大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 年末夜警は楽しいぞっ! | main | 明けましておめでとうございます。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


ぷららてんま(天満市場)にて、年の瀬を感じる
年の瀬。
…という気がまったくしないのが大人のお約束だけれども、まあ、それでも、仕事も納めて、この時期、商店街をぷらぷら歩いてると(久しぶりにチャリに乗ってない。笑)、なんとなく、今年も閉じようかという気配を感じます。

特に、こんな風景を見ると、余計に。

ぷららてんま


さて、天満には天満市場というのがありまして、そのむかしは、天神橋筋商店街の東にワーッと香港の九龍(これも今はない…)よろしく迷路みたいにしてひろがっていたのだけれども、今は、ぷららてんまに8割方が収まってしまいました。
キレイになっちゃってね。それでも、どことなく市場の雰囲気は残っていて、僕は、スーパーよりも断然、こっち派です。

天満市場の歴史は古くて、前進は、大阪城築城当時から、大川沿いに集結した食材の集積場でした。大川北岸の天神橋と天満橋のあいだのところです。
乾物と米、青物、そして干魚の雑候場がありました。天満青物市場ですわ。戦前までは天神橋北詰の大川沿いにありました。
大川沿いの天神橋と天満橋のあいだに碑があって、そのことについては、過去に触れたことがあります。

「天満青物市場跡にある天満の子守唄 碑」


昭和初期に大阪市中央卸売市場に吸収されて、一部が残り、戦後、今の池田町に移ってきました。
昭和48年(1973年)には大火事があって、市場の大半が焼け、防災設備の不備やら建物の老朽化が表面化するんだけれども、といって新築するカネもなく…。

今のぷららてんまができたのが、平成17年(2005)年のことです。
第一種市街地再開発事業の都市計画として補助金が出ることになり、土地権利者による組合をつくったりして、なんとかかんとかリニューアルというか、ぷららてんまがオープンします。
建物の上が賃貸マンションで下が市場という、世にも珍しい建物のオープンですね。むっちゃ住みやすいと思いますけど(笑)

これを機に、それまでは卸売りが中心だった市場が、小売り中心にシフトしていきます。
その流れに乗れずに撤退したお店もたくさんあるけれども、流れに乗ったお店は、今でも繁盛してますね。
業務スーパーが入ってるのも、デカいです。

ほいで今、この時期にここに来ると、年の瀬らしい雰囲気が味わえます。

アンコウ、もちろんさばいてくれるけれども、一匹丸ごと売りですから(笑)7人分くらいあるらしいけど、ほんまに7人で食べきれるやろか?アンキモがエラいことになってます(笑)奥にあるのは、フグね。

ぷららてんま


大トロ〜。
例年、小売りやのに競りをやってる魚屋さんがあって、今年もきっと、大晦日の日には競りが見られるかも。

ぷららてんま


ずわいがに〜。
奥には、カラスミがあるじゃないですか!一腹10,000円也☆
高いのか安いのか、わからん(笑)

ぷららてんま


普段はこんなに混雑することはないけど、さすがに年の瀬はね。

ぷららてんま


カズノコ〜。塩抜きしてるのもあればしてないのもあるし、袋に入ってるのもあれば、袋を取り除いてくれてるのもあります〜。細かい注文には応えてくれないけれども、でも、あらかじめ各種用意されてるんで、あんまり注文つけることもない。

ぷららてんま


鮭、さばいてはります〜。

ぷららてんま


ぷららてんまの北側、外に出ると、むかしっからの市場が残ってます。
最近、このあたりでしか見かけることのなくなった豆屋さん。

ぷららてんま


というかんじ。
やっぱ、市場に行くと季節を感じるし、この時期は特に年の瀬を感じますな。

おまけ。
夜の堀川神社前。
もう、お正月の準備が着々と進んでました。

ぷららてんま




今年も、「大阪市の北区をグルグル巡るブログ」をご愛顧いただき、誠にありがとうございました。
来年も、またグルグルとチャリでまわりながら、見たもん聞いたもんをつらつらと書いていきます。
変わらぬご愛顧、よろしくお願いいたします。




ぷららてんま(天満市場)
大阪市北区池田町3
年末は12月31日まで、年始は1月5日から営業
mapを見る




■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/567
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.