大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


ゲバラがいっぱい☆
CAFE CARIENTE(カフェ・カリエンテ)

若いころ、世界中をウロウロしていたころ、東南アジアからインド、中東を経て、ヨーロッパとアフリカを行ったり来たりし、北アメリカにわたって、そこから南下、そしてキューバに辿り着いたとき、すっかりと旅のすれっからしで摩耗していた自分の感受性が久しぶりにワクワクと脈動しはじめたのを覚えてます。

やっぱ、キューバやその首都であるハバナの響きには、なにか、ロマンチックなものを思い起こさせる力がありますな。

もちろん、カストロやゲバラが果たした役割は大きいにしても。

自由の国キューバ。革命の国キューバ。いまだに、ゲバラの名を口にすると、涙が出そうになります。吠えながら、走り出したくなります。
自分のしていることが小さく感じられて、ゲバラの名を聞くと、ただ、永遠や冒険や、情熱だとか爆音だとかを、自分の信じていることを、思い出させてくれるのでした。

ハバナは、その名の響きが持つ、自由で開放的な雰囲気そのままの町で、建物は壊れるままに古く、暮らしは貧しくても、そこが神に愛されている土地だということは、誰の目にも明らかでね。日が昇れば、生きていることを思い出し、月が出れば、眠る、そんなかんじ。

奴隷として扱われた不当な労働で汚された心身に、正当な疲労を充填させるために、彼らはダンスしました。あれほどまでにダンスが盛んなのは、きっと、そうした歴史の名残なのですよ。

ヘミングウェイが通ったバーで、彼の愛したモヒートを飲んだことがあります。強いカクテルで、アルコールがダメな僕には、舐めるのが精一杯だったのでした。
革命博物館で、ゲバラとカストロが、メキシコからキューバへと乗り込んだときに使ったヨットを、見ました。まだ20代だった彼らの情熱は、そのヨットに乗って、キューバに上陸したのでした。愛する人と、生きながらにわかれたこともあっただろう。恋の思いを秘めたまま、去ったときもあっただろう。愛していないおねえちゃんと、やりまくったときもあっただろう。キューバに来る前にも後にも、いろいろあったに違いないのです。いろいろあったに違いないのですが、彼らの一生は、たったの一行で、言い表すことができます。

「革命のために生きた男」。

できることなら、僕の一生も、一行で言い表わせられるものであってほしいのでした。


と、このカフェ、「CAFE CALIENTE(カフェ・カリエンテ)」に来るたび、思ったりするのです。

ここは、キューバを旅したオーナーのフランソワさんが現地のカフェに魅了され、毎日通いたい想いを中崎町にて再現したお店です。

おへそを出した豊満で健康的に放埒そうなおねえさんがグラスやお皿を運んでいて、多国籍なスタッフが思い思いの言語で言葉を交わしていて、ラテン音楽が絶え間なく流れていて、なんと、エアコンがなくて天井のでっかい扇風機だけで、汗ダラダラになって…、そう、ここは思いっきりハバナです。

店名は、暑い、もとい、熱いカフェ、という意味ですが、その名のとおり、エアコンがなくて天井のでっかい扇風機だけで暑気に無駄な抵抗をしているところがね、僕はお気に入りなんですよ。これぞ、まさしくキューバの風景です。


ゲバラがいっぱいです☆

CAFE CARIENTE(カフェ・カリエンテ)

CAFE CARIENTE(カフェ・カリエンテ)

CAFE CARIENTE(カフェ・カリエンテ)



ところで、ボチボチ寒くなってきた今日このごろ、暖房のほうはどうなるんでしょうね?
本格的な冬到来の時期、また攻めてみたいと思っています〜。





CAFE CALIENTE(カフェ・カリエンテ)
大阪市北区中崎西1-9-5
tel. 06-6373-7999
平日 / 11:30〜0:00
金曜 / 11:30-23:30
土日 / 12:00-0:00
月休み

大阪市の北区をグルグル巡るブログのためのmap



済美小学校跡で遺跡発掘?????
中崎町の旧済美小学校跡地のまえをチャリで走っていたら、校庭に工事車両が入っているのが見えて、たしか、大阪市が売却するのは決めたけど売却先の決定はもっと先やったはずやし、再開発の計画なんてまだまだ白紙やろ〜、と、思って、近づいてみたら、なんと、校門のところに、遺跡作業中なる札がさがってるやないですか。

済美小学校跡 遺跡発掘

済美小学校跡 遺跡発掘



遺跡?????

