大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< クリスマスの鶏は手羽先屋さんの手羽先唐!率が高い、天神橋筋商店街の人々 | main | 2011年の大阪 - 今年の大阪のニュースまとめ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


天神橋筋商店街で餅つき他、年の瀬の風景
クリスマスもすぎて、天神橋筋商店街も急速に年の瀬の慌ただしいムードが漂ってきました。
個人的には、まったく実感ないですけど(笑)

今日、フラフラと歩いていたら、夫婦橋のちょい北側、天神橋筋商店街の4丁目にあるステーキハウス「Hibio」さんのお店のまえで、餅つきが行われていました。

天神橋筋商店街

天神橋筋商店街

できたてのお餅を、商店街を行き交う人たちにふるまってね。
今年もお世話になりました、と。
餅をつく人も、こねる人も、ふるまう人も、ふるまわれる人も、みんな気持ちがほっこりしますな。
ビジネスチックに企画されたイベントじゃないから、みんなの笑顔がいいんですわ。
商店街の魅力のひとつに「人情」ってのが挙げられるけれども、これって、定型文みたいで、形骸化しているような感じもするのです。でも、こういう風景を見ていると、人情のヒトコマを見る思いがしますね。


で、アーケードを見上げたら、「笑」の文字。
天満宮の寺井宮司による筆です。
今年は、悲惨な出来事が多かったけれども、その試練は、同時に、小さな希望をたくさん生みもしているのだと思います。また、そうあってほしいという、祈りにも似た願い、ですね。

天神橋筋商店街


南森町交差点にあるりそな銀行のショーウィンドウには、絵馬がたくさん並べられました。

天神橋筋商店街



商店街では、目を凝らすと、あちらこちらで、年の瀬の風景が飛び込んできます。






■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/791
トラックバック
2012年の“漢字一文字”は?
天神橋筋商店街です。天満宮の参拝客でいっぱい〜 アーケード下には「笑」の文字が。毎年“希望に満ちた漢字一文字”が公募されていて、今年は「笑」が選ばれたそうです。漢字一文字といえば年末に清水寺で発表さ...

| ゴリモンな日々 | 2012/01/03 10:43 PM |
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.