大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 茶屋町のカフェでジャパニーズ・ソウル・ミュージック、河内音頭に酔う | main | バナナホール閉鎖から2年、ついに新ライブハウス「AKASO」が始動! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


浪速八百八橋 北区の橋シリーズ - 川崎橋
大阪市の北区といえば、大川があるので、橋がたくさんあります。
江戸の八百八橋に比べると少ないかもですけど、それでも大阪の橋は国家予算を投じてつくった公儀橋よりも、地元の人たちがお金を出して自力でつくった橋のほうがはるかに多いのは、思いっきり自慢していいことやと思います。


ちなみに、大阪市北区の架かる橋は、東から、
毛馬橋(城北公園通)
飛翔橋
都島橋(都島通)
源八橋(扇町通)
桜宮橋(銀橋)(国道1号線)
川崎橋
天満橋(谷町筋)
こっから西は、中之島に架かってます。
天神橋(天神橋筋 - 松屋町筋)
難波橋(ライオン橋)(堺筋)
鉾流橋
水晶橋
大江橋(御堂筋)
中之島ガーデンブリッジ
渡辺橋(四ツ橋筋)
田蓑橋
玉江橋(なにわ筋)
堂島大橋(あみだ池筋)
上船津橋(新なにわ筋)
船津橋

大阪市北区の橋



玉江橋から西は大阪市の北区のエリア外のように見えるんですが、中之島がじつは大阪市の北区に属していて、そこに架かってる橋は、一応、大阪市北区ということになってるんですね。地図でも、そうなってますわ。
もちろん、中之島の北側、つまり堂島川に架かる橋だけで、南側の土佐堀川に架かる橋は、北区のエリア外ですな。



さて、以前に難波橋、通称ライオン橋を書いたので、今回は、川崎橋を。

ライオン橋のエントリーはこちら。
http://kita-ku.jugem.jp/?day=20090514


天満橋と桜宮橋のあいだに架かる川崎橋は、大川と寝屋川が合流する手前の都島区網島町と右岸の北区天満1丁目を結ぶ歩行者とチャリ専用の橋で、それにしては立派な橋ですわ。国交省が全国的に進めている大規模自転車道のひとつらしいです。

ここは景色がよくて、浪速の名橋50選にも選ばれております。
よくは知らんのですが、技術的にも優れている橋らしく、土木学会田中賞というものを受賞しているとのことです。

左右両岸に由緒ある建築物が目白押しで、右岸には造幣局や公会堂、左岸には藤田美術館に大阪城が見えます。大川のゆったりとした流れとあいまって、ここはなかなか風情がありますよ。はっきりいって、渡るためだけに利用するのが惜しい橋です。

橋の姿そのものも、高い塔からケーブルを出して、橋を吊ってる形状で、なかなか美しいです。
この、橋を吊ってる塔が、船の航行を考えて、川の真ん中には建てられておらず、天満側に寄ってるのがね、なんともいえない美しさを演出してますな。
ほら、日本人は、左右対象の美よりも破調の美を好むので、これは日本的な美的感覚に適ってるんです。

橋の真ん中あたりから左右を見渡すと、大川と寝屋川の合流する様が見え、OMMビルが見え、銀橋がチラッと見えます。

資料的なことを書いておくと、
長さ129.15m
幅3m
二径間連続斜張橋(←どういう工法かは、僕が知るはずもない。笑)
橋脚には高さ30m(水面からは35m)のタワーを建て、左岸側:右岸側=6:4、計20本のワイヤーで橋台を吊る仕掛け
昭和51年1月着工
昭和53年4月完成
総工費3億7,000万円

古い地図を見ると、「川崎渡」との記述があり、もともとは、渡し船が運航していたそうです。
天満側には蔵屋敷が建ち並んでいたし、都島側は京街道やら大和街道やらの入口ですから、通行需要は相当にあったでしょうな。
元禄時代ころには、なんらかのかたちで橋が架けられていたみたいです。

何度か焼失したり川の増水で流されたりしたのち、明治10年に、橋が再建。
でもそんときは、私設の橋で、通行料を徴収したことから、「ぜにとり橋」と呼ばれたそうです。まあ、その橋も明治18年の大洪水で流され、昭和53年に現在の橋が架けられるまでは、橋はなかったそうです。

川崎の渡し自体は長いこと続いていて、昭和20年までは運航していたらしいです。



天満側(西詰)から見た川崎橋。ロープで吊られている様が美しいです。
川崎橋


幅3mの歩行者とチャリ専用です。
川崎橋


天満側から渡っていると、大阪城が見えるんですよね〜。
いい景色です。
川崎橋


今にも雨が降りそうな空が不気味ですが(笑)
橋を吊るしている塔の頂上。工学的な美がありますな。



橋の南側を見ると、OMMビルと天満橋が見えます。これまたなかなかいい景色です。



北側からは、造幣局の通り抜けが見えますね。向こうにチラッと見えるのは、桜宮橋、通称銀橋です。



都島側(東詰)から橋を眺めると、こんなかんじです。
川崎橋


都島側の橋のたもとに、川崎地蔵尊がいらっしゃいました。このお地蔵さんの由来などは、今回の宿題(笑)
川崎橋





川崎橋

大阪市北区天満1丁目

大阪市の北区をグルグル巡るブログのためのmap
大阪市北区の主な橋




■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/97
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.