大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 新梅田シティのドイツ・クリスマスマーケットは、きっと、ドイツのしょぼい田舎のそれよりも盛り上がってると思う | main | 北区にも紅葉の名所があります >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


阪急百貨店のショー・ウィンドウはメガネ不要で見られる3D映像の「リサとガスパール」
阪急百貨店のショー・ウィンドウ

阪急百貨店のショー・ウィンドウ


先日、阪神百貨店の凝ったショー・ウィンドウのことをエントリーして、この分野の専売特許だったはずの阪急百貨店はどうしたの?みたいなことを書きました。

そんときのエントリーは、こちら。

「阪神百貨店のショー・ウィンドウが北欧バージョンになってます☆」


が、しかーし、阪急百貨店もですな、改装中とはいえ、ちゃーんとやってたんですね。
1階の入口横に、ショー・ウィンドウができてました。

例年行なってきた「リサとガスパール」のウィンドウが、今年もお目見えしてました。
オペラ座の怪人を彷彿とさせる舞台設定なんだけれども、白眉なのは、3D映像が仕込まれているところですな。
真ん中にモニターがあって、裸眼でもチャーンと立体的に見える映像が、そこには映し出されています。
専用メガネとか、要りません。

トランプやらギフトボックスやらが、箱から飛び出してくるという、3D映像ならではの仕掛けが楽しめます。

じつは僕は右目が斜視でイカレてるんで、3D映像というのは、ちゃんと見えないのですね。これから主流になるのかどうか知らないけれども、とりあえずは、僕にとってはまったく関係ない技術が、この、3D映像です。
でも、この、専用メガネ不要の3D映像って、そういう僕でもちゃんと立体的に見えますね。なんでだか知らないけども。

この、メガネがなくても見られるモニターで3D映像を映すという技術が、阪急百貨店のショー・ウィンドウのようなオープンスペースで展開されるのは、初めてなんだそうです。

こういうのは、もっとひろがればいいと思いますな。

ちなみに、阪急百貨店の2階にも、この装置があるそうです。
「リサとガスパール」の絵本展示も2階でやってます。
絵本展示は11/23-11/30、3D映像の展示は12/23までやってます。




阪急百貨店のショー・ウィンドウ
大阪市北区角田町8-7
HP http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/
mapを見る




■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

この記事のコメント
こんばんは。
すみません、ちょっと聞いてもいいですか?
絵本原画展は展示の部分が多いですか?
秋田にいるので、交通とかちょっと心配です。
それで、折角に行けば、がっかりしたくないです。

(台湾からの留学生なので、日本語はまだまだです、すみません。)

| ララ | 2010/11/25 8:45 PM |
この記事のコメント
> ララさん

オリジナル描きおろし原画をはじめとする約50点の原画が展示されてます。
これが多いのか少ないのかは…、主観の問題だと思いますので、お答えしかねます。

こちらのページをご覧頂くか、
http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/event/index.html#e101124_1

阪急百貨店に直接ご連絡いただいて詳細をお聞きになるのがいいかと思います。

あんまりお役に立てなくてすいません。

| ルイス | 2010/11/25 9:27 PM |
この記事のコメント
教えてくれてどうもありがおうございました。

| ララ | 2010/11/27 12:52 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/533
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.