大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 阪急百貨店のショー・ウィンドウはメガネ不要で見られる3D映像の「リサとガスパール」 | main | つけ麺じゃなくてラーメンを探して新規開拓 note.007「井岡亭」 - ボクシングの元世界チャンピオン井岡弘樹が天神橋に出店した店の味は… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


北区にも紅葉の名所があります
紅葉といえば、京都か奈良。少なくとも、北区に紅葉スポットはないよな、と、ずーっと思ってきました。
そう思っていた折、F女史から、大川沿いの桜並木が紅葉した風景はなかなか見応えあるよ、と聞いて、桜のオータム・リーブスはノーマークだったので、ちょっと行ってきました。

桜って、たしかに紅葉するし、仲秋の季語に「桜紅葉」があるのも知ってるけれども、でも、すぐに散るしなあ。歯が欠けた櫛みたいになるし、そんなキレイかな?と、ちょっとした疑念も抱えつつ、チャリをこいで行ってきたのでした。

場所は、天神橋から天満橋を抜けて、川崎橋あたりの一帯。造幣局の通り抜けを含む、桜の並木です。

天神橋の真ん中まで行って、川上に視線を向けたとき、息を飲みましたですね。
見事な桜紅葉。まさに、錦秋です。
いわゆる銀杏や紅葉と違って、桜のそれは彩度が低くてくすんではいるけれども、そのぶん、侘び寂びも憂いもたっぷりに含んだ、心に沁みてくる静寂がにじり寄ってきます。橋の上から並木を眺望すると、枯山水のような趣をたたえた、一幅の絵です。

桜紅葉 大川

桜紅葉 大川

桜紅葉 大川


春に花が満開になって、花びらが散って川面を埋め尽くすとき、花筏となり、
晩秋には、桜紅葉。種類によっては、この時期に小さくて白い花を咲かせる寒桜もありますね。

桜というのは、人間が人間のために改良を重ねてきた、自然と人工が結節する極点のような存在だけれども、この時期、これほどの美をもたらしてくれるとは、知りませんでいた。
秋の楽しみが、ひとつ増えました。



そして、桜紅葉は、近寄ってみるとダメ。やはり落葉が早いせいもあってか、櫛の歯が欠けたようで、少しみすぼらしいかんじがします。
遠くから見て楽しむのが一番いい、なにやら芸能人のような(笑)

桜紅葉 大川


ただし、近寄ってみると、この、桜紅葉の絨毯を楽しむことができます。
この落ち葉を眺めているだけで、無心になれそうです。

桜紅葉 大川


中之島公会堂の桜紅葉は、見事なグラデーションを形成してました。
今年の京都の紅葉がそうだけれども、グラデーションになっている紅葉が、どうやら今年のトレンドみたい。
紅葉は気まぐれだから、毎年、読み切ることは難しいけれども、今年はどうやら、アタリの年みたいです。

桜紅葉 大川



この風景を教えてくれたF女史、ありがとう。
たからものが増えました☆





■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

この記事のコメント
 先週の日曜日にこの季節まっさかりの紅葉を見て写真を多く撮って来ました:(コレが紅葉狩りと言うそうですね?今回知りました。)いつもの"おもしろ写真"は少なく最後に1枚ですが、主に紅葉狩り写真ですが、多く撮ったんで厳選しました。「伊豆観光MAPと箱根の紅葉情報写真」「出かける前の地域猫:桃ちゃんにあいさつ」「修善寺 虹の郷 紅葉まつりのパンフ」「伊豆長岡の湯らっくす公園の足湯写真」「伊豆長岡在住の前カノのバツイチ子育て事情写真」「達磨山(だるまやま)高原レストハウスから撮った絶景な富士山写真」「虹の郷でも撮影された”メイちゃんの執事”と水嶋ヒロと榮倉奈々と佐藤健のサイン写真」「フラフープする幼女と「ローマの休日」でオードリー・ヘプバーンが手を入れた"真実の口”写真」「紅葉狩りの多くの写真」「日本に伝わった最初の蒸気機関車はペリーが黒船で持ってきた模型写真」「押し花作品展示中の写真」「虹の郷ロゴは味の素ロゴにそっくり」です。面白かったら幸いです。よかったら遊びに来て心を癒してご覧下さい。<m(__)m>  トラックバックをさせて戴きたく思っております。<m(__)m>

| 智太郎 | 2010/11/28 9:06 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/534
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.