大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 本日オープンのコメダ珈琲 天六店に行ってきた☆ | main | MBSで行われた天満中学校吹奏楽部によるコンサートから町会の役割を考える >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


【TJWK】繋がって繋がって、りそな銀行で巡回展示中。そして12月17日はお披露目会&販売です!
TJWK  


今年の春先から取り組んでいる、ニットで被災地を支援する「Think Of JAPAN While Knitting」
春から夏にかけては、たーくさんの人に集まっていただいたり全国に呼びかけたりして、モチーフを編んでいただくための仕掛けをせっせと行ってきました。
結果、全国から20,000枚以上のモチーフが、僕たちの元に届けられました。もちろん、今もまだ、続々と届けられていて、もう、当初の予想をはるかに超えた展開になってます。

プロジェクトの詳しいことは、例によってサイトをご覧くだされ。

http://atricot.jp/tjwk/

震災があって、トロントの新田さんがはじめたことや京都のatricotさんが関西で引き受けようとしたことを、彼女たちが抱えたのとおなじような想い、なにかをしたいけどなにをしたらいいのか、という悶々とした想いを抱える人たちに、上手く伝えることができたら、そんな人たちを繋いでいくことで渦をつくることができたら、このプロジェクトは素敵な果実をもたらすことになるんじゃなかろうかと思って、かかわることにしたのでした。

おカネがないなかで、できるだけ安価にということで、ネットやSNSを使ってひろげたり、既存のネットワークに情報を流すことでひろげたりと、いろんな仕掛けを行ってきました。
そういう仕掛けをするのにあたって、今の時代、ネットという無料のコミュニケーション・ツールがあることの意味は、でっかいですね。

僕らの商売でも、僕は言わないけれども、広報や広告は今や無料で簡単にできる時代です!おじいちゃんやおばあちゃんでも簡単に使えるtwitterやfacebookというのがあるんですよ…、なんて文言も増えました。
たしかにツールはお手軽になったし、ツールそのもののコストは、無料です。

でもねー、肝要なのは、言うまでもなく、情報を発信する力、ですね。
この力が備わっていなければ、どんだけツールがお手軽になっても、それが武器にならない。
伝えたいことがある、それを効果的に伝える力がある、そのような、情報を発信する力があって初めて、お手軽なツールが生きてきます。

SNSは、ネット上における人と人との繋がりを、可視化させます。twitterで発信し、RTが繰り返され、なにがしかのやりとりがあり、思わぬところから反応があったり、その、拡散したりコダマのように返ってきたりする現象を支えている繋がりの線を、目に見えるかたちで示してくれることで、繋がりを促進させる側面があります。

社会学でいうところの、弱い繋がりをたくさんつくる力は、情報発信力+SNSを組み合わせれば、なんとかなるもんだなあ、と、今回のことでも実感したのでした。

でも、TJWKというプロジェクトは、弱い繋がりだけではダメで、そうやって繋がった弱い繋がりの何本かを強くしていって、渦の中心をつくっていかないと、成り立っていきません。

繋がりというものは、弱→強へととりあえずは向かう意志を持っているものだと、僕は思っています。でもそれは気まぐれな意思でもあって、一定の距離をとりたいと思う繋がりもあれば、離れてしまう繋がりだってたくさんあります。

そんななかで、これは、と思う弱い繋がりを強い繋がりに変えていこうとしたら…、これはもう、一期一会を大切にする精神のようなものになってしまうけれども、そういうことだと思うのです。

丁寧に接することや、できるだけ速いレスポンスをすることで、一期一会を育むような気遣い。
普段、僕たちが生活していくなかで、あるいは仕事のなかで気をつけているような、人との接しかたをより丁寧にすることで、僕たちは、弱い繋がりのいくつかを強い繋がりに変えていく努力をしてきました。

コンタクトにはできるだけ即日のレスポンスを心がける(たぶん、レスポンスを2日以上遅らせたことはないはずです)、丁寧なレスポンスをする、押しつけのようなメッセージを投げない、舞い上がらない、ある程度クールに振る舞う…、単純だけど、さまざまなことに、誠実に応対していく、本当に単純だけど、そんなことに心を砕いていました。

普通に、素敵な人間関係を育んでいくのとおなじことなのだけれども、ネットを介している場合は、それを普段以上に丁寧に、というかんじ。

夏のモチーフサーキットを終えて、秋、そして今もずっと、素晴らしい技術を持った人たちが、みなさんが編んでくれたモチーフをブランケットに繋げてくれています。
この人たちは、単純に技術が素晴らしいだけではなくて、最初は弱い繋がりで繋がった人たちだけれども、次第にその繋がりが強くなっていき、この人なら信頼も信用もできる!と感じた人たちが、繋いでくれています。
僕は具体的なことはわからないのだけれども、さまざまなモチーフを集めて、販売できるクオリティのブランケットにしていくのは、単純に高い技術だけが要求されるのではなくて、その作業に心を配れるような人間性が要求されるのですね。
それはなにも精神論の話をしているのではなくて、事実、そうした人間性が仕上がりに出ます。それによって、クオリティに差が出ます。これはもう、一目瞭然で。

