大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 露天神社(お初天神)の夏祭 | main | 企業のCSRについて思うこと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


子ども向け防災イベント「イザ!カエルキャラバン」を開催しました☆
本業が忙しすぎて、久しぶりの更新となってしまいました。

9月1日(土)は、防災の日。

僕は、地域の福祉団体、北区社会福祉協議会のなかに設けられている「北区地域福祉アクションプラン推進委員会」というところに参加していて、北区の防災について考えたり、防災意識を高める事業に取り組んだりしています。
防災への興味は、じつは人並み程度にしかないのだけれども、ニットで東北の被災地を支援するTJWKを運営していることもあって、いろんなご縁から、この活動に参加しています。
ほんとね、この活動に参加しているメンバーが素敵な方たちばかりで、それが一番大きいかな。その人が好きだから、というのは、本業であれボランティアであれ、仕事を選ぶ基準になってます。

まあ、そのあたりのことはともかくとして。
この委員会では、今年の春先から、9月1日の「防災の日」にターゲットを据えて、子どもたち向けの防災イベントを開催するために取り組んできました。

地域単位で、マンション単位で防災訓練を実施した場合、自治会長さんやとりまとめの方の尽力があれば、一定数の方が参加されます。
ご尽力次第で、一定の成果をあげることはできます。そうした事例も、実地に拝見することもできました。そこから先、たとえば、子どもたちに防災意識を持ってもらうことはできないだろうか、と、そんなことを課題に据えて、春先から取り組んできました。

「イザ!カエル・キャラバン」というのが、あるのですね。
これは、全国で展開されている、おもちゃの物々交換プログラム「かえっこバザール」のシステムをベースに、ゲーム感覚あふれる防災訓練を組み合わせることで、参加するお子たちに楽しみながら防災の知恵や技を学んでもらうというイベントなのですね。
NPO法人プラス・アーツと美術家の藤浩志さんが開発した新しいカタチの防災訓練プログラムで、日本全国だけでなく、世界にもひろがっているプログラムです。
これだと、これまでの防災訓練にあまり参加してこなかった若いファミリー世帯が、積極的に参加してくれるのです。

コンパクトにまとまった詳細はこちらを。
http://kaerulab.exblog.jp/

これをやろう!と。

イザ!カエルキャラバン

春先からこっち、このイベントを実現するべく、取り組んできました。いやー、充実した日々でしたね。

北区社協が中心となって、プラスアーツさんとの交渉、行政、消防署との連携、ボランティアスタッフの募集、小学校を通じての広報…、そうした組織づくりや組織としての動きのほか、べつの会場の様子をみんなで見学に行ったり、リハーサルをしたり…、なんせはじめてやるイベントなので、やろう!という意気込みと、やれるのかな?という不安とがないまぜになった、そんな時間のなかで、さまざま取り組んできたのでした。

7月に行ったリハーサルは、こんなかんじで。

イザ!カエルキャラバンin北区


テーマがど真ん中ということもあって、北消防署がガッツリ協力してくれはりました。
防災訓練のプログラムだけじゃなく、着ぐるみショーもやってくれて、そりゃ楽しかったですね。
北区社協を接着剤として、さまざまな人たちが集まりました。
カルビーさん、りそな銀行さん、中電工さん、ECCさん…、CSR(企業の地域貢献)に積極的に取り組んでくださっている企業さんたちや、大学で防災や安全について学ぶ学生さんたち、社協の職員さんたち、区役所の職員さんたち、ノウハウを提供してくださったNPO法人プラスアーツのみなさん、そしてもちろん、地域の方たち、ボランティアでおもちゃの修理をされているおもちゃ病院の方たち…。さまざまな方たちが、それぞれの思いを抱えて、このプロジェクトに取り組んでこられました。
僕も、クリエイターのひとりとして、できることを。
そうそう、TJWKも、震災繋がりで隅っこの方でちょこっと参加させていただきました。そこでまた、興味を持ってくださった方たちとも新たな繋がりが生まれたりもしました。

