大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 中津1丁目の三叉路に鎮座する謎のお地蔵さん | main | 北消防署の裏手にあるヘンテコリンな建物は… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


毛馬閘門から、淀川の治水史を俯瞰する
メソポタミアやアレクサンドリアを引き合いに出すまでもなく、川のあるところに文明は生まれます。
その伝でいくと、大阪は、淀川があったからこそ拓けた、というのは、言い切れると思いますわ。
もう長いこと、大阪と淀川は、濃密な関係を続けてきました。

平安時代のころは、淀川は、瀬戸内海や西国と京の都を結ぶ交通の大動脈で、流域のまちであった大阪は、それこそ水の都と呼ばれて久しいわけです。舟運が発達し、天満や中之島は、物流の集積地として、発達を加速させていきます。

ただ、淀川というのは案外と暴れ川で、大阪は同時に、度重なる洪水に悩まされてもきました。自然というのは、人間にとって、神にも悪魔にもなるもんですが、淀川というのは、まさに、そういう両面を持っている川でもあったわけです。

記録によると、601年(推古9年)から1925年(大正14年)までの1300年のあいだに、じつに134回も洪水に見舞われています。10年に1回の計算。この間、淀川の治水は、ずーっと、この地の課題でもありました。

淀川の治水史に輝かしい足跡を残した人物といえば、まず、江戸中期の豪商、河村瑞軒が挙げられます。
この頃はまだ、現在の大川が淀川だったわけですが、その淀川の下流の水害対策として、安治川を開削します。直線的な水路をつくって、増水したときでも一気に大阪湾に水が流れるように、という工事です。

他、河内国の庄屋であった中甚兵衛は、淀川から大和川を切り離すという大工事を成し遂げてます。

というように、絶え間ない治水によってインフラを整備することで、大阪は天下の台所として繁栄していきます。
特筆すべきなのは、当時の幕府、つまり行政がそうした工事を行っているのではなくて、民間の人たちが自前のカネを使って、あるいは寄付を募って、行っているということです。大阪っちゅーところは、むかしから、お上をあてにせん精神がありますな。


さて、最大の工事は、やっぱ、明治に入ってから行われた、新淀川の開削でしょう。グネグネとうねりながら市中に流れ込んでくる淀川の流線を、根本的に変えてしまおうという、とんでもない大工事です。

直接のきっかけとなったのは、1885年(明治18年)の大洪水です。
北摂から中河内郡、大阪市街の約1万5142ヘクタール、約7万1000戸が浸水します。当時の大阪府全世帯数のうちの約20%が泥の海に沈んだというから、とんでもない大災害です。家屋流失約1600戸、損壊1万5000戸。上町台地の高台以外はほとんどが罹災し、被災人口約27万人。天満橋や天神橋など、橋の流失が31。もうね、空前絶後とはこのことです。


ほいで、この惨状を見て、淀川をなんとかせなあかん!と、立ち上がったのが、淀川万歳!で有名な大橋房太郎さんです。彼は、治水に生涯を捧げようと決意したわけです。
淀川改修運動の旗手となり、大阪府会議員となり、淀川改修の必要性を国に訴え、「淀川屋さん」とまで呼ばれるようになります。
あいだに日清戦争を挟んだせいで計画はハンコが押されたり頓挫したりと紆余曲折あったんですが、1896年(明治29年)、ついには、貴族院で河川法に伴う淀川改修法案が成立し、傍聴席にいた大橋房太郎さんが「淀川万歳!」と叫んだのは、有名な話です。


んで、いよいよ日本初の近代的本格的な治水工事がスタートするんですが、これは、それまで頼っていた外国人技術者ではなく、日本人によって進められた初の治水工事でもあります。
フランスに留学して近代土木建築技術を学んだ、沖野忠雄が設計を担当します。
沖野博士、もう英雄です。胸像が建ってますから。

毛馬閘門

毛馬閘門


この工事の肝は、4点あります。
琵琶湖周辺の洪水を防ぐ瀬田川洗堰の設置、
宇治川の付け替え、
新淀川の開削、
毛馬洗堰と閘門の設置、
です。
北ヤードの再開発どころではない、超ビッグプロジェクト☆

旧淀川、中津川、神崎川にわかれて蛇行しまくっていた淀川の下流部を改修して、守口から大阪湾まで16kmを一直線に、川幅500mの大放水路、つまり新淀川をつくっちまおうというプロジェクト。
日本で初めて大型土木機械が導入され、技師を海外に派遣し、もう、いろんなことが初めてのプロジェクト。動員された人工は、延べ800万人です。

そうやって、現在の淀川、新淀川は無事に完成します。
この超ビッグプロジェクトの完遂を記念して、それに相応しいビックな碑が建ってます。

毛馬閘門


んで、新淀川の開削に伴って、旧淀川(現在の大川)は支流化し、毛馬に、船の運航のための水位差をコントロールする「毛馬第一閘門」と流量調節する「毛馬洗堰」を設置することとなります。
これが、1907年(明治40年)に完成します。

それが、これ。幅10.91m、全長81.81mの閘門です。

毛馬閘門


扉をくぐって、下におりてみると、こんなかんじです。

毛馬閘門


前後に扉があって、それぞれの扉で、新淀川と旧淀川をせき止めます。んで、片方ずつ開閉して水位を上下させ、船を進ませるわけです。

現場に、図解入りで詳しく解説されたプレートがありました。

毛馬閘門

毛馬閘門


すでに使われていない閘門なので自由に入れるのだけれども、近くまで寄ると、なかなかの迫力です。

毛馬閘門

毛馬閘門

毛馬閘門

毛馬閘門


側面はレンガ造り。要所要所は、石材でできています。
丸い穴は、船を繋ぐための、係船環。

毛馬閘門


そしてこちらが、現在の閘門。

毛馬閘門


現在の閘門とかつての閘門の位置関係を示すプレートもありました。

毛馬閘門


一方で、「毛馬洗堰」は、1910年(明治43年)に完成します。
こいつで流量を調節することによって、旧淀川の水面は新淀川よりも約2m低くなり、洪水のリスクを激減させました。

これが洗堰。

毛馬閘門


こうして、淀川の氾濫に苦しめられてきた大阪も、とりあえずは、洪水リスクを激減させることができました。いやいや、それにしても、すごい大事業。

熱意の人、「淀川屋さん」大橋房太郎。
技術の人、「日本治水工事の始祖」沖野忠雄。

このふたりが果たした役割は、計り知れません。




毛馬閘門・洗堰・淀川改修紀功碑
大阪市北区長柄東3-3

mapを見る



■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/486
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.