さらに、この段階になると、楽しいばっかりではなく、しんどいことも出てきます。そのしんどさをわかちあえるような、心の通じ合いがないと、ちょっと難しいですね。

夏から秋にかけては、外には表れていかないけれども、そういう内部的な作業と、繋がりを熟成させていくための期間でした。まあ、これは、振り返ってみてそう言えることではあるけれども。

こんなふうに、モチーフをコーディネートし、さらに縁編みをして、繋げる作業に入ってもらいます。

TJWK


さて、そういう時間、繋がりを増やしたり強くしていったりするなかで、今、りそな銀行さんと、いい繋がりを持つことができています。

9月〜10月、南森町支店のショーウィンドウで、プロジェクトのPRとブランケットの展示をさせていただきました。
僕自身は、ショーウィンドウでの展示なんて仕事はやったことがなかったのだけれども、atricotさんやその他何人かの力を借りて、背面にモチーフをぱーっと貼り付けて、賑やかな展示を行ったのでした。

その場所は、商店街に面しているので人通りもメチャクチャ多いし、イベントが行われたりもする場所です。
おかげで、すごく注目された!

TJWK


11月は、北浜支店でも展示させていただきました。
そのときは、窓口と向かい合わせのロビーだったし、あまりハデにしても…、と思っていたのだけれども、支店のたっての希望で、南森町支店同様、ハデな展示をさせていただいたのでした。
さらに、このときに完成したリーフレットは、りそな銀行さんで大量にコピーもしてもらったのです。
それも、数百枚単位で捌けていったそうです。

TJWK


そして今日からはじまって12月〜来年1月いっぱいの予定で、天六支店で展示させていただいています。
天神橋筋商店街を天六側から南へ下ったスグのところにあります。
天六支店での展示スペースは、これまでのところよりも少し狭いので、モチーフを散りばめるのは難しいかなと思っていたのだけれども、これまた天六支店からのたってのリクエストで、やっぱりモチーフを散りばめる展示となったのでした。

この、モチーフを散りばめるというアイデアは、おかげさんで、どこへ行っても好評なのです。

TJWK

TJWK

来年の2月には、本町にある御堂筋支店での展示も予定しています。


りそな銀行さんは、CSR(企業の地域貢献)にとても力を入れている企業で、TJWKの活動に賛同してくださり、積極的に応援してくれています。
一方、僕たちは僕たちで、銀行のような公共性の高い場所で展示させてもらえる機会を与えてもらうようなことは滅多にあることではないし、双方、win-winの素敵な関係を築くことができています。

また、担当されている行員さんと、じつは企業外活動で重なっていたり、住んでいる家がじつは近かったりと、思いがけない繋がりや発見も、あったりもします。

こういう繋がりが生まれていき、繋がることで、双方が気持ちよくなれる、そんな関係ができていくことが、とても楽しい。このプロジェクトがもたらした、とても素敵な果実だと、僕は思っています。



あと、りそな銀行さん以外の展示と販売を少し。

こちらは、トルコ・キリムを販売している「SUFi」さん。西天満の、裁判所のスグ近くにあります。

「SUFi」さんのサイトはこちら。

http://sufirugs.com

オーナーのオスマン夫妻と僕やatricotさんは、とーっても仲よし。でも、仲よしだからというだけで置いていただいているわけではなくて、やっぱり、プロジェクトの趣旨に強く賛同してくださっているからなのですね。
手づくりのものを愛し、今回に震災にかかることでもさまざまな支援に取り組んでおられます。

TJWK


こちらは、谷町六丁目にある「OriOri」さん。
「OriOri」さんのサイトは、こちら。

http://www.geocities.jp/oriories/

オーナーのOriOriさんは織り作家さんで、atricotさんとコラボされたこともあります。
OriOriさんもまた、手づくりのものを愛し、atricotさんに協力を惜しまない人でもあります。

TJWK


「SUFi」さんも「OriOri」さんも、期間を切らずに、常設で委託販売していただいています。現物を手にとってご覧いただける数少ない場所なので、ぜひお立ち寄りください。
もちろん、TJWKの作品だけでなく、どちらの店内にも、手仕事の素晴らしい作品がたくさん並んでいます。

詳しくは、TJWKサイトの、「セール&オークション」のページを。

http://atricot.jp/tjwk/sale_auction.html



最後に、販売会の告知を。
完成したブランケット&ショールのお披露目会&販売会を、12月17日(土)、中津のピエロハーバーにて開催します。

TJWK


新作のブランケットやショールを40点以上、ずらーっと並べます。
クリスマスプレゼントにピッタリのブランケットやショールをぜひ!
素敵なクリスマスプレゼントを買って、さらに被災地支援もできてしまう、おかげで気分も晴れやか!ひと粒で三度美味しいです☆

クッションカバーやバッグなど、小物も少々つくりました。そちらももちろん展示販売。
目玉は、クリスマスツリー柄のブランケット! これはもう、メチャクチャかわいいですからっ! もちろん1点モノで、これ1枚しかないという、超レアものです。
オンラインカタログに載せるまえに先行販売するので、ぜひぜひ!

詳しくは、TJWKサイトを。

http://atricot.jp/tjwk/



では、12月17日、たくさんの方とお会いできることを、楽しみにしています☆






■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/770
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.