大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 扇町公園で毎朝、太極拳に興じるおばぁたちの健康法 | main | 天神祭 2009 vol.2(陸渡御〜船渡御〜奉納花火)編 写真41枚付き >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


天神祭 2009 vol.1 ギャルみこし〜初日(宵宮祭と鉾流神事)編 追加テキスト&写真多数アリ☆
天神祭の前日、つまり7月23日ですが、お昼の12時半からギャルみこしが出陣しました☆

仕事でバタバタしてたんで、出発のところでしか遭遇できなかったんですが、ギャル目当てのオッサン連中に混じって、撮影してきましたですよ。
それにしても、オッサン連中、プロのカメラマンも真っ青の高価な装備を揃えて気合い入ってました(笑)

出陣の場所であるJR天満駅前は激込みで、僕のまえに関テレのカメラマンがいつのまにか陣取りはじめたので、どやしつけてやりました(笑)だって、場所取りは早いもん勝ちだも〜ん。報道だからって、ルールは守ってもらわんと☆

今年は総勢79人で、約200kgのみこし2基を担ぎます。
今年の年齢層は、16歳から39歳。親子で参加も1組いらっしゃるらしいですな。

白地に赤の法被、ねじり鉢巻きで、わっしょいわっしょい〜!掛け声かけながら担ぐ姿は、やっぱ、凛々しいですよ。これ見てると、下衆な興味はどっか行きますね! それよりも、この、世界でも珍しい光景を間近で見る喜びのほうが、全然勝ってます。

では、ここで長々とテキストを書いても仕方がないので、以下、写真です☆

あ、このエントリーは、24日の天神祭の初日が終わった段階で、追加テキストと追加写真をアップする予定なので、お見逃しなく〜。


ではでは、以下、ギャルみこし出陣の模様です〜☆


天神祭 2009 ギャルみこし

天神祭 2009 ギャルみこし

天神祭 2009 ギャルみこし

天神祭 2009 ギャルみこし

天神祭 2009 ギャルみこし

天神祭 2009 ギャルみこし

天神祭 2009 ギャルみこし

天神祭 2009 ギャルみこし

天神祭 2009 ギャルみこし

天神祭 2009 ギャルみこし

天神祭 2009 ギャルみこし

天神祭 2009 ギャルみこし

天神祭 2009 ギャルみこし

天神祭 2009 ギャルみこし









おまけ。
2009.7.23 23:57
翌日の天神祭本番に向けて、商店街では屋台の準備がはじまってました。


天神祭





さてさて、7.24。
いよいよ天神祭も本番です☆

まずは、早朝7:45から、天満宮本殿で宵宮祭が開催され、祭の火ぶたが切って落とされます。宵宮祭はもちろん神事なので、敢行じゃなくて、斎行、ですね。




これはまだ斎行が行なわれる直前の、玉神輿が鎮座しているところです。
天神祭 宵宮祭


これはたぶん、神様がお乗りになる、それこそ神輿だと思うんですけどね。
で、まさにこのとき、本殿に各講の代表者が集まって、宵宮祭の神事を執り行っています。
天神祭 宵宮祭


そしていよいよ出発進行! 本殿から鉾流神事を行なう、鉾流橋へ向かいます。
天神祭 宵宮祭

天神祭 宵宮祭

天神祭 宵宮祭

天神祭 宵宮祭


出発の直前に、巫女さんをパチリ☆ ベッピンさんですね〜。
天神祭 宵宮祭

天神祭 宵宮祭

天神祭 宵宮祭


今年の神童、野村拓真クンです。賢そうなお顔をしています。
天神祭 宵宮祭

天神祭 宵宮祭


信号待ちでは、ちゃんと神童の椅子が用意されるのです。
天神祭 宵宮祭


巫女さんと目が合ってしまいました☆
天神祭 宵宮祭


天神橋筋を出て、老松通りを抜けて、西天満の鉾流橋へと向かいます。
天神祭 宵宮祭


行列が通る道中には、このような注連縄(?)が、いたるところで吊るされています。
天神祭 宵宮祭

天神祭 宵宮祭





まだまだ続きます。
今日は、このエントリーを何度でもチェックしてくださいませ〜(笑)




