大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< ガレキをアートに変える被災地の子供たち、「ワタノハスマイル」 | main | JR大阪駅ホーム上の屋根の付け替え工事がはじまってますね。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


モチーフサーキット@北区社会福祉協議会は、オバァ大集結で大盛況でした☆
001モチーフサーキット@社福


7月12日(火)、「Think Of JAPAN While Knitting」の関西でのモチーフ・サーキット第5回目を開催しました。場所は、神山町にある大阪市北区社会福祉協議会。


モチーフサーキットもいよいよ折り返し。今回が後半のスタート。こっから毎週のように8月の第1週まで続きます。いやー、準備が大変だぞ!と(笑)

「Think Of JAPAN While Knitting」のサイトはこちら。

http://atricot.jp/tjwk/

もう、僕のブログでのエントリーも増えました。

「【TJWK】モチーフサーキット@同志社女子大学 純正館も、遠くからたくさんの人が集まり大成功でした☆」(2011.7.4)

「TJWKモチーフサーキット@afu、猛暑にもかかわらず大盛況でした☆」(2011.6.30)

「【改訂版】TJWKモチーフサーキット後半 草郷孝好先生のお話「水俣、木沢に見る繋がりの大切さ」」(2011.6.13)

「TJWKモチーフサーキット@関大リサーチアトリエ、大盛況でした☆」(2011.6.6)

「いよいよ6月4日、傷ついた被災地をニットで支援していくためのプロジェクト「TJWK」のモチーフ・サーキットを開催。繋がりましょう☆」(2011.6.3)

「6月4日、傷ついた被災地をニットで支援していくためのプロジェクト「TJWK」のモチーフ・サーキットを、関大リサーチアトリエで開催します。来てね☆」(2011.5.30)

「傷ついた被災地をニットで支援していくためのプロジェクト、「Think Of JAPAN While Knitting 関西」のお手伝いをすることになりました」(2011.5.6)


今回は、今までのモチーフサーキットよりも年齢層がグッと高いです。たぶん、平均でオーバー60。オーバー70のオバァもいらっしゃいます。
最初に、モチーフサーキットを企画したとき、これは地域のコミュニティに持っていくのが一番効果的だろうなと考えて、かつ、会場提供だけじゃなくて、さまざまなバックアップが得られるような、協力的で理解のあるところを選びました。
なんせ、おカネも人件もないという、ナイナイ尽くしの状態だったので。
幸いにして、たくさんの団体に、こちらが想像していた以上に協力していただき、あらためて、このプロジェクトが持っているポテンシャルの高さに驚いていたのだけれども、そんななか、今回の、北区社会福祉協議会さんに協力してもらってモチーフサーキットを行なうことは、僕のなかでは、ちょっと特別な位置づけでした。もちろん、全部でたった8回の開催だし、どの会場も大切には違いないのだけれども、社福で開催する分は、ちょっとべつの位置づけを持たせていました。

それは、ここで開催するなら、きっと、オーバー60、オーバー70のオバァたちにたくさん集まってもらえる、ということ。
僕は、このモチーフサーキットの素敵なところは、年代も性別も生活テリトリーも越えて、さまざまな人が越境するようにして繋がっていく、その繋がりのカラフルさがなによりも素敵なことだと思っていて、それこそが、実際に足を運んでもらって、おしゃべりをしてもらって、みんなでモチーフを編むことの意味であり、意義だと思っています。

でも、このプロジェクトは、おカネがまったくないために、告知と集客の大部分を、ネット上で展開しています。
サイトを立ち上げ、ブログで書き続け、twitterやfacebookなどのSNSを駆使して、それこそ経費をまったくかけずに済むところで情報を流し、広めてきました。
でも、オーバー60、オーバー70のオバァたちは、その場所とはまったく違うところで生活している人たちです。
でも、きっと、その人たちこそが編みものが得意な世代だし、他人のためになにかをやることを厭わない人たちだし、口コミの素晴らしいネットワークを持っている人たちだし、この人たちを真ん中に置いておかないと、このプロジェクトは推進力を維持できないかもしれないとすら、僕は思っていました。
さらに言うなら、この人たちは、プロジェクトの目のまえのことの処理に汲々としている僕たちが間違えたりブレたりしたときの、お目付役にすらなってもらえる、と、僕は思っています。
ボランティアだ支援だと言ったところで、僕らや若い世代の人たちは、意識しようがしまいが、どっかに、自分の歓びのため、自己満足のため、という側面を抱えています。これはもう、まぎれもなく。
でも、オーバー60、オーバー70の人たちって、僕の知るかぎり、ごくごく自然体で、「無私」の人たちが多いですね。長い年月、心を磨かれて、珠のような心持ちで、「無私」の気持ちを持ってらっしゃる。
そのモラルを、僕たちはきっと必要とするときが来るだろうし、それこそをプロジェクトの真ん中に置いておいたら、呼びかけ人のatricotさんや協力してくれる若い人たちが変な方向に行くことはないだろうという思いも、僕にはあったのでした。

