を通り抜けていく人も多く、こっちは、通常の3倍の通行量になってるんだとか。売上が立って、いいんじゃないですかね(笑)
新梅田食堂街は、隠れた名店も数多くあるんで、これを期に、おいおい紹介していこうと思っとります〜。

ちなみに、新梅田食堂街のHPは、こちら。

http://www.gnavi.co.jp/ekitikai/



物心ついたときからこの道を歩いているような気がするので、閉鎖となると、なんとなく妙な気分になります。

2012年までは、この状態が続くそうです。
なに、3年弱の辛抱ですわ〜。




阪急百貨店うめだ本店とJR大阪駅を結ぶ北側の通路
大阪市北区角田町8

大阪市の北区をグルグル巡るブログのためのmap





HEP NAVIOの観覧車が白に変身?
HEP FIVEの観覧車、十三の平成花火大会のときも運航してなかったので、かき入れどきにどーしてかなー、と思っていたら、メンテナンス中なのでした。

10月中旬まで、リフレッシュ工事だそうです。

見にいってみると、観覧席が白!
HEP FIVE 観覧車



なぜに?と思って、カメラをグーンとズームにしてみました。
HEP FIVE 観覧車

HEP FIVE 観覧車


白く塗ってるんじゃなくて、白いカバーをかけてるんですな。どうやら、養生しているようです。


次はどんな色になるのかなーと思っていたら、褪せてきた色を元に戻すだけ、ですと。オープン当初の鮮やかに色に戻るのですな。

どーせなら違う色も見てみたいけど。





とりあえず、観覧席が白くなっているのは今だけ。。。




HEP FIVE 観覧車
大阪市北区角田町5-15
tel. 06-6366-3634
営業 / 11:00-22:45(最終搭乗時刻)
無休(現在は10月中旬までメンテナンス中のため運休)
搭乗料金 / 500円(小学生未満無料)
HP http://www.hepfive.jp/

大阪市の北区をグルグル巡るブログのためのmap









阪急百貨店のショーウィンドウが今月末で閉鎖なので、今、阪急百貨店の足跡を辿る写真展がディスプレイされてます
昨日、JR天満駅付近で痴漢を捕まえたルイスです☆
道端で堂々と痴漢ってのもすごいけど、深夜にタクシーが盗まれて、その盗んだタクシーで次々とひったくりをした事件があったばっかりですからね。このあたり、治安がけっしていいわけではないです。皆さん、気をつけませう。
でも、まあ、このエリア選出の市会議員が酒気帯び運転でパクられる土地柄なので、なんともはや、という感はありますが…。

閑話休題。






阪急百貨店梅田本店の東側コンコースに面していたショーウィンドウが、今月末の8月30日に、いったん、姿を消すそうです。
現在工事が進んでいる南側が9月3日にオープンして、それと入れ替わるかたちで現在営業中のビルが建て替えられるため、ショーウィンドウもそれにあわせて閉鎖です。

クリスマスや正月の飾り付けだけじゃなくて、いつもいつも凝ったディスプレイで、ここを通るたびに足を止めて見とれていたもんです。
関西のディスプレイ屋さんも、ここのショーウィンドウをディスプレイできることが、ひとつのステイタスになってましたな。

やっぱ、これだけの人通りのある場所で、縦3m×横3.5mのショーウィンドウが計5面なんて場所は、なかなかあるもんじゃないですからね。

今、そのショーウィンドウで、阪急百貨店の足跡を辿る写真展がディスプレイされてます。

阪急百貨店梅田本店

阪急百貨店梅田本店

阪急百貨店梅田本店



昭和23年(1948年)、戦後の混乱期に果敢に行なったモードコンクール発表会でファッションに関心の高い女性客に好評を博した様子や、昭和14年(1939年)の開店10周年の記念イベント「初夏の夫人子供服陳列会」の様子、当時の包装紙、昭和10年(1935年)の食堂の様子、大正9年(1920年)阪急食堂の車内吊り広告などが、2面のショーウィンドウに、コンパクトにディスプレイされています。

単に写真パネルを展示するだけじゃなくて、写真を切り抜いて、立体的にしているところにディスプレイ魂を感じます。
阪急百貨店梅田本店



昭和9年(1934年)に登場した、戦前の阪急を代表する2両固定編成の920系の模型も展示されてます。
阪急百貨店梅田本店



昭和10年(1935年)、7階にあった和食堂。ここは「和」限定だったんですね〜。
阪急百貨店梅田本店



大正9年(1920年)の阪急食堂の車内吊り広告。そんなむかしから車内吊りの広告が存在したのか!と、ちょっと驚きました。広告のデザインは、今もってモダンさを失ってませんな。秀逸な広告だと思います。
阪急百貨店梅田本店






