大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 天満の名店中華「双龍居」にて、テレサ・テンの話題で盛り上がる | main | 「被災地からの紙芝居メッセージ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


阪急三番街 地蔵横町に祀られている「北向地蔵」の月並祭に行ってきた
阪急梅田の構内、紀伊之国屋書店の西側にある「北向地蔵」とご縁ができたので、毎月24日に行なわれている月並祭に行ってきたのでした。
太融寺からお坊さんが来て、お経をあげてくれはります。月参りの法事ですね。
奉賛会というのがありまして、まあ保存会みたいなものだけれども、ちゃんと毎月お坊さんを呼んでお経をあげてもらったり、お賽銭を管理したり、掃除したり…、地域ぐるみでお世話されているようです。
効き目のあるお地蔵さんなので、たくさんの人が、月並祭に参ってはります。

北向地蔵

北向地蔵


そのむかし、お釈迦さんが2人の王に、説教しました。
うち、ひとりの王は、如来になってから(悟りを開いてから)民を救おう、と。
もうひとりの王は、民を救うことで如来になろう、と。
これは、方法論が違うだけで、どちらも如来になることを目的とし、民を救おうとしていることには変わりがありません。
後者が、地蔵菩薩ですね。

もっとも、菩薩さんはすべて、如来に至る修業の身のお人なので、たいていは民を救う使命を帯びています。
仏教というのは、そもそもが民の救済なんか目的としておらず、ただただ個人の魂の解脱を目指すものだけれども、解脱を達成するための修業のひとつに、民の救済があるのですね。これを、慈悲といいます。

菩薩には千手観音菩薩、弥勒菩薩、虚空蔵菩薩といろいろあるけれども、お地蔵さん、つまり地蔵菩薩は、大衆のなかに入っていって、民とともにあろうとした人です。

まあ、仏教的なストーリーのなかで語れば、釈迦の入滅から56億7000萬年後に弥勒菩薩が出現するまでのあいだ、現世に仏が不在になってしまうので、その間、六道を輪廻する民を救う菩薩であるとされています。
六道というのは、地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人道、天道で、民は、この6つの世界のなかでしか生まれ変われないのだけれども、地蔵さんは、すべての世界に存在して、民を救うといいます。

本来、仏像を祀るときは、南向きに祀ります。
これは仏教が中国経由で日本に入ってきたためにできた風習で、中国では、エラい人は、南を目指すので。
中国世界では、北というのは、一段下がる土地です。
だから、勝負に負けることを「敗北」と言いますな。負けて北へ逃げる、という意味です。
南面の王者、北面の武士、という習わしも、その伝です。
ということで、崇拝の対象である仏像は、南に向けて祀るのが習わしなのだけれども、お地蔵さんだけは、北向きに祀ることになっています。
お地蔵さんは、民とともにありたい!とする人なので、他の仏像さんよりも卑下するという意味で、北向きに祀られるのですね。
でも、これを知らない人が多く、他の仏像同様に南向きにお地蔵さんを祀っているところもたくさんあります。
それどころか、ほとんどのお地蔵さんが南向きに祀られてしまっているので、本筋である北向きに祀ったお地蔵さんは、かえって珍しい存在になってしまった。
珍しいゆえに、かつ本筋の祀られかたをしているために、梅田の「北向地蔵」は、わざわざそのように命名され、さらには霊験新たかとして全国で評判を呼んでいます。
もうね、ものすごく稼いではりますから、こちらのお地蔵さんは(笑)
ただ、僕の知るかぎり、大阪市の北区内で祀られているお地蔵さんは、キチンと北を向いているものが多いですけどね。

さて、梅田の「北向地蔵」ですが、明治26年、このあたりの畑より掘り出された自然石の地蔵尊です。
そのときから現在の場所に祀られているのだけれども、一時、阪急梅田駅立て替えなどのときに、場所を移したのですね。
すると、事故やらなにやら、不吉なことがたーくさん起こって、再び、元の場所、つまり今の場所だけれども、そちらに移したのでした。そしたら、不吉なことも収まった。不思議ですね。不思議だけれども、どうもそういうことがあるようです。

以降、毎月のように月並祭を行なって、きちんとお世話されています。

北向地蔵


ところで、お地蔵さんは、地蔵盆と深く結びついていて、お子とともにある、というイメージがあります。

これはですね、お地蔵さんには、冥府においてすら亡者を救うとされていて、それが、幼くして死んで賽の河原で苦しむ(親よりも早く死んだために親不孝の罪を背負って苦しむ、ということですな)お子らを救う、という話に転じていったからです。これは、お子を失った親たちの魂を救いますね。
この話は、江戸時代に、「地蔵和讃」の唄として、日本中にひろがったといいます。ここから、お子らとともにあるお地蔵さん、というイメージが定着しました。

お地蔵さんを拝むときは、ちゃんと、真言、つまりお経を唱えます。
真言とは、本質的な意味を伴った言葉、力のある言葉、効き目のある言葉、というほどの意味です。ものすごーく乱暴にいうと、呪文ですわ。
で、お地蔵さんを拝むときの真言は、
「オン カカカ ビサンマエイ ソワカ」
です。
「カカカ」、というのがおもしろいですね。これは、お地蔵さんはお子らのアイドルなので、いつもニコニコしているさま、つまり笑い声を表現しています。
末尾の「ソワカ」は、たいていの真言にひっついてますが、天上のすべての神々に捧げられた供物、というほどの意味です。
冒頭の「オン」は、宇宙の根本原理を象徴してます。ちなみに、オウム真理教の「オウム」は、こっから来てるのだけれどもね。
全体のイメージとしては、
お地蔵さんに帰依するので、救ってくださいませ、
というほどの意味です。

ま、真言は、意味などわからずとも熱心に唱えていると救われるものなので、お地蔵さんにすがりたい方は、どーぞ。





北向地蔵尊
大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街 地蔵横町


大きな地図で見る

■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/729
トラックバック
(なにわ地蔵尊巡礼記No.1)大阪梅田・阪急三番街の「北向き地蔵尊」と曽根崎警察署裏の「ごて地蔵尊」
ここまで古代史ゆかりの寺社・古墳と続いてきましたがこれからはしばらくの間、気分転換も図る目的で大阪市内外周辺地域の著名な地蔵尊霊場めぐりを綴っていきます。

| ロスト・イコン  〜一隅を照らす〜 | 2012/02/08 7:26 PM |
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.