大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 1.17、震災の日、誕生日に思う - 今年も邂逅を繰り返していく | main | 天満立ち飲みツアー note.010 - 「焼肉三味亭」 良心的価格だけど、滅法美味すぎて普段使いにはムリな焼肉屋さん! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


おおきに!梅ピカ
梅田ピカデリー

梅田ピカデリー

梅田ピカデリー  
1月16日、30年以上にわたって僕らに娯楽を提供してくれた梅田ピカデリーが、ひっそりと閉館しました。
たくさんの人がブログやtwitterにアップしたので、ひっそりと、というのは語弊があるかもしれないけれども、大千秋楽だというのに、なんのイベントも催されなかったので、やっぱ、ひっそりという表現が妥当かと。

むかしは、チケット売り場に人だかりができてたもんだけれども、今は、そういう風景を見ることもなく…、というか、ここにかぎらず、今は予約していくことも多いから、どの映画館も、行列ができるということがなくなりましたな。

いろいろとスペック関係を調べてみると、
松竹の関西地区のメーン館として昭和55年3月に開業。
10階建てビルに4スクリーン、計1918席。
昭和57年公開の米映画「E.T.」で約36万7,000人を動員。
今も伝説として語り継がれるのは、平成6年3月、SMAPの主演映画の舞台挨拶やそうです。前日夕方から詰めかけた徹夜組が、早朝には5、600mの大行列に。4スクリーンすべてを開放したんだとか。

そんな梅田ピカデリーも、15億円前後あった興行収入が近年は10億円を割り込んでいたというので、3割以上減は、やっぱ、キツいですね。

ピカデリーだけじゃない。梅田はもう、老舗の映画館は全滅ですね。ほとんどすべてがシネコンにとって代わられたんじゃないだろうか?

北野劇場、梅田東映も平成14年に大型シネコンになりました。
OS、OS名画座、三番街シネマも平成19年に閉館して、隣のシネコンに吸収されました。

梅田ピカデリーで映画は数えきれないくらい見ているはずなんだけれども、じつは、特に思い出がない。なんの映画を見たのかも、まーったく思い出せません(笑)

たしか、高校生くらいだったときに、ソフィー・マルソーのデビュー作「ラ・ブーム」をここで見て、その足でレコード屋さんに行って、ハート形のレコードを買ったような記憶が…(笑)

今後、松竹系の映画は、JR大阪駅にできるシネコン「大阪ステーションシティシネマ」で上映されるらしいです。
もっとも、松竹だ東映だといった配給会社を気にして映画を見る時代では、ないですけどね。


ちなみに、最後の日の上映は、以下の通り。

「最後の忠臣蔵」
「ウルトラマンゼロ The Movie 超決戦ベリアル銀河帝国」
「ゲゲゲの女房」
「ハリーポッターと死の秘宝 part.1」

梅田ピカデリー




梅田ピカデリー
大阪市北区太融寺町8-17 梅田松竹会館
mapを見る




■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/586
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.