大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 東日本大震災復興支援のための津軽三味線チャリティライブ | main | 斉藤和義と大阪駅前第四ビル振興会、それぞれのやりかた。誰でもきっと、出番はある☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


関西で一番早く咲く、奈良・氷室神社の枝垂れ桜を見にいく
奈良公園のすぐ北側、東大寺大仏殿の近くに、氷室神社はあります。
どってことない神社でね。名寺がひしめく場所にあって、普段は、誰も見向きもしない神社です。
僕も、これまでにきっと行ったことがあるはずなのだけれども、よく思い出せないくらい、印象にない神社です(笑)

その名のとおり、氷の神様を祀っている場所で、毎年5月1日に、鯛と鯉を封じ込めた高さ1mくらいの氷柱が供えられる「献氷祭」が行なわれる…。そういや、そんな行事があるってことを耳にしたことはあるな、ってくらいで。

平城京ができた折り、春日野に氷池や氷室をつくり、4月1日〜9月30日に平城京に氷を献上し続けたとのことです。平城京が閉じるまでの70余年、毎年毎年、夏のあいだ、氷を貯蔵しては献上する日々をこなしてきた神社です。
なので、印象の薄い神社ではあるのだけれども、天平の時代から連綿と営まれてきた、由緒正しい神社なのですよ。

そういう神社ですが、もいっこ、特筆すべきことがありまして、とんでもなく立派な枝垂れ桜がね、あります。しかも、早咲きの枝垂れ桜で、関西で一番最初に咲く、枝垂れ桜なのだそうです。
それをつい先日知って、しかも今が満開だというので、これは見ときたいなあ、と思って、仕事の合間を縫って、行ってきたのでした。
奈良を移動するとなると車が必須になるけれども、近鉄奈良駅から歩いていけるので、すぐに行けちゃいます。大阪から奈良は1時間かからないから、意外と近いです。空いた時間があれば、サクッと行けちゃいますね。

そういうわけで、行ってきました。
いやいや、シャレにならんくらい立派な枝垂れ桜で、ちょっととんでもないシロモノです☆
桜の瀧みたいに、何本も何本も枝垂れていて、ド迫力です。
京都は円山公園にある枝垂れ桜よりも、艶やかさではこっちのほうが上かも。

東にある若草山の上にある太陽が桜を照らしていて、白いに近いピンクを、濃いピンクに変えていきます。
陽があたったりあたらなかったりで桜の色が変わるのも、見ていてとても楽しい。
ずーっと、見てられますね。

氷を献上する日々は、都が平城京から平安京に遷ったことで途絶えてしまったけれども、桜は、こうして今も咲き、絢爛きらびやかな風景をつくりだします。

いろいろ思うことがありますな。
それでも春はやってくる、ということ。

いい風景です。


でっかい写真も用意しました。

スライドショーでご覧になる人は、こちらを。

「氷室神社の枝垂れ桜 2011.4.7 スライドショー」

下にあるサムネイルをクリックすると、デッカイ写真をご覧いただくことができます。

氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 氷室神社 奈良公園 奈良公園 奈良公園 奈良公園







氷室神社
奈良市春日野町1-4
HP http://www.himurojinja.jp/



大きな地図で見る

■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/657
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.