大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 第21回北天満サイエンスカフェは、水とアルコールの不思議な混ざりかた | main | 永遠と一瞬は両想い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


福祉関係のイベントなので、もちょっと正しい雰囲気のなかで行なわれるのかなと思ったら、僕にも全然オープンだった「ふれあいフェスタ」
ふれあいフェスタ   

先週末はイベントラッシュで大忙しだったのだけれども、そんななか、一番ほっこりしたのが、北区の福祉協議会が主催した「ふれあいフェスタ」なのでした。
11月6日の朝から、北区民センターと、その前の広場を使ってのお祭り。
バザーと作品展示、ワークショップなんかが行なわれていて、まあ、なんということはないです。商売っけはもちろんないし、手づくりのローファイだし、業者が入っているわけではないから、雑然としてるんですね。イベントの完成度だけを取り上げてみたら、低いかもしれない。
でも、子どもがたくさんいて、身体の不自由な人もたくさんいて、オジィやオバァもたくさんいて、そういう人が主役のイベントで、んで、みんな元気なんですよね。いい顔してるんだ、これが。

僕は福祉関係のことなんてほとんどわからない人間だけれども、外から見ていると、なんかローファイだし、閉じられたような空気を感じることが多かったので、あんまり近寄らなかったのですね。
でも、ここのは違ったな。すんごくオープンな雰囲気があって、しかもそこらへんのイベントよりも元気な顔した人が多くて、なんだか疲れが吹っ飛びました。

最近は福祉関係の人と仕事で絡むことがちょこちょこあるんだけれども、現場は、思っている以上に明るいですね。明るいだけじゃなくて、ムリに一生懸命なかんじもなくて、適度にゆるい雰囲気もあって、いいかんじです。
でも、頭はかなり使ってる。
雰囲気がオープンなものになるように、とか、難しい課題に、現場の人は、かなり智恵を突っ込んでますね。でないと、僕みたいなヤサグレたのが、ここまでリラックスして過ごせるはずがないです。

これは実際に石炭を焚いて走らせているミニSL。

ふれあいフェスタ


バザーでサンマの蒲焼き缶ゲットん!
商社が参加してるんで、こーゆーのもなんぼでもありました。

ふれあいフェスタ


このへんは障害者の人たちがやってるワークショップ。これは「さをり織り」の体験です。
ニットをやってる相方さんによると、糸のセットさえしてあれば簡単に織れるけれども、糸のセットは大変だと。そのセッティングは、障害者の人たちがやってはりました。

ふれあいフェスタ


これが、個人的にはヒット☆ おもちゃの病院です。
もうね、修理のプロみたいな人がいるんですよ。どういうネットワークで呼んでるのか知らないけれども、こういう人をスタンバイさせて、ちょっとした電子オモチャもなおしちゃいます。大けがしてるのは入院させて預かるんだけど、どっちにしても費用は実費だけ。ちょっとした故障なら、実費も不要。これはですねえ、見ていて全然飽きないですからっ!

ふれあいフェスタ


とまあ、ちょっとピックアップしただけでオモロそうなものがいろいろあって、他のイベントでは見れないようなものがたくさん楽しめますわ。
福祉関係は、今まではつかず離れずで接してきて、これからは少しずつ接近していこうと思ってるんですが、思っている以上に頭を使っただろう工夫の跡がたくさんあって、望外の収穫が毎回あります。



北区ふれあいフェスタ2010
主催:大阪市北区社会福祉協議会
11月6日 10:30-15:00
北区民ホール




■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/521
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.