大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 【緊急】地震等災害時のお役立ち情報、まとめました。随時、追記します | main | 大阪に住む僕たちにできることと、備え。(大阪市の避難場所map付き) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


元気を失わぬように
ネット従事者は、仕事中もtwitterやFacebookを眺めながら仕事しているということもあって、僕のような、今回の地震の被災地からはほど遠い大阪にいても、なにか、入り込んでしまいますね。

できることをしようと思って、地震発生当日の夜に、
「【緊急】地震等災害時のお役立ち情報、まとめました。随時、追記します」
を、それこそ、緊急で書いて、エントリーしました。

その他、冷静に情報を腑分けしながら、可能なかぎりの情報発信を行なっているけれども、やっぱ、やればやるほど、入り込んでしまいますね。
僕だって阪神大震災で人生観を変えられているし、被災地で過ごされている方たちの胸中や境遇の一端くらいは自分のことのようにわかるけれども、自分が入り込みすぎてしまったら、身が持たない。心が持たない。

だから、足許を見ながら、ホドホドにやっていこうと思っています。

ヤシマ作戦、いいですね。
http://yashima.me/about.html
#yashima#84MA
電力需要が増加する18:00-19:00に節電する。(炊事時間をずらす等)
使わない家電はコンセントから抜く。
エアコン切って、布団にくるまる。
無理なく節電をして大規模停電を回避しようという試み。オタクたちが、ネットの英知とパワーを集結して現実世界に恩返しする、ささやかだが壮大な前代未聞の贈りもの。
彼らは、嬉々として、今、作戦を実行している。楽しそう。

僕は、戦時下だったころのユーゴに足を踏み入れたことがあります。
そこでは、避難生活を紹介する冊子がシャレでつくられていて、簡易トイレのつくりかたから、あるもので料理するレシピ集やらが、ミシュラン本の体裁をパクって、パロディにしてつくされていたのでした。
生きのびるために、ユーモアは絶対に必要なんだってことを、あそこでつくづく教えられたなあ。

西日本から東日本への電力供給には周波数の違いから変電が必要で、変電所の能力である100万kwはすでに供給中です。現在、西日本すべての電力会社は節電を呼びかけているわけではない。普段通りに節電しておけば問題はない。でも、西日本在住の人であっても、実効性はなくても、人と人とが繋がったり、希望を持ったりするために作戦を決行しているのだということを、彼らはよく知ってますね。


僕は、インターネットの世界には善なるものがあふれていることを知っているし、そもそも、インターネットというものが善なるものをベースにして成り立ってきたのだということも、知っています。

今回の地震発生以降、それを感じた人は多いんじゃないかな。

今回のエントリーで、そういうものを集めてみました。
少しでも、元気が出ますように。


「smile」
「スラムダンク」や「バガボンド」でおなじみの井上さんが、ものすごい勢いで、笑顔のイラストを書いて、アップしてはります。
http://twitpic.com/photos/inouetake


「節電広告」
クリエイターたちは、節電を呼びかけるコピーをつくり、そのコピーをもとにデザイナーがデザインを起こし、ポスターにして、tumblrに続々とアップされています。しかもこれ、ちゃんとプリンターでプリントできるよう、配慮されてる。
http://setsuden.tumblr.com/

これが一番好き☆




海外から寄せられる「日本頑張れ!」のメッセージは、#prayforjapanでtweetされていて、もう、目で追っかけるのも難しいくらいの勢いでTLが流れていきます。
http://prayforjapan.jp/



PlayforJapanのビジュアルベース版
は、これ。
http://matome.naver.jp/odai/2129985372846288901


twitterでの温かいメッセージをまとめた記事「日本がんばれ!」
https://docs.google.com/document/pub?id=1UmFXi9xxYkZcNLIC-q4RsdrbhCDk8PisESXoxlGmRCY&pli=1

重い場合は、こちらのミラーサイトを。
https://docs.google.com/document/pub?id=1UmFXi9xxYkZcNLIC-q4RsdrbhCDk8PisESXoxlGmRCY


