大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 大阪府議会選挙 - 立候補者のHPを吟味してみる | main | 東日本大震災復興支援のための津軽三味線チャリティライブ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


「ささえよう日本 関西からできること」
下の画像をクリックすると、大きなPDFファイルをダウンロードすることができます。


関西からメッセージ


関西の国立三大学(京都、神戸、大阪)の学長と、京都、大阪、神戸の各商工会議所会頭が集まって、東日本大震災で被災された方々へ、関西からメッセージを発することになりました。

関西で文化活動、教育活動、経済活動に従事されている方々にも呼びかけ、現在、数多くの呼びかけ人が集まっています。


以下、メッセージの全文です。


 十六年前、わたしたちは阪神・淡路大震災に襲われました。多くの家族や親しい友人・知人を失い、家も失い、茫然と立ちつくし、打ちのめされ、もはや立ち直れないかとおもわれました。それほど凄まじい災難でした。
 そのとき、全国から、いたわりと応援の声をいっぱいいただきました。多くの人が救援に駆けつけてくれました。見守ってくれている人がいるという確かな感覚が、私たち関西人を支えました。そのおかげで、わたしたちはやがて笑顔を、そして元気を取り戻しました。関西人得意の「泣き笑い」もたっぷりまじえて、です。
 東北の地はこのたび、阪神・淡路大震災をさらに上回る甚大な被害に見舞われました。こんどはわたしたちが声を送り、恩返しをする番です。この国の東北に、わたしたちは確かな支えの心を届けたいとおもっています。
 いま、わたしたちはそれぞれの場所から、物資と義援金を集め、途切れることなく被災地へ送り、急務のスタッフを派遣し、被災者の受け入れ態勢を整え、やがて被災地から声がかかるときのために、ボランティアの組織づくりに全力を尽くしています。これをもっともっと力強くしたい。
 この国の東半分が苦しみ、うちひしがれているとき、この国の西半分がしっかりこの国を支えてゆかねばなりません。西から東へ、精一杯の力を送らねばなりません。そのために、さまざまな活動の「自粛」というより、むしろ普段の倍、がんばろうと思います。
 居ても立ってもいられず、「おせっかい」を承知の上ですが、関西で文化活動・教育研究・経済活動に従事しているものが、協働して、その結び役の一つを務めさせていただきます。東北の復興は途方もなく長い道のりになるでしょうが、復興のその日まで、私たち関西人にできるあらゆる支援を続けるつもりです。そしてそれと同時に、民間の知恵を集め、この国のどこかが危機に瀕したときにはまわりのどこかがしっかり支える、そんなたくましい国と社会のあり方について、さまざまな提案をしてゆきます。




以上が、発表されたのメッセージです。
僕も、その呼びかけ人の何人かと組んで、今、いろいろと計画中です。
概要を発表できる段階が来たら、またここで発表します。個人的には、被災孤児を支援する活動を長く続けていきたいと考えています。

そして、明日、4月7日に、梅田の大阪駅前第4ビルのお店でつくる大阪駅前第四ビル振興会で用意した靴下1000足の物資が、釜石市の避難所で必要とされていることがわかったので、持っていく準備をはじめます。

地元は今、喫緊の支援、長期的な視野に立った支援の二本立てで、関西からできることをやっていきます。


■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/655
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.