さあ、鉾流橋に到着して、初っぱなのメインイベント、鉾流神事のはじまりです〜。

これは大阪天満宮ができて翌々年(951年)からはじまった古い古い神事で、浜から神鉾を流して、漂着したところを斎場と定めて、そこにその年の天神祭の御旅所、つまり神さまをお迎えする場所を設置するわけです。

川の流れの関係で、たいていは福島あたりに漂着したらしいのですが、現代では、御旅所は、神鉾の漂着場所に関係なく、常設の御旅所を設けているために、神事そのものは形骸化しています。

むしろ、穢れを祓う意味合いのほうが強くなってますね。

では、鉾流神事、行きます☆




まずはお祓いから。ここは、天満警察署の前の、鉾流橋のたもとです。
天神祭 鉾流神事


見物客には、このような人形(ひとがた)が配られます。息を吹きかけ、これで自分の身体を撫でて、罪や穢れを人形に移し、祓う作法です。
鉾流神事の最後に、この人形も流してもらい、夏を越す祓い、とします。
天神祭 鉾流神事


祝詞が唱えられます。
天神祭 鉾流神事


巫女さんによる祓いも行なわれます。
天神祭 鉾流神事


そしていよいよ、船に乗り込んで、鉾流神事を執り行います☆
天神祭 鉾流神事


出発進行〜☆
天神祭 鉾流神事


ぐんぐん、川の中心へと漕ぎ進んでいきます。
天神祭 鉾流神事


神鉾と、人形を葦でくるんだ薦(こも)が投げ込まれました。
天神祭 鉾流神事


船は漕ぎ進み、神鉾と薦が漂流します。
天神祭 鉾流神事


その間、ずーっと笙が吹かれています。
天神祭 鉾流神事


アップ☆
天神祭 鉾流神事


笹が船にはくくりつけられています。
天神祭 鉾流神事


ちょうど、橋の真下にやってきました。
天神祭 鉾流神事


どんどこ船も登場です☆
天神祭では、船渡御の奉安供養船は順列もコースも厳格に決まっているのですが、どんどこ船だけは、好きなときに好きなコースを走ることができます。
天神祭 鉾流神事






さて、鉾流神事も無事に終了して、いよいよ神輿を担いでのお祭り☆
お祭りの模様は明日のエントリーに譲るとして、最後におまけを。




宵宮祭がはじまるちょっとまえ、地車の人たちが雑魚寝してはりました。きっと、前日までの猛練習の疲れが出てるんでしょうな。祭がはじまってしまえば、ひたすら鐘と太鼓を打ち鳴らして踊るのですから、英気を養っている最中です。
天神祭


ギャルみこしでも遭遇した、謎のカメラマン。
ギャルみこしんときは、ヒョウ柄のビキニで登場してました。そして、宵宮祭では、卑弥呼か?と、言いたくなるような出で立ちで。。。
天神祭


なぜかサカナくんもお参りしてました。
天神祭


祭ならではの風景ですな☆
天神祭 鉾流神事



ではでは。明日のエントリーは、陸渡御〜船渡御〜奉納花火まで一挙紹介です〜。
7月25日の夜にアップします〜。




天神祭 ギャルみこし - 宵宮祭 - 鉾流神事


■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

この記事のコメント
はじめまして ハレです。

たくさんの写真綺麗ですね〜 ありがとうございます。

楽しく読ませていただきました!

自分は天神祭りの写真 携帯からでしょぼしょぼです ( ̄▽ ̄;)アハハ…

| ハレ | 2009/07/25 5:13 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/89
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.