大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< メビック扇町の「クリエイターズファイル」で紹介されました | main | つけ麺じゃなくてラーメンを探して新規開拓 note.004 「天下一品 東梅田店」 - もちろん、スープはこってりで。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


交通安全週間につき自転車関係でいろいろやったんで、ついでに最近の取り組みを紹介します
何度かtwitterで告知しておいたんで警戒していた人も多いかと思いますが(笑)、9月28日と29日の2日間、北新地と芝田〜茶屋町にかけて、初めての夜間の放置自転車撲滅キャンペーンが行われました。

通常、このキャンペーンは昼間に実施します。
行政の職員さんや地元企業の方々、そして地域の人たちが集まって、放置自転車に警告タグをつけたり、マナーアップを呼びかけるチラシやグッズを配ったりします。


僕が大阪市北区の駐輪場map携帯サイト「YesPa!」をつくろうと思い立った直接の動機は、ふとしたことがきっかけで、このキャンペーンに参加したことに、端を発します。

あ、「YesPa!」は、下のQRコードから読み込んでくださいね。



iPhoneやらPCからは、こっちのmapを。


僕自身もヘビーなチャリユーザーだし、駐輪場がなくて仕方なしに放置禁止区域にチャリを置いて、挙げ句の果てに何度もチャリを撤去されたりしてるんで、そりゃハラワタが煮えくり返る思いも、何度もしてます。

撤去されるとどーなるのか?その顛末は、過去にエントリーしました。

「梅田周辺の放置自転車の撤去と取り戻しの現状(あくまでシュミレーションと言い張る編)」


そんな僕が、どーいうわけか、取り締まる側について、キャンペーンに参加しているわけです。
サル以下の遵法意識しか持ってない人間がこんなもんに参加して、しかもチャリユーザーからは「売国奴!」と後ろ指を指されですな、やってるわけですよ(笑)

そんなわけで最初は、仕事だし〜、と、いやいややってたんですが、参加するうちにいろんなことが見えてきて、今は積極的に参加してます。

キャンペーンに参加しているのは、所轄の警察署を含めた行政の方たち、CSR(=Corporate Social Responsibility)に理解を示して積極的に取り組んでくださる地元企業の方たち、そして、地元で生まれ育ち、今もそこで暮らしているオジィやオバァたちです。

こんなかんじですわ。

みんなで集まって…、

放置自転車問題

放置自転車に警告のタグをつけたり、

放置自転車問題

チラシやティッシュなどの啓発グッズを配布したり…

放置自転車問題


まあ、でも、憎まれ役ですね。
チャリユーザーからは撤去の片棒担いでることで憎まれ、地元住民からは、不法自転車をどーにかしてよ!と、文句ばっかり言われ、挙げ句の果てに、そんなことやってて効果あるの?と、白い目で見られたりもする。

それでも、地元企業の社員さんは本来業務ではないとはいえ給料もらってるなかで参加されてるし、行政の人たちは、それこそが本来業務です。
でも、オジィや オバァたちは、まったくの無償です。生まれ育った地元を愛し、少しでも住みよいまちにしたいと願うからこそ、無償で、ボランティアで、汗をかくことを厭い ません。そもそも、自分たちを育ててくれた土地のためになにかをするのに、お金をもらって、という発想がありません。しごく真っ当な感覚です。家のまえが 汚れてるから掃除しておこう、ついでに隣の家のまえの道も掃除しておこう、そういうことの延長でされている。

もう少し書いておくと、こういうことに参加する人というのは、いつでもおなじ人と相場が決まっていて、そういう人は、すでに福祉や防犯や防災なんかの役も、いくつもいくつも掛け持ちしてはります。
PTAの役をやる人がいつも決まっているのとおんなじで、こういうのは、引き受けてくれない人は絶対に引き受けないから、ひとつ引き受けると、どーしてもその人にいろんなお鉢が集中してまわってきます。

そのおかげで、なんやかんやと時間を割いて、誰かがやらなければならない役を、引き受けてらっしゃいます。そのすべてが、無償。報酬、ナシ。むしろ、持ち出し。名誉、ナシ。場合によっては、憎まれ役。頭が下がりますよ、本当に。

僕が、このキャンペーンにかかわり続けているのは、こんなオジィやオバァたちと触れ合うようになってから、まちへの見方が変わったからです。


おもしろいイベントがどーたら、人の流れがどーたら、まちのシンボルがどーたらこーたら、果てはスローライフだとかフェアトレードだとか、文化だとか伝統だとか、そりゃそういうのは楽しいし僕も嫌いじゃないけれども、でも僕は、そっちは、もういい。若い人たちが、四肢をいっぱいに伸ばして、無理も背伸びもして思いきりやってくれたほうが、全然うまくいくと思っています。