だからこそ、北区社会福祉協議会さんにはどうしても協力していただきたくて、僕は、わりと初期の段階でお話を持っていったのでした。
オーバー60、オーバー70のオバァたちを集めることにかけては社福の右に出る団体はいないだろうし、それ以上に、僕ら以上に当事者意識を持ってイベントをつくってくれて、それはそれは惜しみないご協力をいただきました。
また、こういうイベントの製作に慣れている人たちばっかりだから、もう、めーっちゃキメ細かくやってくれはって、それはそれは素晴らしいイベントになりましたですよ☆


ブランケットの完成品実物はもちろん持っていって展示したけれども、こうやって、他のブランケットの写真もプリントして、各テーブルに置いてくれはりました。これ、社福さんのナイスアイデア☆
テーブルに敷かれた風呂敷も、ちょっとした気遣いです。これも、すごくナイス☆

001モチーフサーキット@社福


冒頭のatricotさんのご挨拶。
このプロジェクトをはじめた経緯やモチーフサーキットの意義、想いなどとともに、北区という地域の人の結びつきの素晴らしさにビックリしていることも、語ってました。

001モチーフサーキット@社福


こちらは、強力助っ人の方々。
社福さんで、事前に声をかけていただいて、腕に覚えのある方が、今回の先生役を引き受けてくださいました。
編みものが得意ではない人が来られたとき、彼女たちが先生役となって指南してくれはります。
これは、そのための事前の打ち合わせ。大淀から駆けつけてくれはったのですよ。メルシー☆

001モチーフサーキット@社福


今回は、社福さんの口コミルートをメインに告知しているので、集客にかんしてはまったく心配していなかったけれども、開始30分も前から続々と集まりだしました。もう、あらためて、社福さんの集客力にビックリ☆

001モチーフサーキット@社福


毛糸の寄付も、たくさんいただきました☆

001モチーフサーキット@社福


いつもは、参加された方の笑顔をたくさんアップするのだけれども、今回は、僕の愛すべきオバァたちをメインに☆
僕は、これくらいの年代の人とは毎日のようにバカ話をしているけれども、やっぱ、そういう時間が一番楽しかったりもするのですよ。
オバァたちは、普段、外に出ない人も多いので、こういう機会に外に出てきてもらうのは、それだけでも意味があるのですよ〜。

001モチーフサーキット@社福

001モチーフサーキット@社福

001モチーフサーキット@社福

001モチーフサーキット@社福

001モチーフサーキット@社福

001モチーフサーキット@社福

001モチーフサーキット@社福


展示していたストールタイプのブランケットを羽織って、ご機嫌のオバァ。よく似合ってます〜。

001モチーフサーキット@社福


おなじ社福の子育てプラザから、職員さんが駆けつけてくれはりました。結構、離れてる場所から来てくれはったのですよ〜。感謝☆ 慣れないかぎ針を持って、頑張って編んでくれはりました!

001モチーフサーキット@社福


そして、関西大学リサーチアトリエのときにUst配信をしてくださったナミハヤノーツさんが、あのときの続きをやって完成させねば!と、駆けつけてくれはりました。ビックリ☆

001モチーフサーキット@社福


また、今回は、社会福祉協議会の職員さんの友田さんに、被災地の様子やボランティアについての講演もしていただきました。
友田さんは、ボランティアコーディネーターとして5月25日〜6月1日、被災地である気仙沼の災害ボランティアセンターに行ってこられ、ボランティアのコーディネートをされてきました。また、こちらの活動を伝えてくれたり、毛糸やモチーフを持っていってくれたりもしています。

講演の様子は、下の動画を。
ただ、講演の後半…、SDカードの容量が満タンになってしまって尻切れとんぼで…。
相変わらず、動画関係はグダグダですんません。。。。




大阪からバスで行ってこられ、仙台まで12時間、仙台から気仙沼まで3時間かけて、行ってこられたのでした。
仙台から気仙沼まで3時間かかるのだから、今回の震災がいかに広い範囲に被害を及ぼしているのかがわかります。
気仙沼の被害状況は、亡くなられた方が977人、行方不明者が473人、被災棟数10,672棟、被災世帯9500世帯、避難者2579人、避難所53施設、仮設住宅2114戸、地盤沈下76cmという、想像を絶する被害です。
さらに、暑くなってきた今時分は、津波が運んできた海のヘドロが悪臭を放ち、さらにハエが発生したりと、テレビからは伝わってこない状況を、たくさん話していただきました。

阪神大震災と大きく違うのは、被災の原因が津波であったために、おなじまちでも、ちょっと高台にあった家など津波が及ばなかったところは無傷、でも津波にさらわれたところは家が根こそぎなくなっているという、そのコントラストです。
だから、全財産をなくした人がいる隣で、まったく無傷で普通に生活をしている人がいるという…。

ただ、漁業さえ再開できたらこのまちはどうにかできる、という地元の人たちの力強いパワーがあって、漁港の整備が急ピッチで進められているそうです。
仮設住宅の建設も進み、避難所からそちらに移り住んでいる人も、順次増えていっているようです。

