大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< つけ麺じゃなくてラーメンを探して新規開拓 note.003 「四川拉麺」 - バラエティすぎる調味料が嬉しい! | main | 敬老の日のイベントを開催しました☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


梅田の紀伊国屋書店梅田本店がリニューアルしたその日に、ジュンク堂が巨大店舗を「チャスカ茶屋町」に年末に出店すると発表☆
 紀伊国屋書店梅田本店


梅田の紀伊國屋書店、大リニューアル敢行中で、ここんところずーっと、片側の入口だけを使っての営業でした。

僕は、紀伊國屋書店梅田本店のヘビーユーザーで、ほぼ毎日行っていて、それこそ、どこにどんなジャンルの棚があるというのは、ほぼすべて頭に入っている、という塩梅です。

それがリニューアルとなると、レイアウトが全面変更になるのだから、僕的には大変です。。。
まあ、でも、より便利で使いやすい本屋さんになるのなら、それはそれで大歓迎。
僕が、ここの紀伊國屋書店を贔屓にしているのは、ワンフロアになってるところです。わりといろんなジャンルを横断するのが好きなので、上に行ったり下に行ったりするのは、どーもうっとおしい。曽根崎の旭屋書店に行かないのは、モロにそれが理由ですわ。

ほいで、紀伊國屋書店の梅田本店、営業しながらのリニューアル敢行中で半分ずつ営業していたのが、今週頭からは大詰めを迎えて全館閉鎖。
9月16日(木)、ついにリニューアルが完成してオープンしましたです。
行ってみると、案の定、レイアウトは全面変更になっていて、一からレイアウトを頭に叩き込んでいかねばなりません。でも、ざっと見渡してみたところ、おおまかなジャンル分け、というか、このジャンルの横にはこのジャンルを、といった関連付けは、これまでと大きくは変わってないみたい。
まだ詳しくチェックしていないんで、どこがどう変わったとか、どこが使いやすくなったかといったことにまでは言及できないけれども、通路が少し広くなったのかな。



さて、そんなかんじで紀伊國屋書店の梅田本店がリニューアルなったその日にですな、なんと!今年の年末に茶屋町の新しい商業施設「チャスカ茶屋町」にジュンク堂が出店するというではありませんか!それも地下1階〜地上7階までを占拠する延床面積2,060坪という巨大店舗!

ここに入ります。

チャスカ茶屋町


現在、堂島にあるジュンク堂は、僕の活動範囲からはちょい外れるのでそんなに使うことはなかったんだけれども、茶屋町ならメチャクチャ便利です。フロアがわかれているのは好きではないけれども、こればっかりは使ってみないと結論が出ないところでもあります。

しっかし、この規模だと、1棟貸しとおんなじではないですか。たしか、有機食品メインのスーパーが入るという話があったはずだが、どこ行ったんでしょうか?
これで、間違いなく、梅田は大型本屋戦争が勃発しますな。かつて、ミナミのアメリカ村で展開された外資大型CDショップの熾烈な戦いとおんなじ様相が、ここに出現する可能性すらあります。
隣のロフトにはビレバンがあるし、梅田にはリニューアルした紀伊國屋書店…、かっぱ横町の古本屋さん街はよほど気合いを入れないと、没落の一途を辿るかもしれません。

北ヤードの先行開発やJR大阪駅北ビルなど、阪急電車の線路を挟んで西側の再開発が完成したとき、東側の茶屋町一帯には厳しい状況が生まれるんじゃないかって危惧が囁かれてもきたんですが、ロフト+ジュンク堂で、こっちは文化の香りのするまちとして棲み分けができるかもしれません。




そうそう、リニューアルした紀伊國屋書店で早速本を買ったら、本屋さんのカバーに、内田樹センセの直筆サインが入ってました。本屋さんのカバーに直筆サインが入ってるって、プロモーションとしては新しいですね。
もっとも、買った本は、内田センセの本じゃないけれども(笑)

紀伊国屋書店梅田本店





ゴリモンさんも、この件についてエントリーしてはります。
ゴリモンな日々「紀伊國屋書店 大改装 / 茶屋町にはジュンク堂」


中崎町流行通信でも☆
「チャスカ茶屋町の地下1階から地上7階までジュンク堂書店が出店」







紀伊国屋書店梅田本店
大阪市北区芝田1-1-3
tel. 06-6372-5821
10:00-22:00
mapを見る


チャスカ茶屋町
大阪市北区茶屋町7-20
mapを見る








■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/474
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.