このショーウィンドウは8月30日まで。
新しく生まれ変わるのは、2012年春のグランドオープン。それまで、しばしのおわかれです〜。



阪急百貨店梅田本店
大阪市北区角田町8-7

大阪市の北区をグルグル巡るブログのためのmap



歯神社の「歯」は「歯止め」の「歯」
梅田のユニクロはちょくちょく行くのだけれども、その隣に、ひっそりと、祠と鳥居があって、ユニクロに行くたびに気になっていたのでした。

気になるだけで、なにも調べずにいたのですが、今回、重い腰を持ち上げて、調べてみました。というか、いつもは素通りするところを、チャリを停めてまじまじと見てみると、「歯神社」という額が鳥居にかけられていて、歯の神社って!と、あまりのインパクトの強さに、調べてみたくなった次第で。。。

サイトがありました。
http://www011.upp.so-net.ne.jp/u-shirae/syaden/hagamisan.html

以前紹介した綱敷天神御旅社とおなじく、ここも、綱敷天神の末社だったのですね。
この近辺、だいたいどこも、綱敷天神かお初天神か太融寺の息がかかってるみたいです(笑)

縁起を見てみますと、
もとは農耕の神さまである宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)を祀り、地域農民が信仰してましたところ、現在は「はがみさん」と呼ばれていて、歯の神さまとして信仰されている、と。
宇迦之御魂神は農耕の神さまということなので、きっと、お稲荷さんのルーツと考えて間違いないかと思います。






歯の神さまってなんですか、歯の神さまって?

歯の神さまについて、かーなり真剣に調べてみたのだけれども、はっきりとはわからなくて、わかったのは、どうやら淀川の氾濫が関係しているらしい、と。

淀川の氾濫といえば、明治18年の大洪水が有名ですな。

そもそも、大阪の地は、淀川がとめどなく土砂を運んでくるために、長らく泥地でした。なので、大阪の都市計画といえば、淀川をどう治水するか、と言い換えてもいいほどで。

江戸時代中期の河村瑞賢による淀川水系の治水工事もなかなかの大事業だったみたいですが、にもかかわらず、淀川はたびたび氾濫し、大阪は大洪水に見舞われてきました。
宝永4年(1707年)、享和2年(1802年)、文化4年(1807年)と、江戸時代中期以降だけでも、3回の洪水が記録に残ってますわ。

で、明治18年の大洪水となるのですが、こいつは強烈です。

6月の上旬に雨が降り続いて、淀川が増水、上流各地で堤防が切れる。
6月10日
午前3時に土佐堀川の水かさが3.4メートルに達し、土佐堀川は決壊寸前。

6月24日
いったんは水が引きはじめる。

6月28日
でも、雨が再び降り出して、午後から再び増水。

7月2日
市内の各河川で水が溢れ、中之島では、中流下流域で各家とも軒下15.、6センチまで濁流が迫る。
大阪鎮台工兵隊も出動して、土佐堀川や堂島川の橋の流出を防いだが、水の勢いには勝てず、ほとんどが流れ去る。
天満、中之島をはじめ、難波(浪花)、大江、淀屋、渡辺、肥後、田蓑、筑前、玉江、常安、堂島大橋などで浸水。淀屋橋が流れたときは水死者が出た。北区で浸水を免れたのは、天満宮の周辺だけ。

今と違って、時間がゆっくり流れてますが、といって迅速な処置ができるわけでもないので、恐怖がじわじわと迫ってくるようなかんじがしますね。

7月4日
ようやく減水。
この間、
大阪-京都間の鉄道はすべて不通になり、堂島、北浜市場は浸水のため休業。大阪経済はマヒ状態ですな。
被害総数は、死者1、流失家屋が18戸、全壊家屋が13戸、損壊家屋が185戸、浸水家屋が8,691戸、浸水学校が11舎、救助者は2,491人で、北区は、西区に次いで被害が大きかったそうです。被災者のため、政府米が3,200俵、放出されました。

すごい被害。。。
でも、防疫に努めたので、直後の伝染病の発生は免れたそうです。これは、7月の暑い時期のことを考えると、快挙だと思いますよ。

そもそも、淀川がたびたび氾濫を起こすのは、川の形状に問題があるのでした。

もともとの淀川の本流である大川に集まった水が、天満で、寝屋川、平野川などと合流し、どっと下流に流れ込むため、川幅が狭くて浅い堂島川、土佐堀川では、この水量を支えきれないのが洪水の原因だった。
そのために、江戸時代には河村瑞賢が大川をひろげ、堂島川を改修し、安治川を開削したのだけれども、根本的なものではなかったのでした。

