大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 某国の秘密アジトに違いない妖しさいっぱいの…、天満の蕎麦屋 | main | 梅田のスノーマン・ウォール・ライティングは12月23日〜25日☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


救急ペットボトル、好評につき増刷です。まだの人はゼヒ☆
 


今年の9月に救急ペットボトルをつくりました。

主に独居老人の方が、異変が起きて自ら救急車を要請したとき、救急隊員が迅速に救命活動を行えるよう、持病やかかりつけの病院等について記したカードを用意しておこう、というものです。
もっとも、独居老人だけを対象にしているわけではなくて、若い人でも家族で住んでいる人でも、誰でもが救急車を要請しなければならない可能性はあるわけなので、もちろん、誰でもオッケーです。

自宅で具合が悪くなったとき、必要な情報を救急隊員に伝えるのは、大変困難です。そこで、必要な情報を情報カードに記入することによって、本人の状態に適した医療機関への搬送など、適切な救急活動をスムーズに行うためのものです。

救急情報カード 表

救急情報カード 裏

詳しくは、リリース時のエントリーをご覧あれ。

「救急ペットボトルをつくりました。万が一のときに備えて、ご利用ください。」

大阪市北区社会福祉協議会に行けばもらえるんですが、北区以外でも使えます。独居老人だけじゃなく、若い人も家族で住んでる人も、誰でも使えます。僕も、北区の外に住んでる親類関係全員に配りました。

これが好評で、当初10,000セットつくったんですが、すでになくなってしまったとのことです。
で、先日、追加をいただいた次第。

北区内の人口が約108,000人だから、メインの対象となる独居老人がどんだけいるのか知らないけど、わずか3ヶ月で、すでに人口の約1割に配布したことになります。

これね、僕はこうやってブログやらtwitterやらで紹介しているけれども、それ以外のメディアには、じつは載せていないのですね。
無料で配布してるんで、むやみやたらにバラまいても、捨てちゃうかもしれないし、そこらへんに転がったまんまでほったらかしにされるのが関の山。
なので、地域のキーになってる人たちに口コミで宣伝してもらったり、あるいはお年寄りが集まるイベントに持っていって、みんなでペットボトルを改造したりして、ピンポイントで確実に届くように、皆さん、工夫してはります。

大体、オジィやオバァ相手にネットなんてもってのほかだし、紙を撒いたところで、これまたなかなか見てくれません。
それよりも、頼りにしている人(地元のキーになってる人ですな)から聞かされると耳を傾けるし、みんなでペットボトルの改造をすることで、想いがこもっていきます。このプロセスって大切だなあ、と、見ていて思いましたです。
そうやって井戸端会議レベルで広げていくやりかたは、一見、効率が悪そうに見えて、そのじつ、ターゲット層を中心にひろがっていくので、こっちのほうが効果がありますな。リアルtwitterみたいなもんです。

そんなやりかたが功を奏してか、すでに人口の1割に浸透。
最終的には、たこ焼きのホットプレートみたいに、大阪のどの世帯にも当たり前のようにある!ってくらいになるのを目指して、今回、増刷です☆

準備してない、ほしいなあ、と、思われた方は、下記までゼヒ☆


救急ペットボトル
社会福祉法人 大阪市北区社会福祉協議会
大阪市北区神山町15-11
北区在宅サービスセンター いきいきネット
tel. 06-6313-5566(代)
fax. 06-6313-2921
mapを見る



■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/558
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.