大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 造幣局 桜の通り抜け、今年は夜間なしなので初日の昼間に行ってきた(桜図鑑72種画像付き☆) | main | 【再々掲】「キタのむかし・いま・みらいを、感じる写真コンテスト。」やります。 展示場所は、北ヤード工事現場フェンス☆もうすぐ〆切! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


南天満公園の将棊島粗朶水制跡碑に見る、かつてのエコな護岸&治水工事
天満橋のたもと、天満南公園に桜を見にいった折り、石碑を見つけたのでした。
ここには、「天満子守唄」「天満青物市場跡」「淀川三十石船舟唄碑」などの石碑があるのだけれども、ひとつ、見過ごしていたのがあったのでした。

「将棊島粗朶水制跡 碑」
漢字が難しすぎるのだけれども、「しょうぎじま そだ すいせい あと」と読みます。

将棊島粗朶水制跡 碑


横に解説プレートが建てられてあり、そこには、次のように書かれていました。

将棊島粗朶水制跡 碑

将棊島は、淀川の水が寝屋川・鯰江川に逆流して水害を引き起こすのを防ぐために、三つの河川の合流点の網島から天満橋を越えて236間(約430m)余り下流まで築かれた隔流堤で、幅7間(約13m)あった。
淀川治水のため、明治6年(1873年)に来日したオランダ人技師デ・レーケ、エッシェル、ティッセンの3人は、その翌年、将棊島地先にオランダ式の粗朶沈床による水制工を実施した。これは木の枝を束ね、組み合わせたものに石を詰め、河岸から河の中央に向かって設置された突起物で、水の勢いを弱め、護岸に効果があった。この工法はケレップ水制とも呼ばれ、現在でも城北公園北側の淀川左岸にその名残を留める。デ・レーケは来日してから29年間、大阪にとどまり、淀川の治水と大阪湾の建設に尽力した。


要するに、大川が氾濫する原因となっている、寝屋川、鯰江川と大川が合流するあたりの水をコントロール工事を行なった、ということですな。

今とは地形が違っているので、わかりにくいのだけれども、当時は、こんなふうでした。
寝屋川、鯰江川と大川が合流するあたりには、備前島と将棊島という、堤のように突き出た陸地があったようですね。突堤になる以前は、どちらも独立した中州だったみたい。

将棊島粗朶水制跡 碑


で、そこに、櫛みたいなものを陸地から延ばしていくことで、水流を弱め、氾濫しないようにする、と。
この櫛みたいなのが、「粗朶」(そだ)と言いますな。
これを発明したのがオランダ人で、明治の初め、デ・レーケさんら3人のオランダ人技師たちが、日本に来て伝えてくれました。

オランダと言えば、世界は神がつくったかもしれんがオランダだけはオランダ人がつくった、と、司馬遼太郎が評したように、国の歴史がそのまま、埋め立ての歴史、低地の改良の歴史みたいなところです。きっと、こういう技術をたーくさん持ってるんでしょうな。

「粗朶」は木の枝を束ね、組み合わせたものに石を詰め、河岸から河の中央に向かって設置された突起物のことです。
木の枝は主に柳が使われていて、腐食しにくく、屈撓性があり、運搬が容易である、と。
さらに、多孔質なので、生物が棲みやすい環境が形成され、今のコンクリートなんかより全然優れている工法に見えますね。エコやしね。

将棊島粗朶水制跡 碑

将棊島粗朶水制跡 碑


これ、なかなかの効果をあげていたようで、以後の日本の近代的な河川工事のモデルとなったとのことです。


南天満公園は、今、桜のキレイなところだけれども、いろいろ石碑が建てられているところでもあります。
こんなのもどうぞ☆

「天満青物市場跡にある天満の子守唄 碑」

「江戸時代の特急、淀川三十石船☆」








将棊島粗朶水制跡 碑
大阪市北区天満3-1 南天満公園内


大きな地図で見る

■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/653
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.