で、明治18年の大洪水のあと、根本的な改修を行なわなければならない!と、猛運動が起こったのでした。

毛馬から西へ細く流れる中津川を中心に、大阪湾まで一直線の新淀川をつくり、これを淀川の本流とします。毛馬から天満、市の中心部を経て大阪湾に注ぐ大川を支流化して、大阪の洪水渦を根本的に絶とうという、世紀の大事業。
この大改修を成し遂げたおかげで、今の淀川の形状、すっと一直線に大阪湾に流れ込む淀川の形状となり、中之島を挟む大川は、淀川の支流となり、おとなしくなったわけですな。

国の事業として行なうように政府に働きかけ、明治31年4月着工、12年の歳月をかけて、明治43年に完成したとのことです。
延長15キロメートルで、開削のための買収地は1415ヘクタールに及び、総工費1900万円のうち国庫負担は713万円。残りを、大阪、京都、滋賀の3府県で負担しました。
大川の水量を調節するために毛馬に洗堰が造られ、こちらは明治35年着工、明治43年に完成しました。これまた8年越しの大事業ですな。

この淀川改修に力を注いだ人は多いのですが、なかでも府会議員の大橋房太郎の功績は抜群で、永年、熱心な運動を続け、この計画案が国会を通過するときに傍聴していた彼は、思わず、淀川万歳!と叫び、守衛に連れ出されるというエピソードもあり、地元の人から、治水翁と呼ばれたということです。

これで淀川はおとなしくなったといいますから、無駄なダムばっかり造ったり無駄な治水工事ばっかりやってる今の国交省に聞かせてやりたいような、意義も意味もある大事業ですわ。


で、これが淀川の氾濫なのですが、この、明治18年の大洪水のとき、被害が、このあたりでは「歯止め」されたらしいのですよ。なので、それ以来、地域の人たちが、この神社を「はがみさん」として崇拝するようになったんだとか。
なので、口のなかに生えてる「歯」じゃなくて、「歯止め」の「歯」!


それが、どうしたわけか、今は、口のなかに生えてる「歯」の神さまになっちゃってます(笑)

これも、つらつらと調べてみると、どうやら、
淀川の決壊がなくなり、そのことも忘れられ、いつのまにか、「歯止め」が「歯の痛み止め」に転化し、いつのまにやら歯の神社になったらしいのですよ。なんちゅー転化(笑)






撫で石もあります。これは、きっと「歯」なんでしょうね。撫でとけば、虫歯にならずにすむのかな。





今や、歯のお守りまで販売されてるらしいです(笑)


綱敷天神の末社になったのは明治の初期のころのことで、地元の人たちが、ちゃんとした神社としてお祀りしようと、綱敷天神へ依頼し、結果、綱敷天神の境内飛び地末社としてお祀りされるようになったのでした。

平成12年(2000年)、放火の難に遭い、社殿の前部が全焼したのですが、社殿復興を望む声が多く、多くの浄財が集まり、翌年の平成13年(2001年)には、見事、復興と相成りました、とさ。

復興が素早いです。
それだけ浄財が早くにたくさん集まったということなのでしょうが、ということは、かなり愛されている神社ということになりますな。

ちょっと離れてみると、祠から炎が噴出しているかのような勢いで、イチョウの木が茂っています。もちろん、注連縄をしたご神木です。







歯神社
北区角田町2-8

大阪市の北区をグルグル巡るブログのためのmap

阪急百貨店うめだ本店のビル、着々とできてます☆
 梅田界隈の再開発エリアで、一番ホットなのは、なんといってもJR大阪駅とその南北、北ヤードと大丸を含むエリアでしょうが、それに負けず劣らずなのが、阪急百貨店うめだ本店の建て替えプロジェクトです。

2006年より建て替えの工事がはじまっていて、このあたりの歩行ルートがちょこちょこ変わるので、毎日のように歩いている身としては、なかなか思うように歩けないところでもあります。

で、めんどくさいなあ、と、思ったりもするのですが、この風景を見たら、その面倒も吹っ飛びますね☆
とりあえず、南側をパチリ。

阪急百貨店うめだ本店



建て替え工事は2期にわかれていて、まずは南側を建て替え、その後、北側を建て替えます。そうしないと、完成するまでまったく営業できない状態になってしまいますからね。

で、南側がもうすぐ完成します。もう、かなりできてきましたな。
かなりできてきたので、写真を撮ってきました。
写真に撮ってみて改めて思うけれども、う、美しいです!
なんか、絵に描いたような美しさです。CGでつくったんじゃないか?ってくらいの、美しさですから。

完成した暁には、地上41階地下2階の巨大複合ビルになるわけですが、百貨店は、地上13階から地下2階に再入居します。ちょうど、ビルの低層階の茶色の壁面になっているところですね。
営業面積は84000平方メートルになるといいますから、現時点で、日本最大級です。すげーな!