それよりも、モノ言わずして汗を流しているオジィやオバァたちに寄り添っていくのがね、僕にとっては楽しいのですよ。



それともうひとつ、この地域の放置自転車問題に取り組んでいて思うことは、取り締まる側とチャリユーザーが手を取り合って問題解決にあたるような仕組みが、ないことですね。

だから、地域にかかわりながらもヘビーなチャリユーザーである僕のような存在が、架け橋になるような役割を担っていけたらなあ、と、ちょっと思ったりもしています。

そのために、駐輪場mapサイトもつくった。
先日は、駐輪場の利用促進を呼びかけるチラシもつくりました。

こんなのです。

放置自転車問題

このチラシに書いた文言は、
「撤去されない - 駐輪場に停めておくと、撤去されません」
ですからね(笑)

撤去する側の行政名義で配布したチラシなのに、文言は、チャリユーザー目線してあるんです。この文言を許してくれた行政は、なかなか太っ腹だと思いますよ。


僕もこのブログで、チャリユーザー目線で放置自転車問題についていろいろと書いてきてますが、今回は、行政側、地元の人たちの取り組みを、ここで紹介しておきます。

放置自転車を問答無用で撤去しまくっている行政の姿勢に疑問を感じるのは、僕もわかります。
でも、路上に自転車を放置することによって、それを避けるためにコースを変えた車やチャリが事故を引き起こすこともあります。そのせいで死亡事故が発生したことも、あります。
また、車イスの方やお年寄りなど、歩行にある程度の困難を伴う人たちの進路を、放置自転車は確実に妨げます。

そうしたことを踏まえて、行政と警察署は、安全運転の教育を各地の学校やお年寄りを集めて途切れることなく行っているし、夜間走行のためのLEDライトを配布したり、盗難防止のディンプルキー付きのチェーンキーを無償で配ったりもしています。

これは、先週、扇町公園の入口で夜間走行のためのLEDライトを配布してるとこ。
たまたま通りかかったら、そのまま拉致されて、無理矢理キャンペーンに参加させられました(笑)

放置自転車問題


行政が予算をつけて、ラジオ番組のスポンサーになり、地域の活動されているオジィを出演させて語ってもらったこともありました。

そんときのエントリーは、こちら。

「梅田界隈で放置自転車問題に取り組んでいる地元のエラいさんが、ラジオに出て現状を語る」



これは、扇町のキッズプラザで行われた、マナーアップのキャンペーン。
扇町総合高校の生徒さんにも協力してもらいました。

放置自転車問題


他、お年寄りを対象にして、自転車運転の講習を実施したり…。

放置自転車問題


駐輪場の整備については、焼け石に水状態と揶揄されることもあるけれども、それでも、増えていってます。

今年の4月にもたくさんオープンして、そんときのエントリーは、こちら。

「梅田で30ヶ所、合計1,000台分の駐輪場がオープン!地元のオジィやオバァたちの活動が陽の目を見て本当によかったと思う件」



まだ計画段階で発表されていないけれども、梅田周辺は、今年度と来年度にかけて、かなりの数の駐輪場が整備される予定になってます。

駐輪場ができても、そこが満車状態なら、すぐ横に放置自転車の山ができちゃうし、駐輪場もできたらできたで、新たな問題が発生します。

放置自転車問題


かといって、駐輪場もない、行政が入り込めない場所だと、こんな状態にもなります。

放置自転車問題



まあ、なんにせよ、駐輪場問題を含めた放置自転車問題は、特効薬がないだけに、時間がかかるし、根気が必要ですわ。
なので、関係者全員がヒステリックにならずに、全員で手を携えて問題に向かっていけたらなあ、と、思っています。



そうそう、9月28日、29日には、北新地、茶屋町〜芝田で行われた、初の夜間の放置自転車撲滅キャンペーンは、こんなのでした。NHKが取材に来て、30日朝6:50のニュースで取り上げてもらいました。

放置自転車問題

放置自転車問題





いつもはチャリユーザーからの視点で書いてるんで、たまには、地元の方たちの取り組みや行政の取り組みについて紹介してみました。










■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/487
トラックバック
バイクハンド YC-501A チェーン式フリーホイール外し YC-501A |BIKE HAND(バイクハンド)
バイクハンド YC-501A チェーン式フリーホイール外し YC-501A この...

| ベストアンサー | 2010/10/03 10:35 AM |
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.