大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 今発売中の「meets」の天満の食特集は、ディープにディープに天満を潜行しとります! | main | 美々卯のうどんすきは、やっぱり本店で食べるのが好き☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


実写板「耳をすませば」か!? 天満宮のすぐ近くに、弦楽器の修理・製作のアトリエがあるのです。
ちょっとしたご縁で、先日、バイオリン職人の仕事場にお邪魔しました。
バイオリンやチェロ、ビオラ、コントラバスなど弦楽器の製作・修理職人さん。
天神橋1丁目、天満宮のすぐ傍のとあるマンションの一室に、そのアトリエはあります。

アトリエやまぐち

スタジオジブリの映画「耳をすませば」じゃあるまいし、まさか天満宮のすぐ近くのマンションの一室に、そんなアトリエがあるなんて、想像したことすらなかったですわ。

お邪魔してみると、こーんなかんじで、修理のために持ち込まれた弦楽器がズラリ。

アトリエやまぐち

アトリエやまぐち


楽器屋さん以外で、それもマンションの一室のようなロケーションで、こんだけの楽器が集まっている風景は、なかなか見慣れないもので、かなりビックリしてしまいました。

やっぱ弦の張り替えの仕事が多いとのことですが、ひび割れたボディを修理するなんていう大仕事もたくさんあるようです。
修理するためにボディを分解してみて、いい加減な仕事でつくられているバイオリンに出会うことも多く、そういうものを目にすると、やっぱり悲しくなるそうですね。

アトリエの主である山口さんは、ご両親がクラシックを楽しむご家庭で育ち、ごく自然に楽器を手にするようになります。大学時代にはチェロを奏で、友人とカルテットを結成し、音楽生活を満喫します。
それでも、それはあくまで趣味のこと。就職したのは大手の百貨店でした。
でもやっぱり、どこかで小骨が引っかかったように、楽器職人になる夢を捨てきれなかった。
そこで一念発起して、職人になると決意。イタリア遊学を経て、北浜の楽器輸入販売のお店に弟子入りします。その後、東京と大阪、2人の師匠のもとで12年間の修行を経て2003年に独立します。

幼少の頃からクラシックに触れ、楽器を操るのに、プレイヤーにならずに楽器の製作・修理の道を選んだのは、やはり、音楽が好きなのと同時に工作が好きだったからでしょうね、と、おっしゃってはりました。

お邪魔したときに、バイオリンやチェロのボディの表板と後板のあいだに挟むアニマ(魂柱)を見せていただきました。表板と裏板を直接つなげる唯一の棒で、アニマにより音が裏板まで振動し、楽器全体に音が響くようになります。
弦の張力によって表板には圧力がかかりますから、裏板とのあいだに挟まれている状態で、取り付けられています。
なので、弦の交換時にすべての弦を外してしまうと、表板に対する圧力がなくなり、アニマが外れてしまうことがあります。
その場合、表板のf字孔からアニマを差し込み、所定の位置に嵌めていくのだけれども、嵌める場所を決定し、任意の場所に嵌めるのは、まさに職人の五感のすべてを総動員する仕事です。最後に頼りになるのは、自分の感覚のみなのだそうです。

その作業をぜひ見学させていただきたかったのだけれども、今回は叶いませんでした。
次回、本格的に取材させていただくので、そのときこそ、ぜひ。

その代わりというわけではないけれども、製作途中のバイオリンのボディを見せていただくことができました。
こんなのです。
これこそ、実際に見ることなど、まずないので、ものすごく貴重なものを見せていただいた気分です☆

アトリエやまぐち


また今度、職人魂が炸裂するようなお話を、たくさんうかがいに行ってきます☆





アトリエやまぐち
大阪市北区天神橋1丁目8-16-403
tel. 06-6353-6770
HP http://www.gem.hi-ho.ne.jp/cellolin/
mapを見る


■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/603
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.