大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 天満宮の表門前に能舞台があるのを、ご存知ですか? | main | 組織化された職能集団としての『造幣局』を訪ねて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


兄ちゃんの店のことなど



新地に「兄ちゃんの店」という名前の店がありましてな。ビルの4階にあって、エレベータがないので、階段で上らんとあかんのですよ。
なので、4階まであがったけど閉まってた!なんて悲惨なことにならんように、ビルの外から見えるよう、窓から提灯がさげてあります。提灯に灯がついてたら営業中、灯が消えてたら店仕舞い。
カウンターにイスが5つか6つだけの狭い店でね。メニューは、餃子だけです。あ、餃子以外に、マカロニサラダがあります。
だから、店に入ると、30個!とか50個!とか、焼いてもらう餃子の数だけ注文して、あとは、ほしかったら、マカロニサラダの入った小鉢が置いてあるので、それを勝手にとるだけ。
おっちゃんがひとりでやってる小さな店です。ときどき、中国人留学生の学生さんがバイトでいたりいなかったりします。しょぼいビルの4階でひっそりと営業してるんで、あんまり知られてないんですが、南○や天○など、大阪では有名どころの餃子専門店のオヤジは、この店の兄ちゃんに育てられたりもしてます。

えーっと、この店のことを書きたいのでは、ないのでした。

この店は、新地のクラブのホステスさん御用達の店でして、クラブがはねたあと、ここに来てグチをこぼしたりホッコリしたりしているホステスさんは、たくさんいます。
そんな店だから、新地中の情報が集まってきていて、ホステスさんの移籍話やら新店オープンの情報やら、とあるお店の経済状況やらトラブルやら、この店にいてると、いろいろ耳にすることができます。
関西料理界のドンを自称してる神○川のオヤジがどこでなんの悪さをしたとか、ぜーんぶ筒抜け(笑)

えーっと、この店のことを書きたいのでは、ないのでした。

オレは水商売で働く婦女子さんが大好きでしてね。
なんだかんだいって男社会のなかでね、頑張ってる婦女子さんが、大好きなんですよ。水商売の婦女子さんは、オンナを武器にしてね、男を手玉にとってね、そうやって頑張ってる姿は、ある種、小気味よくて、好きです。

頑張ってね、目いっぱい構えて仕事してるけれども、やっぱ人間だから、どっかで甘えたくもなるだろうし、気も抜きたくなりますわな。
兄ちゃんの店に初めて連れていってくれたのは、仲よしだったクラブのママで、普段はかっこよく振る舞ってるんだけれども、仕事がはねてこの店でホッコリしてるときだけね、弱音を吐くんですよ。そういう時間、そういう風景が、オレは、とっても好きだったりします。

おなじホステスさんでも、クラブの、つまり、口座持ちのホステスさんは厳しい競争をやってますな。
んで、稼ぐホステスさんは、やっぱ、お客さんのことばっかり考えててね、ビックリするくらいに気配りしてます。そのあたり、どの商売でもおんなじだなあ、と思いますね。お客さんからお金を引っ張ることばっかり考えてるホステスさんは、やっぱ、どっかでつぶれていきますね。
だから、真っ当なホステスさんって、お客さんの悪口とかグチとか滅多に言わないけれども、それでもね、ふと気が緩んだ瞬間、兄ちゃんの店でホッコリしているとき、なにかの拍子にね、あのお客さんがね、なんてことを、口にします。
それはねえ、もう、人間だから仕方がないよ、ってレベルでね、ときどき、恨み節めいたことを口にします。そういう瞬間がね、その人の素が見えた気がして、オレは、とっても好きだったりします。

オレは、自分がマイノリティだという自覚があるので、やっぱりね、この世のなかではどこまでいっても少数派でしかないホステスさんたちには、同志的な思いがあります。

惚れた腫れたの世界でもあるし、そこを絡めて商売してるし、婦女子さんばっかりの職場だから、それ特有のものもありますな。
いじめとか、派閥とか…。

今はもう全然行かないけれども、20代のころは、そういう場所で、よく遊んでました。


こないだ、久しぶりに新地をウロウロしていたとき、行こうかなと思ったんだけど、見上げたら提灯の灯が入っていなかったので、ついてないなー、と。
でも、そんなことを思い出していたのでした。

また近いうちに覗いてみよ。




兄ちゃんの店
大阪市北区曽根崎新地1-6-2 福寿ビル4F
tel. 06-6341-0619
17:30-翌2:00
日祝休み
mapを見る


■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/594
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.