大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 関テレの壁面に巨大なハチエモンが出現しとります☆ | main | 西天満のトルコ料理店で水タバコを吸って、かつてパリで邂逅したベロニカのことを思い出していた >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


お疲れさん、寛平ちゃん。
寛平ちゃん ゴール


寛平ちゃんが、ついにアースマラソンを完遂させましたな。

2008年12月17日に大阪をスタートして、日本、太平洋、アメリカ大陸、大西洋、ユーラシアを走破。
走行距離40,000kmオーバーの大冒険が、ついに完結しましたな。766日。
人類初の偉業なのだとか。

途中、前立腺ガンを発症し、治療もし、盟友キヨシローの訃報に接し、映画にも出演し…、そして毎日毎日、来る日も来る日も。1日50km。

なんか、想像もつかないな。
僕は、彼が走ったほぼすべての場所に、若いころ、行ったことがあります。
きっと彼が走った道を僕も歩いただろうし、彼が見た風景を、僕もきっと見ています。
と、悦に入ってひとりごちることがまったくできないほど、想像がつきません。
どんだけの情熱と、どんだけの意思と、どんだけの体力と、どんだけの技量と、どんだけの夢を抱えていたのか。まったく、想像がつきません。

アースマラソンを走っているあいだに還暦を迎えた彼を見ていて、ああ、この年だからこそ、このチャレンジをする気になったんだろうし、チャレンジできたんだろうし、この年だからこそ、寛平ちゃんは、この偉業を達成することができるんだろうな、と、かろうじて、そんなことだけ想像することができました。

もちろん、年齢が年齢だから、純粋な体力は、ピークを過ぎて下り坂のはずです。
でも、体力って、気力や精神力と密接にリンクしてるでしょ。
低迷期も下積みもブレイクも経験して、生きてきたたしかな証みたいなものがほしくて、とんでもない情熱と意思が、体力をもっかい押し上げたんだと思いますわ。
だから、きっと、若いころだったらできなかったんじゃないかな、と、そんなことを思いながら、皆が繋いだ何本ものゴールテープを切る寛平ちゃんの姿を見ていたのでした。

大阪城まで出迎えにいこうとしたんだけれども、あんまりにも人が多すぎて、こりゃ近づくことすらできんな、と、断念。TVで見てました。

TVの演出は全然好感持てなかったけれども、ギャグ連発の芸人魂と、寛平ちゃんの人のよさがたくさん滲み出ていて、じーんと来たな。

お疲れさん、寛平ちゃん。





間寛平 アースマラソン 公式ブログ





■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/590
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.