そりゃ、古代の大阪はほとんどが海の底で、上町台地と北区だと南森町付近が陸地で、あとは中洲の集合体みたいなもんだったわけですが、それでも、貝塚があったとか、そういう話は聞いたことがありません。

あとで調べてみたら、どうやら、中世から近世にかけての遺跡らしいということなので、鎌倉から江戸にかけてのなにかが見つかった、ということですな。売却検討にあたっての事前調査を行ったところ、どうやらその時代らしき埋蔵物が出てきた、ということです。
8月の済美カーニバルのときは

なにが出てきたんでしょうね〜?

中世直前の平安期の大阪は火の消えたような寂しさだったわけですが、蓮如が今の大阪城の地に石山本願寺を創建したのを機に活況を呈するようになり、遺跡の対象となっている鎌倉時代からこっちは、それこそ日本の商都になっているので、それ関係のものが、なにかわかるかもしれませんな。

今回の遺跡は中世から近世の村や集落の住居跡らしいとのことなので、町衆の風俗なんかがわかる遺跡が出てくればいいなあ、と、期待してます。
室町以降の町衆の風俗、どんな服を着て、なにを食べて、なんてことはわりに詳細にわかってきてますが、鎌倉以前の町衆文化や風俗は、日本史の暗黒でもありますから、そのあたり、なんかわかればいいのに!

現地調査は9月末までを予定していて、その後詳細な調査・分析を行う。調査結果が判明するのは来年度以降らしいです。

ちょっと楽しみ☆



旧・済美小学校跡
大阪市北区中崎西1-6-18

大阪市の北区をグルグル巡るブログのためのmap




済美カーニバルで北区の盆踊りの幕が開き、東大寺二月堂で関西の盆踊りは踊りじまいする
中崎町の済美地区といえば、北のおされスポットその1ですが、ま、それとは関係なく、夏祭りが行われてましたです〜。

済美カーニバル。これです。
済美カーニバル

済美カーニバル


もちょっと早めに気がつけばここで告知ができたんですが、なんせ、商店会の偉いさんにご案内いただいたのが、当日…、告知できません(笑)

済美小学校跡が会場だとばっかり思っていたんですが、そこはメイン会場であって、実際は、いわゆる中崎町全域の広いエリアで行なわれていたんですな。高槻のジャズフェスみたいなかんじ?

盆踊りの前には、フラのライブが行われてました。
済美カーニバル



屋台の上には、大手資本の広告。ちゃんと、とれるところからはとってはるみたいです(笑)
済美カーニバル



個人的には、おばけやしきに心惹かれます(笑)ここは、校庭じゃなくて、校舎なのかな?
済美カーニバル








というわけで、天神祭も終わり、いよいよ夏祭り〜盆踊りの季節になってきました。
あっちこっちでそうしたお祭りが行われるわけで、北区の夏祭りリストとかあればいいのになあ、と、個人的には思ったものですが、よく考えてみると、夏祭りも盆踊りも、皆、地元で開催されるものに顔を出すので、わざわざ他所の盆踊りを巡るような酔狂な人は滅多にいないだろうから、ニーズがありまへんな(笑)
花火大会はすでに、あちこちでリスト化されているので、盆踊りだけだとね(笑)



話は変わるのですが、盆踊りといえば、東大寺の二月堂。
冬のお水取りで有名な二月堂ですが、ここは盆踊りのメッカでもありまして、毎年、9月17日に、十七夜盆踊りが開催されます。
9月17日はすでに盆でもなんでもないですが(まあ、でも、旧暦だと、このあたりが盆ですね)、この日にこの場所で行なわれる盆踊りが関西の盆踊りの〆というか踊り納めで、日本全国の盆踊り業者(業者じゃないな。笑)、河内音頭から江州音頭まで関係者が集まって、バラエティに富んだ関西中の盆踊りが繰り広げられます。これが、盆踊りの踊りじまい。

そして、僕の知るかぎり、北区の盆踊りは、この、済美カーニバルで行なわれるのが、しょっぱなです☆





おまけ。
マヨくん。夏祭りとマヨネーズって、黄金の組み合わせですなっ!
汗びっしょりで、かつ目をつむってしまったマヨくん。。。
済美カーニバル








済美カーニバル(済美小学校 跡)

大阪市北区中崎西1-6-18

大阪市の北区をグルグル巡るブログのためのmap



<< 2/2PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.