大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 大阪天満宮の南門天井にある十二支のモチーフのうち、「酉」は「鳳凰」になっている | main | ザ・シンフォニーホールに行く、もとい、拉致られる(笑) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


核シェルターチックで超モダンなお寺さん、堂島薬師堂
堂島方面は近頃滅多に行かないのですが、久しぶりに用事ができて、アバンサ堂島に行きました。

行けば、本屋好きのオレはジュンク堂にも行くわけですが、ここは広すぎて、なにがどこにあるのかわからん(笑)
僕が根城にしている紀伊国屋書店の梅田本店もたいがい広いですが、根城にしているだけあって、どこになにがあるのかほぼすべて把握してあるので、苦になりません。慣れない本屋さん、かつ広い本屋さんというのは、やっぱ行くもんではないですな。

それはさておき、アバンサ堂島を出て、ビルの裏にチャリを走らせていると、おもしろいものを見つけました。

なんか、むかしのサッカーボールみたいに多角形の矩形を貼り付けたドーム状の建物で、しかも全面鏡張り。

堂島薬師堂




近づいてみると、なんと! お寺さんなのでした。

堂島薬師堂



べつにひっそりと建っているわけではないので、この界隈を活動エリアにしている人たちにとっては見慣れたものなのかもしれないけれども、滅多に来ない僕にとっては、かーなりビックリ!なお寺さん☆

慌てて碑を見にいくと、堂島薬師堂ですか〜。

堂島薬師堂




核シェルターかと思いましたわ(笑)


そーいえば、まだ堂島が開拓される前から薬師堂があったという話は、聞いたことがあります。
そもそも、堂島の名も、ここにお堂があったから、というのが由来になっているという説もあります。
そのお堂がですね、開発やら再開発やらを経て、今、未来チックな意匠を纏って、この地に安住されているのですね。

調べてみたら、1400年前から、この薬師さんはいらっしゃるらしいですな。ということは、聖徳太子とか推古天皇とか、そういう時代じゃないですか。
その時代から管轄が変わっていないとすれば、法相宗か華厳宗ということになるのですが、そこに当たりをつけて調べてみたら、やっぱりそうで、法相宗の総本山である奈良の薬師寺さんを本山とするお寺さんなのでした。

法相宗というのはなかなかおもしろい考えかたをする教えでして、世界は普遍的にひとつだけあるのではなく、10人いれば10の世界があって、つまりは、人が認識している世界はすべて人がつくり出したものである、とする考えです。
人はみんな共通の世界に住んでいると思っているのだけれども、じつはそんなことは全然なくて、モノの見方、感じかたが千差万別であるように、人の数だけ世界があるのだ、と。
難しい言葉で「人人唯識」というのですが、これは、20世紀になって西洋哲学の世界でハイデッガーが示した「存在と時間」や「認識論」とピッタリ重なってくる考えかたですな。
三蔵法師がインドから持って帰ってきて、それが日本に伝わったモノの考えかたですわ。

ま、教義はともかくとして、ここに今、薬師さんがいらっしゃるわけです。
薬師さんは、手に薬壷を持っていることでもわかる通り、病気を治してくれる如来さんなのですが、病気が転じて、現世利益を期待する向きに人気のある如来さんです。死んでから天国に行けるとかはともかくとして、今、なんとかしてくれ!と願ってる人に人気のスターです。

堂島といえば長らく米相場の立ったところですから、ゼニ、ゼニ、ゼニ、の、それこそ唯物論の権化のような場所、今でいえばウォール街みたいなもんですから、薬師さんが人気者で、大切にされてきたことも、さもありなんです。


かつて、この地に毎日新聞社があったころ、戦後、毎日新聞社が増築した際に、敷地内に祀られていた薬師堂を敷地東向かいの社有地に移し、その後、堂島アバンサを建設するにあたり、奈良の薬師寺と地元の堂島薬師堂奉賛会からの要請もあって、元の場所に戻ったのだそうです。

そのとき、ミラーガラスを使ったドーム型のモダンなデザインのお堂に生まれ変わりました。ミラーガラス127枚を組み合わせた直径7メートルのドームです。

ここの薬師さんは、正式には薬師瑠璃光如来といいまして、瑠璃光を纏っているそうで、ならば、ということで、瑠璃光の意味するところの神々しい光というか、そういうものをイメージして、ミラーガラスのお堂になったんでしょう。
奈良にある新薬師寺のお堂にも、今ではステンドガラスが嵌め込まれてるし、そう突飛な発想だとも、僕は思いません。

日本における仏教は、一般的にイメージする宗教というよりも、民主主義や社会主義といった、世のなかのシステムを構築するためのものの考えかた、文明などが総体として伝わってきているので、お寺さんの伽藍等も、最新の建築技法や土木が導入されてきました。そうした技法も含めて仏教だったので、日本の仏教のお寺さんは、いつだってモダンだったはずだし、その伝でいくと、この核シェルターのような超モダンなお堂は、しっかりとその伝統を継承しているのだと、僕は思います。


そうそう、お堂の周辺は池になっていて、ちゃんと蓮もありました。さすが☆

堂島薬師堂








堂島薬師堂
大阪市北区堂島1-6-20

大阪市の北区をグルグル巡るブログのためのmap


■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/58
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.