大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 実写板「耳をすませば」か!? 天満宮のすぐ近くに、弦楽器の修理・製作のアトリエがあるのです。 | main | 「河童」はどっから見ても場末の美味いホルモン屋だけど、店のオヤジがフランス料理出身だということは食べたら納得できる。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


美々卯のうどんすきは、やっぱり本店で食べるのが好き☆
先日、ひっさしぶりに、美々卯の本店に行きました。

美々卯も今やあちこちに支店があるし、たまにランチを食べにいくこともあるけれども、本店は、ほんまに久しぶり。10年かそれ以上、行ってませんでした。
で、こないだ、どこで食べようかという話になって、そうだ!美々卯の本店!と相成りして、行ってきた次第。
北区を離れて、ミナミは平野町、御霊神社のすぐ裏にあるのが、美々卯の本店です。

大阪でもなかなかな老舗に属する部類のお店ですね。
創業が大正13年ですと。でも、それ以前に、200年、料亭を営んでいて、大正13年の創業というのは、麺類専門店として屋号も「美々卯」としてからのことやそうです。

平野町にある本店はちょっと別格で、その大正時代の建物の面影が、そのまんま残ってるんですね。
もっとも、10年ほどまえに行ったときには建物すべてが大正時代のまんまだったのだけれども、数年前に改装していて、今では、表面と玄関がそのまま、なかはすっかりキレイになっていました。もっとも、落ち着いた上品な内装になので、これはこれでいい時間の流れる内装になってます。

美々卯 本店


「うどんすき」というのは創業直前の料亭だった時代のご主人が考えたそうです。これが大層な評判を呼んで、今に至っている、と。
登録商標にすらなっているけれども、あまりに一般的になってしまったために、美々卯以外のお店が使うことも、わりとユルい基準で黙認状態みたいですね。

具だくさんのうどんすきは、もはやうどんのジャンルに入れてはいけないほど豪華です〜。

美々卯 本店


で、お店の人が、こうやって、キレイに鍋に入れてくれます。
通常の鍋と違うのは、ダシの出るものを先に入れるのではなくて、うどんをまず入れて、そのうえに、すべての具材を入れていくこと。
最初に入れてくれるうどんと具は、全体の約半分で、残りの半分は、食べる人が自分のペースで入れることになります。
ちなみに、この鍋は美々卯が独自に開発した鍋で、鍋の縁に沿ってズルズルとうどんを取り皿に入れるのに最適な角度になっとります。と、おおむかしに読んだ美味しんぼに書かれている(笑)

美々卯 本店


なにが素晴らしいって、この、ダシですよ。素晴らしく美味いダシなのだけれども、肉だの魚介だの野菜だのとオールジャンルの具をなんぼ入れても、それらの具とダシがケンカしないんですよね。
これだけいろいろ入れると、味が濁りそうなもんだけれども、不思議と、まったく濁りません。最後まで、すーっとした上品なままのダシです。


で、海老を入れるときが、クライマックス(笑)
生きてるから、ピチピチ動くんですよね〜。
グッと力を入れて挟まないと、熱い鍋のなかで海老が飛び跳ねて、エラいことになります〜。
きっと、ここでうどんすきを食べる人は、誰しも、一度はこれで失敗しているかと(笑)

美々卯 本店


さて今年は、卯年。美々卯の卯ですね。
お店にはいたるところにウサギをモチーフにしたグッズがあって、箸置き、呼び出しのベル、ランチョンマット…、さらには内装にいたるまで、あちこちでウサギを見つけることができます。

美々卯 本店



各種コースあるけど、具だくさんのうどうんすきだけでじゅーぶん堪能できるし、今年は卯年でもあるので、また行くかな。





美々卯 本店
大阪市中央区平野町4-6-18
tel. 06-6231-5770
11:30-21:30
日祝休み
HP http://www.mimiu.co.jp
mapを見る




■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

この記事のコメント
こんにちは。美々卯のブログを読んでたらコチラのブログに辿り着きました。写真が綺麗でオシャレなブログですね。羨ましいです。


| 萌音 | 2014/04/13 7:00 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/604
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.