そんななか、友田さんたちは、バラバラにやってくるボランティア希望の人たちを受け付け、ボランティアを希望している被災世帯とのマッチングを行なってこられたのだそうです。
ボランティア希望の人たちにオリエンテーションを行い、ボランティア保険の登録を案内し、掃除や介護、通訳などボランティアしたい仕事を分野別に分け、それぞれにゼッケンをつけてもらい、どんな仕事が得意なのかが一目でわかるようにされていたのでした。

阪神大震災のときと違って、今回集まってくるボランティア希望の人は、それなりの覚悟も情報も持っていて、しっかりとした装備で来られた人が多かったそうです。
アメリカから自前の車を持ってボランティアに来られた強者もいたそうです。そうやって、いろんな人が出会い、そこでもたくさんの繋がりが生まれたのだとか。

でももちろん、いいことばかりではないですね。
たとえば、1000人の炊き出しができる設備を持って、ボランティアに来られた人たちがいました。
でも、炊き出しを求めているのは20人や30人の人がいる避難所です。そちらに行ってもらうようにお願いすると、1000人分の炊き出しをするつもりで来たのに、と言われ、上手くマッチングできないケースも多々あったそうです。
10時間以上の時間をかけて、仕事を休んで、泥かきのボランティアに来たけれども、雨で泥かきは中止。案内することができない。すると、泥かきに来たのに…、と、グチられることもあるのだとか。
友田さんはそのたびに苦悩されるのだけれども、果たして誰のためのボランティアなのか、というところに立ち返るのだそうです。

避難所では、皆さん、自分だけじゃないから、と、例外なくおっしゃる。
でも、何ヶ月もプライバシーがない窮屈な場所で、ストレスも溜まっていきます。
ちょっとしたことが、ガマンできなくなる。これは仕方がないことだけれども、ちょっとしたことがトラブルに発展する現実もあります。
避難所の体育館に、認知症の方がいらっしゃる場合もあります。
この人たちは、最終的に、体育館の外の、共用部に隔離されたように追いやられている例もあります。
でもね、ストレスがピークに達してるなかで、たとえば、体育館の床に頭を置いて寝なければならない状況で、夜中、走りまわられる…。
極限の状況では、もう、なにが正解なのか、容易に結論を出せる状況ではなくなっています。
仮設住宅の抽選に当たった人は、妬まれもします。

そういう現実があるとわかったうえで、支援を続けていくのは、キレイゴトではないだろうし、考えなければならないことはたくさんある、と、友田さんはおっしゃっておられました。


友田さんのお話は、そこに行かれたからこそ語れる具体的なナマの情報で、生々しい迫力があり、遠く離れた僕たちが、なにをするにせよ、具体的にイメージしていく一助になります。
動画は最後が切れちゃってるんですが、皆さんも、ぜひご覧ください。30分弱の動画です。



というかんじで、
13:30からはじまったモチーフサーキットも、14時には無事に終了。
今回は、48人の方にご参加いただき、177枚のモチーフができあがりました。
さらに、ご自宅で編んで持ってきていただいたモチーフは、なんと425枚☆

今回も、素敵な素敵なモチーフサーキットとなりました。
皆さん、ありがとうございました。



最後に、今回のモチーフサーキットを後援していただき、もう、感謝しきれないほどのご協力をいただいた北区社会福祉協議会の皆さん、ありがとうございました☆

北区社会福祉協議会の友田さん(後列左)、松本さん(後列右)、ありがとうございました☆

001モチーフサーキット@社福


開始早々から降りはじめた雨も最後には止んで、東の空にでっかい虹がかかりました。それも二重☆
大丈夫、このプロジェクトは女神に愛されています☆

001モチーフサーキット@社福






次回、大阪での開催は、7月31日(日)11:00-16:00、中崎町のECCアーティスト専門学校2号館6Fラウンジです。済美カーニバルも開催されているので、盆踊りや出店を楽しみながら、ゼヒゼヒご参加下さい☆



Think Of JAPAN While Knitting 関西
HP http://atricot.jp/tjwk/


これからのモチーフサーキット


7月18日(月・祝)9:30〜11:30
 カフェ・ルッカ(京都市中京区新京極六角東入ル南側)

7月31日(日)11:00〜16:00
 ECCアーティスト専門学校2号館 6Fラウンジ(大阪市北区中崎西2-6-11)

8月6日(土)10:00〜17:00 
関西大学リサーチアトリエ(大阪市北区天神橋3-9-9)



例によって、写真をたくさん用意しています〜。

facebook 「大阪市の北区をグルグル巡るブログ+北区ネタ」
album モチーフサーキット@大阪市北区社会福祉協議会



スライドショーでご覧になる方は、こちらから。

Flickr 「モチーフサーキット@大阪市北区社会福祉協議会」スライドショー


下のサムネイルを、クリックするとでっかい写真をご覧いただけます。

モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福 モチーフサーキット@社福




Think Of JAPAN While Knitting モチーフサーキット@大阪市北区社会福祉協議会
7月12日(火)13:30-16:00
大阪市北区社会福祉協議会 在宅サービスセンター
大阪市北区神山町15-11

後援:大阪市北区社会福祉協議会




■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/745
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.