大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< データで見る北区の交通事故状況(自転車も) | main | 大阪富国生命ビルが竣工。新ビルの形状は「音楽的」だと感じた >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


ディアモールで行なわれている次世代デジタル・サイネージの実証実験で、次世代のすごいのを体験☆
大阪市の次世代ロボット産業創出拠点「ロボットラボラトリー」と大阪市がタッグを組んで、11月11日〜11月17日までの1週間、梅田のディアモールで、ロボット技術を活用した商業施設向け製品の実証実験を行なっていると聞いたので、行ってきました。

次世代のデジタル・サイネージ関係の実験製品が9社から出品されていて、なかなかおもしろかったです。

出色の出来は、この人型ロボットサイネージ。

次世代のデジタル・サイネージ関係の実験製品

ダンボールでボディをつくって、顔認証機能を組み込んだメカを搭載しています。
この人のまえに立つと、センサーが働いて、顔認証機能が作動するのですね。で、性別やら年齢やらを割りだだして、その人にマッチした情報をモニターで見せてくれたり、音声で案内してくれたりするわけです。ちなみに、自走はしないけれども、手や首を動かしてくれて、なかなか色っぽい(笑)というか、モロに松本零士テイストが入ってるのはなぜ?(笑)
ボディをダンボールにしてあるのは、安い、軽い、加工がしやすい、と、さまざまに利点があるからですと。なるほどね。

お次は、こんなの。

次世代のデジタル・サイネージ関係の実験製品

これまた顔認証をしてくれるんですが、その先、顔認証で割り出した性別や年齢から、それにマッチした服をコーディネイトしてくれて、実際に、モニター上で試着したかんじで映すことができるというものです。写真だとわかりにくいかもしれないけれども、この写真では、実際に、僕が映っている上から試着の服が被せられています。服は商品の数だけ用意できるだろうから、このモニターで何着も試着して見比べる、ということが可能になります。

これも、同機能を搭載したものです。小型版。

次世代のデジタル・サイネージ関係の実験製品



これは、手前の白いボードがセンサーになっているパネルです。

次世代のデジタル・サイネージ関係の実験製品

正面のスクリーンに映し出されているのは、デジタルカタログで、実際に本をめくるみたいにしてページをめくっていくような仕掛けがしてあるんですが、その動作を、手前の白いセンサーボードの上で行ないます。
ただし、タッチパネルではなくて、ボード上の空中で、ページをめくる動作をします。つまり、非接触型のセンサーです。非接触型の利点は、汚れに敏感な人にとってはこちらのほうが安心だろうし、あとは手に麻痺があるような人にとっては、そのほうが便利だと。
こうやって、入力の種類が増えていくのは、いいことですね。



こちらは、逆に、タッチパネル式のボード。

次世代のデジタル・サイネージ関係の実験製品

ただし、モニターにタッチするのではなくて、モニターの下に据えられたボードにタッチして、モニターに映っているコンテンツを動かしていきます。
モニターが汚れるのを防ぐためと、巨大なモニターをタッチパネルにしてしまうと、手が届かないところが出てきたりするので、こういう入力方法が開発された、と。



これは、今、徐々に導入されつつあるデジタル・サイネージの大型パネルですが、特徴的なのは、このパネルの上部に顔認証機能が仕込まれていて、パネルのまえに立つと、その人にマッチしたコンテンツや情報が流れてくる、というものです。

次世代のデジタル・サイネージ関係の実験製品

大型スクリーンのデジタル・サイネージは、価格が下がってきているので、今後、有効なコンテンツが見つかれば、一番早く普及していきそうな気がします。



とまあ、こんなかんじで、いろいろと最新のデジタル・サイネージ関係の実験製品が、ディアモールのファッショナブルストリートに、ずらずらっと並べられていて、今だと、体験できます。体験すると、いいかんじの卓上カレンダーももらえますわ。

特徴的だったのは、顔認証機能を組み込んだ製品の開発がトレンドになってきていることかな。
顔認証機能の精度が上がってきているのと、こうした広告や案内として使うのなら、ある程度の誤差は許容範囲内だとして、ゴーサインが出ているとのことです。





次世代ロボット技術を活用した商業施設向け製品の実証実験
11月11日(木)-17日(水)11:00-19:00 開催
会場:ディアモール大阪 ファッショナブルストリート
ディアモール大阪 HP http://www.diamor.jp/


■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/526
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.