大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 天神橋筋商店街で、堀川戎の宝船巡幸にバッタリ出くわす! | main | 扇町総高吹奏楽部「オーギーズ」の演奏には現状も未来も肯定する明るさがあるから、好き☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


一年でのこのときだけ賑わう堀川戎神社(笑)
堀川戎  


えべっさんの季節です。
9日からはじまってるし、天神橋筋商店街には堀川戎の宝船が安置されてるんで、9日から否が応でもムードが高まってます。否が応でも、ってことはないけど(笑)

なんにせよ、大阪の商売人は、えべっさんが終わらんことには正月ボケが抜けませんな。

今年も行った先は、昨年に引き続いて堀川戎です。
かつては西宮戎一本槍やったんですが、どこに行ってもいいんやということがわかってから、天満宮に行ったり堀川さんに行ったり…、ほいで今年は、堀川さんです。一応、一番近いんで。

まあ、でも、どこに行ってもいいというのは、七福神のなかで、えべっさんだけが日本古来の神さんやからです(ただし、異説はぎょーさんあるが…)。だから、どこに行ってもいてはるわけで。

大黒さんはシヴァ神の暗黒面を表すマハーカーラ、毘沙門さんはヒンドゥーの女神サラスバティー。
福禄寿さんと寿老人は道教出身、布袋さんにいたっては、唐代の実在の禅僧…、えべっさんだけが日本古来です。

ちなみに堀川戎のHPを見ると、
祭神は「蛭子大神」であり、欽明天皇の時代に「止美連吉雄」(tominomuraji-yoshio)という人が神託を受けて神玉を得、それを富島に祀ったのが最初やそうです…。
ということは、天満宮よりも古い神社ってことになりますな。少なくとも、江戸時代中ごろには十日戎が盛大に催されてたらしいです。

そのあたりのウンチクは、昨年のエントリーをご覧あれ。

「堀川戎はなんで貧乏えびすと呼ばれてるんやろか?」


というようなウンチクはともかくとして、ここはですね、普段は、それはそれはひっそりとしとります。
初詣のときですら、人影はまばら。
そこへ天満宮が数年前からえべっさんを復活させとりますから、ダイジョーブかいな?って心配もないことはないけれども、そんな心配をよそに、堀川さんはやっぱりこの時期だけは、えらいこと賑わいます。

堀川戎

堀川戎


いち時期、笹は堀川さんで手に入れて、縁起物は天満宮でつけてもらおか、なんてことも言われたけれども、さすがにそんな面倒なことはしてられんので、こっちへ来る人はこっちで済ませて帰ります。

堀川さんには、撫でると福がもらえる石像もいらっしゃるしねー。

堀川戎


福娘さんもベッピンさんやしねー。

堀川戎



ねぎって、ねぎったぶんはご祝儀で渡したり…、笹をもらったあとは福を落とさんように真っすぐご帰還…、そーゆー縁起だとかしきたりだとかはすっかり廃れてしまっているけれども、僕は、かたくなにその作法を守っております〜。





堀川戎神社
大阪市北区西天満5-4-17
tel. 06-6311-8626
HP http://www.horikawa-ebisu.or.jp/
十日戎:1/9-1/11
mapを見る





■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/581
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.