大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< ソウルフラワー・ユニオン『キャンプ・パンゲア』を聴いている | main | 救急ペットボトル、好評につき増刷です。まだの人はゼヒ☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


某国の秘密アジトに違いない妖しさいっぱいの…、天満の蕎麦屋
滝川公園のすぐそばに、某国の秘密アジトか?ってな趣の店があるのですよ。
妖しくてね。
暖簾がかかってるし、「蕎麦」って書いてあるんで、まあ、蕎麦屋さんなんだろうけれども、そのまま鵜呑みにするわけにはいかない雰囲気があってですね…。だって、窓はないわ、表のドアなんて鉄板に鋲撃ちでっせ!
で、表にある看板は、電気に照らされて、「電氣蕎麦」と書かれてます。
で、入口の頭上にはライトが妖しく明滅してます。

電氣蕎麦

電氣蕎麦

電氣蕎麦って、なに?(笑) 電気じゃなくて、電氣だしね。

電気風呂とか、電気マッサージとかなら聞いたことあるけど、電氣蕎麦ってのは聞いたことがないぞ。
もうね、不思議すぎる!

というわけで、前々から気になってはいたんだけれども、このたび「大阪人」1月号にこのお店が紹介されていたんで、意を決して行ってきたのでした。

まーそれにしても、摩訶不思議なお店でしたな。

店内はね、こんなかんじ。

電氣蕎麦

蕎麦屋という趣はまったくなくて、むしろ、クラブ。
店長自作だというアナログシンセのハウスっぽい妙な電子音が流れていて、ビートがあるわけでもなければチルアウト系でもないという、音楽以前の音がね、めーっちゃ居心地悪いです(笑)

ほいで、この内装。四方八方、鋲が撃たれた鉄板に囲まれていて、潜水艦か!ってかんじ。息苦しいったらありゃしない!とはこのことです。。
まー、よくもまー、ここまでヘンテコリンにしたな、と。

蕎麦はですね、各種美味いですよ。まともです。というか、上等☆
これは、マグロの山かけ。店内が店内なんで、こんな色目になっちゃってるけど(色補正してこれだよ…)。

電氣蕎麦


でもなー、やっぱ息苦しい。
んで、音楽が乗れない。乗れない音楽って、キツいわ。
それとね、接客がね、僕とは相性がよくない。朴訥でつっけんどんで、それ自体は気にならないけど、なーんかね、相性よくないわ。




電氣蕎麦
大阪市北区天満3-5-1 アイアンドアイビル1F
tel 06-6809-5260
19:00-翌3:00 ※大晦日は朝5:00まで
mapを見る





■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/557
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.