大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 東急ハンズが大丸梅田店にオープン☆ | main | 天神橋3丁目の焼肉「一兆兆」は、美味くてコスパがよくて、なによりも元気なのがいい! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


天神橋筋のど真ん中にある、密かな桜スポット。絶讃満開中☆
蓮興寺の山桜 

今年は、タイミングよく、あちこちの桜をタンノーしとります。

でも、いわゆる名所と呼ばれる場所は、そりゃキレイだけれども、人がね。。。
で、人里離れたところを目指すのだけれども、そうそう行けるもんでもありませぬ。

というわけで、近場、つまりまちなかで、それでいて人気が少なくて、でもそれはそれは見事な桜を求めるということになるのだけれども、僕、天神橋筋に、そういうスポットをひとつ、持ってます。

天神橋筋商店街のすぐ西を走る道路沿い、JRのガードと阪神高速のガードを少し南に下ったところに、蓮興寺というお寺さんがあって、そこの敷地から塀を乗り越えて、道に覆いかぶさるようにして咲く桜があります。

毎年、これを見るのが楽しみでね。
ソメイヨシノじゃなくて、造幣局にあるような山桜なので、通り抜けと同時期に咲いて、造幣局の通り抜けの期間よりもはるかに長く楽しめる桜です。
筋に沿って南北に横たわる境内の塀の、北側は紅色、南側は白、さらに南に、白とピンクのグラデーションがかかった桜が、塀を越えて、気前よく僕たちを楽しませてくれます。

蓮興寺の山桜

蓮興寺の山桜


塀のなか、つまりお寺さんの境内のなかに入って、そっちから見せてもらったこともあるんですが、境内から見るよりも、境内の外から眺めるほうが、はるかに景色がよろしいという、なかなか気前のいい桜です。

この時期、このまえの道をチャリを走らせていると、浮き浮きしてきます。
ここにイスとテーブルを並べて、宴会をしたいくらいで(笑)

蓮興寺の山桜

蓮興寺の山桜


僕の大好きな民俗学者である折口信夫は、日本の古代人の心性には、美こそ至高の善という認識が潜在していて、その究極の美を桜に見たと思える、と書いています。
彼はまた、聖なる桜を家に植樹するということは、異なるものの侵入を拒む結界であった、とも書いています。

なので、この至高なる美はすべての醜を払うのだから、桜の聖性はそこから生じたのでしょうな。

原則、お寺さんは桜を植えません。
桜は艶やかすぎて、お寺さんの修業の妨げになるからね。
でも、結界という役割を果たすのなら、ということで、桜を植えているお寺さんも多いですね。
というよりも、人の欲望が、そのような理屈を盾にして、お寺さんに桜を植えさせます。

庭に咲く桜に、僕たちの祖先は、清明美の世界を見たわけです。
9世紀の末、桓武帝の山背国遷都によって、平城京から平安京に住み移った宮廷人たちは、故郷の花である桜を、新都に移し植えます。彼らは、新都の邸宅ばかりでなく、分詞した氏神の杜、氏寺にも故郷の花を移植しました。桜は、長く住み慣れた大和への望郷の花でした。

治世は桓武、平城、嵯峨と受け継がれ、9世紀初頭の嵯峨帝の時代、唐から文化を吸収したのちに訪れた日本古来からの固有の文化を見つめ直そうとするトレンドに乗って、京都の神泉苑で初めての花宴が催されます。
が、しかし、これも、ルーツを遡れば、天平の時代、東大寺の桜会に辿り着きます。

この時代の桜は、もちろんソメイヨシノではなく、山桜です。
蓮興寺の桜も、そう。
塀際に埋められて結界、ということです。



蓮興寺の山桜
大阪市北区末広町1-35


大きな地図で見る

■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/667
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.