9月1日に開催したイベントで実際に行った防災プログラムは、こんなのです。

水消火器で的当てゲーム
起振車による地震体験
バッテリーカー
ジャッキアップ
毛布で担架をつくろう!
ロープ結束実習
紙食器づくり
防災指南の指人形芝居「おたま劇場」
北消防署のキャラクター、びんちゃんのステージ
大阪市消防局とタカラトミーがコラボして誕生したキャラクター、セイバーミライのステージ

以上の防災プログラムに、子どもたちに大人気の、ポイントを介したおもちゃの物々交換会「かえっこバザール」をリンクさせています。
さらには、壊れたおもちゃを無料で修理する「おもちゃ病院」
北区社協アクションプラン推進委員会の別組織から「あいさつポスター」と「ハンドマッサージ」を。

いろんなものを組み合わせて、やったんです。

お子たちには、北区内の全小学校に、学校を通じて児童全員に行きわたるように、チラシを配布していただきました。9月1日は、今年は土曜日だから、まだギリギリ夏休み。なので、1学期の終業式までにはチラシを用意せねばならず、早くから取り組んだ甲斐がありました。

関係各署との調整に奔走された方、
何度もプログラムのリハーサルをされた方、
練りに練った台本を書いてくださった方、
当日、たくさんの汗をかいてくださった方、
この取り組みをしていて、すごく素敵だな!と思ったのは、参加された方すべての人が、本気で取り組んではったことです。
付き合い上のイヤイヤだったり、しらけていたり、せっかくボランティアで時間を割いて参加していて、そんな空気に触れるのはつまらないじゃないですか。でも、そーゆーのが一切なく、誰もが本気で!ってところが、参加していて、とてもよかったんですよ。仕事でもなんでもそうだけど、やるんだったら本気でやらないとおもしろくないじゃないですか。そういう、いい時間を、このプロジェクトに参加しているあいだじゅう、過ごすことができたんです。それがね、個人的には最大の収穫。

当日は、お子たちが550人も来てくれて、たいそう賑わいました。
また来年、機会があればやりたいですね。


以下、当日の様子を。


家や家具の下敷きになった人を救い出すために、かぶさっている家や家具をジャッキで持ち上げ、下敷きになっている人を救い出す訓練。消防隊の方や地域の方がインストラクターとなって、お子たちを一緒になって救出ゲームをします。

イザ!カエルキャラバンin北区


毛布を使って担架をつくります。
担架がないときでも、毛布の端を丸めて持ち上げると、意外とカンタンに持ち上がるんですね。
この、毛布の端を丸めるというのがポイント。持ちやすくなるんです。

イザ!カエルキャラバンin北区


こちらは、ロープの結束方法を学ぶコーナー。
ロープ結束は、いろんな場面で役立つので、大人も子どもも覚えて損はない知識。
地域の方、消防士さんたちがインストラクターとなって、お子たちに教えます。

イザ!カエルキャラバンin北区


こちらは、紙食器づくりのコーナー。
新聞紙が1枚あれば、コップからお皿までなんでもできちゃいます。これも覚えておいて損はない、いろんな場面で使える技ですね。

イザ!カエルキャラバンin北区


屋外会場では、水消火器を使った的当てゲーム。
的は消防士さんたちの手づくりです☆

イザ!カエルキャラバンin北区


起振車による、地震体験。
震度7弱というのを、僕も体験してみました。
立つとか、普通に無理ですね。。。
これは疑似体験なので、シートベルトを締めて体験します。それでも、えげつない揺れ。

イザ!カエルキャラバンin北区


消防からバッテリーカーも登場。
ゴーカート気分で、お子たちも楽しそうに運転してました。

イザ!カエルキャラバンin北区


屋内会場は、えらいことになってました。
なんと、550人の人が来場してくれましたから。
写真に写っているTVカメラは、関西テレビさんが取材に来てくれたもの。
この日の夕方17:30〜のニュースで、約1分、結構詳しく紹介してくれました。

