大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 福祉関係のイベントなので、もちょっと正しい雰囲気のなかで行なわれるのかなと思ったら、僕にも全然オープンだった「ふれあいフェスタ」 | main | 右から見るか、左から見るか…。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


永遠と一瞬は両想い
               

京都は山科あたりへ仕事で行ったので、これ幸いとばかりに、お寺さんに立ち寄ってきました。
山科から醍醐にかけては大ゴマのお寺さんがそろいまくってる黄金地帯なのですが、ちと遠くて、なかなか行けてません。
なので、ちょっとの隙をついて、今回、ひとつだけ行ってきました〜。

行ったのは、随心院門跡


梅園が有名、ということ以外にはなーんも知らずに行ったんですが、ここは小野小町さんが晩年を過ごしたお寺さんなのでした。
醍醐の山の麓にある山寺なのに、ものすごく広くて、どことなく御所に似ていて、格調の高さを思わせます。門跡というのは、皇室出身者が出家し、構えたお寺さんのことですから、格調が高いのもさもありなんなのですが。
ただし、小野小町さん自体は皇室の人ではなくて、貴族出の宮使い。仁名天皇の寵愛を一身に受けた人ですから、扱いとしては、皇室の人間同様だったのでしょう。

で、小野小町さんから連想するんですが、ここはね、小さな御所といった趣があります。
参道が広々としているところも御所を連想させるし、景色がね、計算されまくってますわ。いち山寺でね、こんなにも広々とした参道を持っているお寺さんって、なかなかないですよ。

10個近い堂宇があるので、そのぶん、やはり山門が10個近くあります。
で、山門によって切り取られた風景がね、ことごとく美しくて、どれもこれも、一幅の絵のようです。

醍醐の山を借景にしたり、構図のなかに収まるように松を植えてあったり…、とにかく、これでもかというくらいに計算され尽くしています。

苔むした庭も立派だし、梅園があり、襖絵は三十六歌仙が描かれ…、お寺さんというよりも、名勝庭園のような趣です。

小町さんに思いを寄せる深草少将から寄せられた手紙が埋められているという、千束の文塚。
小町さんがこの水を使って毎日メイクしたという、化粧の井戸。
深草少々の百夜通いの折、小町さんがカヤの実を糸に綴って数をとり、あとにその実をこの地に撒いたものが育ったといわれる、カシの大木。
多くの人たちの手紙を下張りに使ってつくられたという、文張地蔵尊菩薩。

ここは、婦女子さんが喜びそうなアイテムが満載です(笑)
あまりに艶っぽいお寺さんで、お寺さんには似つかわしくない縁起が満載です。

そういうことを思いながら、山門に切り取られた風景を、しばらく眺めていました。

山門に囲まれた四角を額縁に見立てて、その額縁に切り取られた風景を見せるのだから、これは、計算されまくっているわけです。この景色を見よ、と、あたかも写生された一幅の絵であるかのように、そこに飾られているようですら、あります。

その風景を見ていると、僕は、いつも、アンドリュー・ワイエスを思い出します。
彼の描く風景画は、どれもセンチメンタルが溢れていて、そのことを指して、彼は、
私の絵を見てセンチメンタルだと感じる人がいたとすれば、それは、私が、この美しい風景がいつかなくなってしまうことを知りつつも、なくなってくれるな!と思って、描いているからだ、というようなことを言っています。

そのことをね、いつも思い出すんですよ。
ましてや、随心院の山門に切り取られたものは、絵ではなくて、風景。
変わっていくもの、移ろいゆくものでもあります。
風景は移ろい、作庭者が当初考えたものとは、変わっていきます。そしてもちろん、そのことの虚しさ、自分ですべてをコントロール出来ないことの虚しさを、作庭者は、知っています。
知りつつ、それでも、借景を取り入れてしまうのは、なんなんでしょうね? 業なのかな?

ひとときとしておなじ表情を見せない風景を切り取り、かつ、切り取ることでそこに永遠を見いだそうとする作庭者の、自身ではコントロール出来ない、何者かに委ねたその姿勢の潔さがね、僕は好きだったりもします。潔さ、というよりも、儚さ、なのかな。

一瞬と永遠がね、同居しています。
山門に切り取られた風景を眺めていると、いつも、そういうことを思ってしまいます。
ここ、随心院門跡は、そういうことを感じさせてくれる山門が、たくさんあります。


庫裡の入口です。松の姿勢のよさに惚れ惚れしてましたが、屋根の上の櫓もいいかんじです。

随心院門跡


塔頭のひとつ、大乗院の山門。端正です。

随心院門跡


本堂の大玄関から山門を見た図。山門に切り取られた風景が絵のようです。

随心院門跡


山門に切り取られた得ような風景をアップで。

随心院門跡


中庭です。苔が立派なんですが、今年の夏の暑さで元気をなくしていたのが惜しいです。

随心院門跡


本堂と薬医院のあいだにある庭です。手前が本堂。

随心院門跡


入母屋式が見事です。

随心院門跡


薬医院の山門から見た梅園です。これもまた一幅の絵のようで。つつじがいいです。

随心院門跡


本堂です。仏壇正面は、文張地蔵尊像、左が卒塔婆小町像です。

随心院門跡


三十六歌仙がすべて描かれた襖絵。

随心院門跡


こういうのも、定番だけれども絵になりますね。

随心院門跡


梅園横の参道です。御所のように、広々としています。

随心院門跡


梅園から大玄関を臨みます。背後の山は、醍醐山。

随心院門跡


大乗院の山門に切り取られた風景。これまた一幅の絵ですね。

随心院門跡


総門へ至る参道。ここも絵になりますね。

随心院門跡


こういう参道をくねくね歩いて、寺域を進んでいきます。

随心院門跡


薬医院の山門から本堂、その後ろに醍醐山。

随心院門跡




これからの季節、紅葉があるのかないのかは知らないけれども、市中からは離れているし、あんまり人が来ないので、静かでいいお寺さんです。




随心院門跡
京都市山科区小野御霊町35
HP http://www.zuishinin.or.jp/

mapを見る




■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/522
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.