大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 北区の最新駐輪場事情 中津・梅田・北新地編 - 新しい駐輪場ができたり、定期利用が増えたりしてます☆ | main | 造幣局 桜の通り抜け、今年は夜間なしなので初日の昼間に行ってきた(桜図鑑72種画像付き☆) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


つけ麺じゃなくてラーメンを探して新規開拓 note.008「麻拉麺 揚揚」 - 天六に汁なし担々麺の店ができたので行ってきた
天六に汁なし担々麺のお店ができたと聞いて、これは行かねば!と、とある昼下がり、いそいそと行ってきたのでした。

麻拉麺 揚揚(マーラーメン ヤンヤン)
って店です。

麻拉麺 揚揚(マーラーメン ヤンヤン)


担々麺のお店は相も変わらず増えて続けているけれども、僕は、やっぱ、日本風にアレンジされていない、本チャンの汁なしの担々麺を食べたいのですよ!
って、べつに本物志向でもなんでもないんだが、やっぱ、汁なしのほうが好きかな。美味けりゃなんでもいいんですけどね、僕の場合は。

2、3週間前くらいに商店街にオープンして、ネット上ではそこそこ名前を見かけていたので、賑わってるのかな?と思って、暖簾をくぐってみたら、誰もいませんでした(笑)大丈夫か、おい?(笑)まあ、平日の昼の3時だったんで、時間帯のせいにしておこう。

カウンターだけのお店で、注文のまえの食券を買います。
食券を買って、店員さんにわたすと、辛さ痺れの好みを聞かれます。

担々麺なので、唐辛子と山椒で口のなかに火を吹かすわけで、その量をどうするのか?と聞かれるわけです。
初めての店で、そんなこと聞かれてもわかるわけないんだけど、とりあえず、激辛に挑戦!なんて趣味はないので、おっかなびっくりで、「1魂」でお願いします、と。
カウンターには唐辛子と山椒が置いてあるので、あとから自分で辛くすることもできます。

なんかね、辛さと痺れの度数の単位が、このお店では「魂」になってるんですよ(笑)
4魂まであって、そっから先は、桃源郷に行きたいが挑戦するエリア…。

麻拉麺 揚揚(マーラーメン ヤンヤン)


ほどなくして、担々麺の登場です。
定食を注文したので、ゴハンとスープがついてきます。担々麺には、温泉玉子が乗っかってます。

汁がないから、びっくりするくらい量が少なく見えるけれども、これ、通常の量です。

麻拉麺 揚揚(マーラーメン ヤンヤン)


まぜまぜして…、まずは一口☆

ふむ。悪くないです。
悪くないけど…、なんだろ? なーんか、味がぼやけてるな。
挽肉、ゴマ、ネギ、ピーナッツが入っていて、唐辛子と山椒で味付けしてあるんだから、担々麺だと言われたそうなのだけれども、どーもね、味に特徴がない。
や、不味いわけではないんですよね。でも、思わず膝を打つ、というような鋭いインパクトは皆無かな。
さまざまな味を足していったけれども、掛け算になってない。。

なんちゅーか、新店だから、ということを差し引いても、テンプレート見てつくったかのようなお店の造作に味も特徴もないのと似ていて、印象に残らんのですね。

ちなみに、辛さは、1魂だと、まったくたいしたことない。
で、山椒を足したいなと思ったので、手にしたら、その場でガリガリ削るタイプのミルだったので、これで山椒をガリガリやると、山椒のいい香りが立ち上って、これはいいです!
個人的には、フレッシュな山椒をふんだんに使える、というのは、ポイント高いかも。

麻拉麺 揚揚(マーラーメン ヤンヤン)


というわけで、悪いってことでもないんだけれども、ときどき、ランチで使う程度かなー。
定食が650円でわりに安いし、さっと出てくるし、定食はいつでもやってるみたいなんで、そういうところの利便性を買って、ときどき行くかも。




【つけ麺じゃなくてラーメンを探して新規開拓】
note.001 「煮干しラーメン 玉五郎」
note.002 「羆(ひぐま)」
note.003 「四川拉麺」
note.004 「天下一品 東梅田店」
note.005 「揚子江ラーメン 本店」
note.006 「西松家」
note.007 「井岡亭」






麻拉麺 揚揚(マーラーメン ヤンヤン)
大阪市北区天神橋6丁目7−24
tel. 06-6358-9700
11:00-21:00
無休
HP http://yan-yan.jp/


大きな地図で見る

■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/663
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.