イザ!カエルキャラバンin北区


親御さん向け休憩コーナーでは、TJWKの被災地支援ニットカフェコーナーを開設。
最初から最後まで人が途切れることなく、たくさんの人が編んでくれ、興味を持ってくれはりました。

イザ!カエルキャラバンin北区



その隣では、ポテチのカルビーさんが取り組んでおられる「みちのく未来基金」のPRも。

イザ!カエルキャラバンin北区


ステージに目を転じると、防災意識を高め、防災指南をする指人形芝居「おたま劇場」が開催されてました。

イザ!カエルキャラバンin北区


裏では、慣れない指人形芝居に汗だく☆
この芝居を担当してくれた方は、ご自身が所属する学会に参加するためにスイスに行っておられ、この日の朝に帰国、その足で会場へ駆けつけてくれはりました。すごいっ!

イザ!カエルキャラバンin北区


このイベントは、おもちゃの物々交換「かえるキャラバン」とリンクさせたイベントなので、じつは、おもちゃの受付が一番忙しかったりします。
実習生の学生さん、いろんな企業からのボランティア参加の方たちが大奮闘してくれはりました。
受付を手伝ってポイントをもらいたいお子たちもいるので、そういうお子たちにも手伝ってもらって。

イザ!カエルキャラバンin北区


同時開催で、「あいさつポスター」のお絵かき会場も。
予め描いた「あいさつポスター」を持ってきてくれたり、この場所で絵を書いてくれたお子たちには、かえっこバザールで使える「かえるポイント」を気前よく進呈☆

イザ!カエルキャラバンin北区


ハンドマッサージのコーナーも同時開催☆
北区社協アクションプランの別のセクションでは、ハンドマッサージ運動に取り組んでおられます。

イザ!カエルキャラバンin北区


そして、ステージでは、北消防署のキャラクター、びんちゃんとめいちゃんがショーを。
中の人が消防士さんなので、動作がきびきびしていて、ゆるキャラとは真逆の魅力があって、なっかなかカッコいいですっ!

イザ!カエルキャラバンin北区


びんちゃん、すでにどこに行っても大人気☆

イザ!カエルキャラバンin北区


このあとは、やはり北消防署による、防災クイズをからめた「セイバーミライ・ショー」。
大阪市消防局とタカラトミーがコラボして、なんかカッコいいキャラがいるんですよ。

イザ!カエルキャラバンin北区

イザ!カエルキャラバンin北区                   


最後は、厳選されたおもちゃを集めて、おもちゃのオークション。
これ、めっちゃ白熱しますっ!結構、意地と意地のぶつかりあいみたいになってたな(笑)

イザ!カエルキャラバンin北区



というわけで、13時〜16時まで開催した「イザ!カエルキャラバン」も、無事に終了。
なんのトラブルもなく、大成功だったと思ってます!

あ、途中、ゲリラ豪雨に襲われたんだけど、その雨もイベント後半には止んで、屋外イベントも無事に開催することができました。

そして、イベント終了後、ほどなくして青に澄んだ空には、虹が。それも二重☆
最高のしめくくり。
やったね!

イザ!カエルキャラバンin北区



おまけ。

夕方の関西テレビのニュースで紹介されたニュース映像です。約1分のなかなか詳しい紹介をしていただきました。
オレもなにげに映ってます(笑)





その他、たくさんの画像をFacebookにアップしてあります。
Facebook アルバム「イザ!カエルキャラバン」


イザ!カエルキャラバン in 北区

日時:9月1日(土)13:00-16:00
場所:北区民ホール

主催・協力
大阪市北区社会福祉協議会
大阪市北消防署
NPO法人プラスアーツ
Think Of JAPAN While Knitting関西
みちのく未来基金
関西大学社会的信頼システム創生センター


■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

この記事のコメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

| 履歴書 | 2012/09/02 11:13 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/830
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.