この茶色い階が、百貨店が入るエリアです。
まじ、CGみたいです(笑)

阪急百貨店うめだ本店



西側にまわってみました。
カメラのフレームに、最上階まで収まりません(笑)

阪急百貨店うめだ本店



なので、ちょっと離れて撮影しました。
隣のビルと比べると、その高さが際立っているのが、わかります。

阪急百貨店うめだ本店



近づいてみると、窓枠に、阪急らしいアールデコ・チックな上品な装飾が施されています。
真ん中に模されているのは、阪急の頭文字の「H」でしょうか。

阪急百貨店うめだ本店



ちなみに、旧阪急梅田地上駅のコンコース天井に据えられていたシャンデリアや壁画は、新ビルのモニュメントに使われるそうです。


近代の梅田の歴史は阪急とともにあったといっても過言ではないほどで、阪急梅田駅と阪急百貨店うめだ本店の歴史は、そのまま梅田の近代史でもあります。

いつか、そのことについて詳しく書いてみたいと思います。

まずは、新ビルの完成を、ワクワクして待ちませう☆




阪急百貨店うめだ本店
大阪市北区角田町8-7

大阪市の北区をグルグル巡るブログのためのmap

阪急うめだ本店の北海道物産大会は、5/2〜5/12まで
北海道物産展


昨日から、梅田の阪急百貨店の7階催事場で、北海道物産大会やってます!
開催は、5/2(土)〜5/12(火)。


サイトはこちら→(http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/hokkaido/)。
期間が終わったら、このページは削除されるのかな。

スイーツは、
富良野の「フラノデリス」から、ドゥーブルフロマージュの進化形、「フランドゥール」(1台 1,365円)。
小樽の「ルタオ」から、「クリームチーズロール」(12cm 1,365円)。
帯広の「ダンデライオン」から、「焼きドーナツ」(181円〜)。
十勝の「十勝しんむら牧場」から、「いちごジャムワッフル」(2個 284円)。
十勝の「花畑牧場」から、新作「バナナ味の生キャラメルスフレ」(2個 751円)。
富良野の「とみたメロンハウス」から、「こだわりメロンパン」(251円)。

ほいで、海の幸、
札幌の「蟹工船」から、「たらばがに太巻」(1,890円)
札幌の「鮨処 竜敏」から、「豪華うに三昧巻」(2,100円)
札幌の「かに工房」から、「かにのスペシャル弁当」(2,310円)
瀬棚の「マーレ旭丸」から、「やわらかいかめし」(2個 572円)
札幌の「丸亀」から、「熊谷産船上活〆さくらます冊造り」(150g 1,995円)
札幌の「札幌キムラヤ」から、「ホタテクリームピロシキ」(210円)
小樽の「日本橋」から、「オホーツク塩水うに丼」(2,625円)

陸のもんだと、
札幌の「じゃがいもHOUSE」から、「富良野産のアスパラとベーコンのクリームコロッケ」(399円)
札幌の「フォーシーズン」から、「牛ステーキと豚肉のあいのり弁当」(1,575円)
小樽の「レストランMURA」から、「ハンバーグカレー」(1,260円)。
札幌の「豊平館」から「わがままステーキ弁当」(2,625円)

主だったところは、こんなところでしょうか。

阪急の名物バイヤー、薬師寺さんのセレクトが売りになってます。


一日○○個といった限定がほとんどだし、○日限定で出品される商品もたくさんあるので、ネットでチェックしてから行かねばなりませんな。

それと、人気のところは、並びます。で、早々に売り切れます!

蟹工船、ルタオ、フラノデリスあたりは、結構な行列が出来てました。



会場で食するイートインもあって、そこではテイクアウト出来ない、会場でしか食することの出来ないメニュー、札幌から「どんぶり茶屋」の「海鮮10品てんこもり 北の大漁十食丼」(かに汁付き 1,680円)なんてのもありました。

歩きまわるわ、並ぶわで、結構、気合いを入れていかないと疲れます。
でも、ちゃんと、休憩部屋が併設されているあたりは、薬師寺さん、なかなか芸が細かいです。

これは、蟹工船の「たらばがに太巻」。1本買いました☆


蟹工船





阪急百貨店うめだ本店
大阪市北区角田町8-7

大阪市の北区をグルグル巡るブログのためのmap


<< 2/2PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.