大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 中之島の中央公会堂の贅を堪能する☆ | main | 大石内蔵助のお父さんのお墓が兎我野町にありました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


中之島中央公会堂の没案
 昨日のエントリーの続き。

中之島の二代目中央公会堂のデザイン決定に際しては、1912年(大正元年)に「大阪市公会堂指名設計競技」なるコンペが行なわれ、当時、第一線で活躍する17名の建築家が指名されて、そのうち、13案の応募があったのでした。
結果、最年少だった29歳の岡田信一郎氏の案が一等最優秀賞となり、辰野金吾・片岡安の両氏が実施設計を行ない、完成しとります。

では、残る12案、実際のところ、どんな案が応募されたのかというところは、なかなか気になるところです。
それがですね、年末のワンコイン見学会のときに、展示されていたのですよ。
線から漏れたものもちゃんと保管してあるって、すごいですね。これ、ちょっと感激しちゃいました。

以下、応募案を一挙公開☆

これが優勝した岡田信一郎案です。

中之島中央公会堂案


続いて2等の長野宇平治案。
両サイドの塔が聖堂チックですね。

中之島中央公会堂案


3等の矢橋賢吉案。
これまた両サイドに塔が…。

中之島中央公会堂案


片岡安案。
彼は実施設計にかかわってますが、ちゃんと応募作を出してはったんですね。

中之島中央公会堂案


古宇田実案。
これまた重厚壮麗です。

中之島中央公会堂案


大江新太郎案。
これだけを見ると風格があるけれども、他と並べると、軽快な印象を与えますね。

中之島中央公会堂案


大澤三之助案。
特賞案と似てるけれども、角張ってるぶん、少し冷たい印象があるかも。

中之島中央公会堂案


塚本靖案。
正面のデザインから、広大な印象を受けますね。

中之島中央公会堂案


中條精一郎案。
他の案よりも装飾が少なくて、すっきりした印象。

中之島中央公会堂案


伊東忠太案。
正面のデザインがすごいです。これくらい斬新だと、かなりイメージが変わりますね。

中之島中央公会堂案


武田五一案。
直線だらけだ(笑)どことなくドイツっぽい印象を受けるのは、僕だけ?(笑)

中之島中央公会堂案


宗兵蔵案。
んー、あんまり印象に残らない。。。

中之島中央公会堂案



田邊淳吉案。
正面がバッタの顔みたいに見えてしまって…。

中之島中央公会堂案




たぶん、コンペの仕様にあったんではないかと推測するのだけれども、どれもこれも西洋式の館としてデザインされてますね。そこにこそ、明治から大正にかけての気風を感じ取ることができます。

で、どれも力作ぞろいではあるけれども、こうして見ると、やっぱ、優勝した岡田信一郎案は頭ひとつ抜き出ていたように思います。結果論じゃなくて、僕がコンペの審査員だったとしても、岡田案を採用したと思います。





大阪市中央公会堂
大阪市北区中之島1-1-27
tel. 06-6208-2002(代)
HP http://osaka-chuokokaido.jp/
mapを見る



■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/572
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.