大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 中津公園にて、舞台「女の一生」に思いを巡らせる | main | 親子丼ごときは、ごちゃごちゃと能書きなしの妙な創意工夫なしの普通に安心して食べたいので、「三晴」に行く >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


明治22年、大阪市誕生。でもわりとドタバタしてたみたい
市制・町村制により大阪市が成立したのは、明治22年4月1日。
でも、市制特例で、大阪市の場合は、府市一体として誕生します。なので、府知事が市長を兼務してました。そのせいで、大阪市役所は、府庁内に置かれていたのですね。…なんか、今の橋下知事が目指しているのと似たようなかんじですな。。。

つまるところ、大阪府が大阪市政を代行していたわけです。西区の江之子島の府庁内に仮住まいです
当時、なんでか知らないのだけれども、この、概念上の市役所は「政府」と呼ばれていたらしいです。江之子島政府。

府にしろ市にしろ、なんだった江之子島みたいな中心から外れた場所に行政の中心地が置かれていたのかというと、木津川を挟んだ対岸に、川口があったからです。
川口は、幕末に日本が開国した際に、大阪の港として最初に指定されたところで、外国人居留地もつくられたことから、ここが、大阪におけるける文明開化の地ということになり、行政機能も、ここに置かれることになった、と。
もっとも、川口の港は上流からの土砂によって船がすぐに座礁するという欠陥を抱えていたので、外国船はすぐに大阪から神戸に拠点を移してますがww
一応、名残としては、川口教会がありますな。阪神大震災のときに損傷し、復旧して注目を浴びたところです。

さて、そんなふうにしてはじまった大阪市政だけれども、一人前の自治体となったのは、明治31年で、それを機に、翌年、庁舎も独立します。庁舎独立は明治32年。府庁舎の隣に、木造2階建ての建物を建てて移転します。

その後、市庁舎は堂島浜に新庁舎を建設してそちらに移転するんですが、これが明治45年のこと。でも、古い写真を見てみると、どうやらここは仮住まいだったよう。木造やしね。

大阪市堂島庁舎跡


事実、中之島の現在の庁舎が大正10年に完成して、そっちに移ってますから、堂島浜のこの場所は、10年間しかいなかったことになります。

ちょっとまとめてみると、

1889年(明治22年) 市制・町村制と市制特例により、府政一体としての大阪市が誕生する。初代市庁舎、江之子島の府庁舎内に設置される。
1898年(明治31年) 大阪市として府から独立。
1899年(明治32年) 府庁舎の隣に自前の市庁舎(初代)を建設、移転。
1912年(明治45年) 堂島浜に2代目市庁舎を建設、移転。
1921年(大正10年) 中之島に現在の第3代目市庁舎を建設、移転。

現在でも偉容を誇る3代目庁舎は大正10年からこっち、長きにわたってつかっているわけですが、この地にやってくるまでは、10年単位で移転していて、流浪の旅を続けていたようです。
市制特例のせいで、スタートからしばらくは、ドタバタしていたんでしょうな。

ということで、堂島浜、現在のNTTテレパークの敷地に、第2代目庁舎の堂島庁舎跡碑が建ってます。
わずか10年ではあったけれども、ここに市行政の中心が置かれていた証です。ちなみに時代は名市長の誉れ高い関市長が大阪市政にかかわる直前のことです。

大阪市堂島庁舎跡

大阪市堂島庁舎跡




大阪市役所堂島庁舎 跡
大阪市北区堂島3-1-59 NTTテレパーク敷地内
mapを見る



■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/508
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.