大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 「大阪人」休刊の報に触れて、思うこと | main | 君が代斉唱時に起立するだのしないだのと、姦しいこったな。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


天神橋筋商店街から離れた場所にある、穴場的&とっても素敵な寿司屋さんで贅沢ランチ
店情報サイトを中心にステルスマーケティング問題が話題になっているけれども、口コミ情報を参考にしてお店選びしている人って、どれくらいいるんだろうか?
そういうお店選びを、僕は、まずしません。

どんな店が好きかって、好みがあるもん。
辛いのが好きな人もいれば、静かな店が好きな人もいるだろうし、店の大将と気軽に話せる店がいいって人もいれば、少々高くてもいいから座り心地のいいイスがある店がいいとか…、まあ、それはさまざまですよ。
んで、そのあたりのことは微妙なニュアンスの違いもあって、見知らぬ人の無差別に放たれる情報からでは、まったくわかりません。
最低限でも、情報を発信する人の、その人が持っている基準のようなものがわからないと、その手の情報は意味をなさないと思うのですね。もちろん、僕がこうやって書いているブログにしたって、おんなじこと。

そんなわけで、僕はやっぱ、知っている人からの、信用の置ける人からの、好みがわかっている人からの情報を、大切にします。
あとは、自分の嗅覚ね。暖簾の汚れ具合だとか、醸し出している空気感のようなものから、その店が(僕にとって)アタリなのかどうかは、ほぼわかります。

さて、いつもの行きつけの喫茶店で、地元のオバァ連中と談笑していたとき、天神橋筋商店街からは少し離れた場所なのだけれども、なかなか素敵なお寿司屋さんがあるよ、と、教えてもらったのでした。
教えてくれたその人は、地元の古くからの地主さんで、おカネ、持ってはります。
だから、安くて美味い店一辺倒ではないけれども、かといって、高い店まっしぐらというわけでもなくて、それなりに値が張ったとしても、値ごろ感という外せない一線は持ってはります。
今回教えてもらった寿司屋さんも、そういうお店。

天満の住宅街というか、ようするに飲食店そのものがあんまりない場所に、そのお寿司屋さんはあります。
で、値段もそこそこするので、まずはランチで様子を見にいこう、と。

鮨 むら尾


お昼は、2種類のセットがあるんです。

鮨 むら尾


値段、お昼にしたら、けして安くはないです。
ほいで、今回の僕のチョイスは、迷わず「ねぎとろ小丼セット」1,300円也☆ やっぱ、量はガッツリほしいタイプなので(笑)

まず、丼が出てきました。

鮨 むら尾

盛りつけが、めっちゃキレイです〜。そして、小丼となっているけれども、じゅうぶんに大きな器で、ボリュームあります。
「醤油がかかっているので、このままなにもかけずにかき混ぜて召し上がってください」と、お店の大将。
大将は、恰幅があって、一見、強面。でも、話してみると、すんごく柔らかな雰囲気で接してくれます。とてもいいかんじ。

さて、ねぎとろ丼。
めっちゃ美味いです!脂の乗った甘いマグロに浅葱が絶妙です。これ、相当にレベルが高いです。いやー、これだけで、じゅーぶんに、ランチのメインになっちゃってるんですけど…。

そんなねぎとろ丼を食べていると、握りの盛り合わせが出てきます。

鮨 むら尾

ねぎとろ丼と握り盛り合わせのセットなんて、まず聞いたことないです。めっちゃ贅沢☆
そして、この握りには、すでに塩がかかっているので、醤油をつけることなく、いただきます。
昼から、塩で食べる握り
しかも、ランチタイムの寿司ネタとは思えないほど、分厚くカットされています。

このセットとはべつに「握り盛り合わせ」のセットがあるわけですが、そのセットの握りとこちらのセットの握りとは、当然違うわけです。
ネタも違うけれども、「握り盛り合わせ」の握りは、醤油をつけて食べるようになっています。
一方で、「ねぎとろ丼」セットの握りは、塩で。
聞くと、
「ねぎとろ丼を醤油で召し上がっていただくので、握りは塩で」
ということです。
いやー、こういう心配りがなされたランチメニューは、特に寿司屋さんのランチメニューでは、なかなかないですよっ!
これで赤出しがついて1,300円は、かなり安いと思いますわ。

鮨 むら尾

この赤出しも、なっかなかの逸品で、旨味が詰まってます。そして、具には肉厚の白身。

カウンター越しからは、大将がネタをさばいている姿がよく見えて、見ていると、とても丁寧に丁寧に包丁を動かしてはります。すごく好感持てます。職人さん!ってかんじで。

もうね、大満足です。
ちょっと贅沢ランチしたい日は、ここで決まりですわ。

さて、器に敷かれたランチョンシートに目を落とすと、そこには、メニューのようなそうでないような、料理を中心としたイラストが。
これ、大将が自ら描かれたそうです。眺めていると、なかなかほのぼのするタッチで。
そして、じつは、左下隅のところ、写真ではあえてフレームから外して写さなかったんだけれども、ちょっとしたダジャレ、クスッと笑えることが載っています。

ダジャレ好きに悪人なし、とは、僕の持論だけど、まさにそんなかんじで(笑)

鮨 むら尾




鮨 むら尾
大阪市北区同心1-4-16
tel. 06-6358-3488
11:30-13:30 17:00-23:00
火休(ランチは火、日休)
mapを見る



■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/807
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.