大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< ドリカムのクリスマスツリーが中之島バンクスにありますねん☆ | main | OSAKA光のルネサンスは、やっぱ、中央公会堂の光のタペストリーが素晴らしい☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


OAPに飾られているクリスマスツリーは、天満切子がモチーフになっています☆
OAPで、天満切子をモチーフにしたクリスマスのオブジェが展示されているらしい、とのタレコミ(笑)があったので、早速行ってきましたー☆

中之島&御堂筋のOSAKA光のルネサンスはまだ行く予定が全然ないのだけれども、こーゆーのは、すぐにチャリを飛ばしていくのでした。

サイトにも、もちろん載ってました。

http://www.oap.jp/xmas/2011/

さて、早速行ってみますると、正面のロビーのところに、でーんと鎮座してまする。

TENMA KIRIKO クリスマスタワー

TENMA KIRIKO クリスマスタワー

「TENMA KIRIKO クリスマスタワー」と命名されています。この時期、あちこちのホテルやら大型施設やらにクリスマスツリーが飾られてるけれども、ここまでスッとしたツリーは、あんまり見ないですね。

でもこれ、天満切子のグラスがモチーフになっているので、スッとしているのが似合ってます。
直線的でありながらも丸みのあるデザインは、天満切子独特のカットデザインです。

近づいてみると、ツリーの内部の天井に、キラキラするような仕掛けが施されています。
これが、光を乱反射させて、キラキラっとするんですわ。万華鏡みたいで、これがね、天満切子っぽい!

TENMA KIRIKO クリスマスタワー


床面には、天満切子のグラスを上から見た姿がデザインされて、描かれています。

TENMA KIRIKO クリスマスタワー


あちこちのクリスマスツリーは、人がごった返したりしているところが多いけれども、ここは都心から離れているせいもあってか、ゆーっくり堪能できます。

さらにですね、天満切子の実物も展示されています。

TENMA KIRIKO クリスマスタワー

TENMA KIRIKO クリスマスタワー

TENMA KIRIKO クリスマスタワー


モダンとクラシックが同居する、素敵なグラスです〜。
1個ほしいんだけど、高いんだな、これが(笑)

ちなみに、OAPの隣にある帝国ホテル大阪のバーでは、天満切子、売ってます。また、天満切子のグラスでお酒をグイッと飲ませてもくれます。

んで、帝国ホテル大阪やOAPが、なぜ、天満切子をフューチャーしているのかというと、ここ天満が、大阪ガラス発祥の地であるからですね。大阪天満宮には、大阪ガラス発祥の地の石碑も建てられています。
切子といえば薩摩切子が有名だけれども、江戸時代に一度は途絶えた薩摩切子の復刻を手がけたのは、大阪天満のガラス職人なのでした。

そういう由縁もあって、今回の天満切子をモチーフとしたクリスマスツリーですね。
12月25日までやってます☆




TENMA KIRIKO クリスマスタワー
〜12月25日(日) 16:30-22:30点灯
OAP 桜広場
大阪市北区天満橋1-8-30
HP http://www.oap.jp/xmas/2011/



■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/782
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.