大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 1月29日〜2月9日「発見! キタの手わざと名品」展が開催されます。販売もアリ☆ | main | 「発見! キタの手わざと名品」展がはじまりました☆ 2/9まで! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


天神橋筋の紅茶専門店「西洋茶館」とジッポーの話
映画を見ているとき、小道具が間違ってたりすると、げんなりしますね。

たとえばライターならライターで、第2次大戦を扱った映画なら、アメリカ兵はジッポーを使っていなければならないし、ヨーロッパ人とナチスなら、イコムを使っていなければならん、という具合になります。 どの映画とは言わんけど、そーゆーところが雑な映画を見たときには、もう…。
どっちのライターも、ブリキ板を折って畳んでつくっただけの素朴なライターだけれども、着想は抜群ですな。

で、ジッポーの話。

ジッポーは、輸入ライターが高価でしかも壊れやすいことに腹を立てたひとりのオッサンが、奮発して開発した作品だということになっているんですが、商品名をつける段になって、ジッパーをチャッと引っ張ったときのあの音が大好きだったので、それをひねって、ジッポーと名付けたんだとか。

ブランド名というのは、一度ヒットすればそれ以外のどんな名前もダメだと感じられるものだから、今では、ジッポーのほかにこのライターの名前はどう考えようもありません。

かつてのアメ車のように油を食い過ぎる欠点はあるものの、このライターはまことに有能で、正確で、百発百中で、雨も風もかまうことなく火を起こし、壊れる箇所がほとんどないという、名品中の名品。しかも、安価。

いつだったかの広告に、傷だらけのライターの写真が出ていて、「第2次大戦中、ヨーロッパに上陸した最初の部隊の最前線のアメリカ兵が持っていたライターです」とキャプションがあり、ほんまかいな?と、真剣に考えれば思わんこともないのですが、それもありかも、と思わせるものが、ジッポーにはありますわ。

「カリブ海で釣ったサメの腹を開いたら、ジッポーが出てきた。試しにパチリとやってみたら、火が点いた」なんていう、いやいやそこまでは言い過ぎだろう!なんて広告もありましたが、そういう逸話を語らせたくなるのも、ジッポーならではのことで。

僕は、このライターが好きで、何年となく愛用してます。してますが、始終、落っことしたり置き忘れたりするので、もう何個買い替えたかわからんほどです。

日本サッカーが初めてワールドカップ出場を果たしたフランス・ワールドカップの記念ジッポーは、フランスでワールドカップを観戦中に、飛び跳ねていたら、なくしていました…。

喫茶店に置き忘れなんて、ざら。

部屋のなかでなくしたまま、ついに出てこないのもあります。

でもね、今使ってるやつは、なぜかなくならんのですよ☆

たまに行く銭湯のロッカーに置き忘れたときはかなり焦りましたが、翌日取りにいくと、ちゃんとありました。
電車のなかにカバンごと置き忘れたときも、ちゃんと終点の駅に届いてました。
ライブハウスのフロアでガンガンに踊っていて、気がついたらなくしてたんですが、知らない人が、これは誰のや〜!ってかざしてくれて、無事にオレの手元に戻りました。
こないだも行方不明になりまして、どこでなくしたのかもさっぱりわからず悶々としていたところ、馴染みのタバコ屋さんにタバコを買いにいくと、にいちゃん、昨日タバコを買いにきたときにライターを忘れていったで〜、と。。。

なんでタバコ屋でジッポーを出していたのかすら謎ですが(笑) ちゃんと帰巣本能が働いた模様で、無事、ちゃんと手元に。

これです。7、8年くらいまえに、ジッポー屋さんで一目惚れして買ったのです。
シェル・フェイスで、ロザリオがあしらわれたもの。たしか、ジャスト1万円です。

 西洋茶館


今度こそ、末永く添い遂げてほしいもんです。。。


えーっと、ジッポーの話を書きたかったわけでは、ないのですね(笑)

じつは先日も、とある茶店で優雅に一人お茶を飲んでいたら、案の定、そのままジッポーをテーブルに置いたまま店をあとにしてしまい…。

気づいたのが深夜だったので、翌日、もっかいその店に行ってみた次第。
そしたら、ちゃーんと、お店で保管してくれてはりました☆

そのお店は、天神橋筋の4丁目あたり、JR天満駅から南下して、ミスドのある横断歩道のちょい北側にある、「西洋茶館」。

店名から連想できるとおり、紅茶の専門店です。アンティークな英国調の内装、テディベアまで置いてあって、商店街の雑然とした雰囲気とは毅然と一線を画しております(笑)

西洋茶館

西洋茶館

アフターヌーンティやらスコーンセットなんかもあるから、もう、普通に、英国調をイメージしていただければ、そう外れてません。

紅茶は、あたりまえだけど香りがよろしくて、とても爽やかな気分になります。
最低でも500円以上するけど、3杯分はいけるんで、(ラストはポットのための1杯?)、それ考えると安いですね。
ミルクティを注文すると、最初の1杯をストレートで、2杯目からミルクを入れて、といった楽しみかたができるんで、僕はもっぱらそのやりかたです。

西洋茶館

西洋茶館


婦女子さん同伴ならケーキ注文するところだと、こんときは一人だったんで、さすがに注文する勇気もなく、店の外に出してあるショーウインドウをパチリ☆

西洋茶館




で、紅茶の専門店なのに、そこでジッポーを忘れた?
そう、ここは店内禁煙じゃないんです。
これ、他の人のことは知らないけど、僕にとっては、とてつもなくデカいアピールポイントとなっております☆






西洋茶館
大阪市北区天神橋4丁目6-14
tel. 06-6357-9780
10:00-22:00
無休
HP http://www.seiyosakan.com/
mapを見る


■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

この記事のコメント
はじめまして。

私も喫煙者なので、紅茶専門店で喫煙可なのは
嬉しいですね。

| さわら | 2011/01/29 12:06 AM |
この記事のコメント
>さわらさん

珍しいですよね☆
もうね、喫煙者にとっては、ノルマンディー上陸作戦における橋頭堡のようなお店です。
ぜひ、ごひいきに〜。

| ルイス | 2011/01/29 12:12 AM |
この記事のコメント
ここ行ったことある(仕事だけど)
あーたには不釣り合いな店なんだけど(失礼っ)
男一人で入れないよー

おいらも、たった1個だけジッポー持ってた
どこかにあるはず、さがしてみよ




| saito | 2011/01/29 12:32 AM |
この記事のコメント
>saitoさん

ふふふ。オレはほぼ毎回一人で行き続けて、もう18年になりますぜ。
むかしね、ここでよく原稿書いてたの。

| ルイス | 2011/01/29 12:45 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/595
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.