大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< ディアモールで行なわれている次世代デジタル・サイネージの実証実験で、次世代のすごいのを体験☆ | main | 修験道のメッカ、吉野の金峯山寺で紅葉と秘仏を満喫する >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


大阪富国生命ビルが竣工。新ビルの形状は「音楽的」だと感じた
富国生命ビル 

富国生命ビルが竣工してますね。

すでに、ゴリモンさんが詳しい記事をエントリーしてはります。

ゴリモンな日々「大阪富国生命ビルが竣工」


建て替え前のビルが1964年竣工なので、半世紀ぶりに、この地に新しいビルが建つわけです。
以前のビルは、それこそレトロ感満載で、しかも中が迷路みたいになっていたので、よく迷ったもんです。なんかタイムスリップしたみたいなかんじになって、狐につままれたみたいな、摩訶不思議な感覚に襲われたもんです。

そっから、旧ビルが取り壊され、ついに新ビルも竣工です。
このエリアでは、阪急のオフィスタワーについでの竣工。風景が一変しましたですね。
なんといっても、旧ビルが平べったかったのに比して、今度のは地下4階、地上28階、高さ133mの巨大タワーです。阪急オフィスタワーと並んで、ツインタワーの登場! なんか、えらいことになってきました。

昨年の5月、このブログをはじめたばっかりのころは、まだ工事のまっただ中で、ブルーシートがかぶってました。

そんときのエントリーは、こちら。

「建築中の大阪富国生命ビルがパンチラ!」

パンチラって言葉を使ったおかげで、そっち系からのアクセスが激増したという、苦笑せざるを得ない思い出があるエントリーです(笑)


新ビルは、フランスの建築家ドミニク・ペローさんがデザイン。全面ガラス張りは珍しくないけれども、下層部の窓がモザイク状というか、凸凹とエンボスがつくようにはめ込まれていて、動きがあるというか、建物そのものが音楽でも奏でているような、非常にユニークなデザインです。
建築家によると、大樹をイメージしてるらしいのですが、個人的には、非常に音楽的だと感じました。

富国生命ビル

富国生命ビル

富国生命ビル


オフィスや商業施設だけでなく、大阪大学の産学連携活動支援施設や京都造形美大、立命館大学のサテライトも入居します。
現在工事中の北ヤードも似たようなテナントが入るし、今後数年、キタには研究機関がたくさん集まってきますね。すでにあちこちで商業用に組み込まれたロボットの実証実験なんかもはじまってるし、キタは最先端技術の実験場になるかもしれませんな。そうなると、ちょっと楽しみ☆

ガラス張りなので、中が透けて見えてます。
すごい吹き抜けですね。

富国生命ビル

12月あたりから徐々にオープンさせていくと聞いてるんですが、全館がオープンするのはいつなのか、そしてフリーの展望フロアはあるのか、そのあたりが非常に気になる(笑)

どういうお店が入るのかはわかんないけど、とりあえず、お好み焼きの「ゆかり」さんは入る、と。

富国生命ビル

建て替え前のときのお店の売り上げを人づてに聞いたことがあるけれども、この店は、ドル箱です!新ビル入居になって、果たしてドル箱路線が続くのかどうか、これまた要注目☆

なんにしても、グランドオープンが待ち遠しいですな☆




大阪富国生命ビル
大阪市北区小松原町2-4
mapを見る





■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/527
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.