大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 「ささえよう日本 関西からできること」 | main | 関西で一番早く咲く、奈良・氷室神社の枝垂れ桜を見にいく >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


東日本大震災復興支援のための津軽三味線チャリティライブ
津軽三味線のチャリティーライブ

津軽三味線のチャリティーライブ

朝、関西大学リサーチアトリエの元スタッフの大学院生から、twitter。

今日の昼からアトリエで津軽三味線のチャリティーライブがあるらしいです。僕も顔出すんで、もし時間あったら!

tweetで知らせを聞いてから、2、3時間後の猶予しかないですがな。
どーも彼は、僕が社会人だということを忘れ…、や、せっかくのお誘いなので、もちろん行ってきましたですよ! どーせ、歩いて3分の距離なのだし。午前中にたっぷりと仕事をやっつけておいてよかった!

さて、関西大学リサーチアトリエは、天神橋筋商店街の3丁目あたり、つまり、ミスドのある夫婦橋(阪神高速の下ね)を南に3分ほど歩いたところにあります。「楽歳天三 天満天神楽市楽座」と看板が出ているので、すぐにわかります。

関西大学の社会的信頼システム創生センターが「知識と文化のハブ」構築のために設立した「研究・社会連携拠点」であり、商店街に設置された研究拠点としては、日本初らしいです。

そこで、ちょこちょこイベントが開催されるのですね。
ステンドグラスの作品発表会があったり、節句人形の着付け実演があったり…、地域のちっこいコミュニティが、この場所でちょこちょこイベントを開催しはります。

僕が端っこのほうでかかわってきた職人研も、こちらでイベントを行いました。
そんときの模様は、こちら。

「職人×学生 ワークショップ at キタ」

ちなみに、このアトリエの与謝野教授は、先日、北天満サイエンスカフェにも登場されました。

「第26回サイエンスカフェは「社会的信頼学と天満・天神での試み」。不確実な世の中を生きるための「信頼」とは?」


おもしろいんで、ここでちょこちょこ遊んでることも多いです。
おかげさんで、なんやしらん、顔が知れてきて、やりやすいようなやりにくいような…。

ま、それはともかくとして、津軽三味線のチャリティライブです。
青森出身、東京在住の津軽三味線デュオ「De-Noto(ディモート / 地元)」が、東日本大震災復興支援のための津軽三味線チャリティライブが開催されたのでした。

東京から、わざわざ来られたのですよ。
これがねー、超絶ばかテクの津軽三味線なのですよ。
や、津軽三味線なんて、ジミヘンばりの速弾きなんで、テクがなければ聞けたもんじゃないけれども、やっぱ上手いと、ぐいぐい引き込まれますわ。
で、デュオなので、シンクロがなされてなければ聞けたもんじゃないけれども、これがねー、ロシアのシンクロ代表か?ってくらいのシンクロ具合です。

義援金箱を横に置いてのチャリティーライブは、商店街を歩く人たちを立ち止まらせ、グイグイ引き込んでいきます。めっちゃライブ慣れしてるというか、思いつきや情だけでチャリティーライブを敢行しているのではなく、自ら持つスキルを生かして、たくさんの人をハッピーにしようとしてはります。

音楽は塩にもパンにもならないけれども、それでも人は、誰かを弔うとき、立ち上がるとき、どん底にいるとき、歓喜の涙を流すとき、音楽を必要とします。
民族音楽とは、そのためのもんだ。

青森はロシア・ハバロフスクとのあいだに航路があるために、ロシアから流入する民族音楽、ロシアのロマ・ミュージックがふんだんに入ってくる土地なのだそうです。ちょっと羨ましいぞ!
「De-Noto」の演奏は、心を突き動かすグルーヴ、圧巻のアンサンブル、哀愁に満ち溢れた、民、草とともにある音楽でした。

ほんの30分足らずだったけれども、いい時間だったな。

ライブは、4月8日の金曜日まで、ここでやってはります。
13:30、14:00、14:30、15:00、15:30に行なわれます。

映像の曲は、彼らのオリジナル曲「疾風陣」。









関西大学リサーチアトリエ
大阪市北区天神橋3-9-9
tel. 06-6940-4340
HP http://www.kansai-u.ac.jp/rakusai/


大きな地図で見る

■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/656
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.