「日本語訳:海外から日本へのメッセージ50+」

海外からの声を日本語に翻訳してくれているものです。
http://jiro.bmr.jp/post/3786925211/50


「こんなときだから元気が出る言葉を。」
こっちも。togetterにまとめられたものです。
http://togetter.com/li/110688


「東北地方太平洋沖地震被災者にサッカー界から様々なメッセージが寄せられる」
 2ちゃんねるのサッカーニュースまとめです。
http://2chfootball.net/2011/03/post-1569.html


atricotさんは、京都に暮らすごくごく普通の人の目線で、自らの立ち位置を正直に告白してはります。共感できる人は、多いんじゃないかな。
http://atricot.jugem.jp/?eid=146

ちなみに、彼女がアップしているニットレッスン動画は、この3日間のあいだも、平時と変わらないアクセス数です。いいこと☆


ついでだから、和み系の猫集サイトも。
ilove.cat




そうそう、このブログの右サイドバーにある「weekly video」をこっそり更新してます。
今週は、シンディ・ローパー姉さん☆ もう何年も、元気、もらってます。

こっちにも貼っとこ。





こっからは、情報収集系を少し。


googleは相変わらずやることが早くて、災害情報と災害時にほしい情報のまとめをソッコーでつくりました。超便利です。
「Google Crisis Response 東日本巨大地震(東北地方太平洋沖地震)」
http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html


「SAVE JAPAN!」
都道府県別に災害救援情報がまとめられています。
http://savejapan.simone-inc.com/


「朝日新聞東京社会グループ」

朝日新聞東京社会グループは、被災地域の細かな生活情報をtweetしています。
http://twitter.com/#!/Asahi_Shakai


「災害時緊急マニュアル - Japan earthquake how to protect yourself」
大阪大学と東京外大の学生さんたちは、災害時緊急マニュアルをマルチ言語で作成し、サイトを立ち上げました。
http://nip0.wordpress.com/about/


カノさんも、外国人向けに役立つ情報をシンプルにエントリー。
http://kanotetsuya-and-company.blogspot.com/2011/03/for-foreign-victims-in-japan.html


カノさんは、「私たちにできること、手助けになりそうなこと、災害時に役立つ情報まとめ」もエントリーしてはります。
http://kanotetsuya-and-company.blogspot.com/2011/03/useful-information-for-disaster.html




最後に、デマ・誤報関係の拡散。
とりあえず、ソースの不確かなものを拡散するのはやめよう。善意と傲慢は紙一重なのだということを、皆、自戒しよう。善意を抱えた僕やあなたは、それでも全能でも万能でもないという、あたりまえのことをわきまえよう。

○○の中にいる友だちが、家族が、友だちの友だちが言っていた、らしい…。インフォーマル情報は、ご自身で検証を経たうえで。
さらに、リンクをコピペする際には、一度、ご自身でリンクをクリックして確かめてからコピペを。それだけでも精度は増すから。

東北地方太平洋沖地震、ネット上でのデマまとめ
http://d.hatena.ne.jp/seijotcp/20110312/p1


そして、もうひとつ、重要なこと。
普通に生活している人を批判したり、いがみあったりしないよう。
不謹慎、上等☆ 不寛容はやめよう。

だから、この動画も上げとこう!
はっぱ隊「YATTA!」




少し冷静になって、内田樹氏のブログに目を通されるのもいいかと。
内田樹の研究室「未曾有の災害のときに」





■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

この記事のコメント
ルイスさん、ありがとうございます、
外国人向けに役立つ情報の本体記事はこちらです〜
http://kanotetsuya-and-company.blogspot.com/2011/03/for-foreign-victims-in-japan.html


| カノ | 2011/03/14 1:52 AM |
この記事のコメント
カノさん、メルシー☆ 本体記事にリンクさせていただきました。

| ルイス | 2011/03/14 2:03 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/635
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.