大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 「大阪の宿」って小説も水上瀧太郎って作家も知らんかったよ…。 | main | 平松市長と橋下知事の意見交換会を見て思ったこと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


正道会館の向かいのJR高架下にオサレな創作鉄板料理屋ができたので行ってみた
まる麦や 天満店  

JR天満駅、正道会館の向かいといえば、JRの高架下です。
ここは、倉庫だったり駐車場だったりに使用されていて、かつ、家賃が安いもんだから、なかなか出物の物件がない場所らしいのです。なので、新店がオープンすることが、まずない。というか、ここの並びに店はないです。

ところが、です。
9月の頭に、ひょっこりお店がオープンしているではないですか。
それも、なにやらオサレ系のお店。ダイニングカフェか?

店のオーナーがここの物件関係者と知り合いで…、とかなんとか、まあそのへんはビジネス上のやり取りがいろいろあるみたいですが、とにもかくにも、このあたりでは滅多にない新店オープンです。

まる麦や、って名前のお店。
江坂にあるお店の2店目らしいです。

オサレ系なお店は、原則、パスというか敵視というかそんなかんじなんだが(笑)とりあえず場所が場所なんで、行ってみることにしました。ダイニングカフェかと思っていたら、お好み焼きやというか鉄板焼きやというか、そーゆーお店でした。テーブルに鉄板はないのだけれどもね。

んで、メニューを見ると、まともなものはいっこもない(笑) どーやら、創作料理のお店みたいです。
お好み焼きで創作をやられてもな〜、と、初手から一抹の不安よぎりまくりですが、とりあえずは、おススメマークがついてるのをチョイスしてオーダー。

知覧どりモモ特上焼き。

まる麦や 天満店

知覧どりっちゅーのは知らんかったですが、鹿児島の地鶏なんでしょうな。美味けりゃ、どこの鶏でもブロイラーでもいいんですけどね。
んで、こいつは美味いです。身に弾力があって歯応えがよろし。しかも旨味がしっかりある。地鶏を食べてる!ってかんじがします。


お好み焼きとオムライスもオーダーしてあったんだが、知覧どりのあとに出てきたのは、予想に反して、オムライス。普通、ゴハン系は最後に出てくると思うんだけれども、なんか違うみたい。先にオムライスが出てきました。

オーダーしたのは、これ。
魚介の鉄板焼きオムライス、っちゅーやつです。

まる麦や 天満店

オムライスにかかってるソースは、トマトベース。オムの内側はチキンライスならぬ、イカやらホタテやらの魚介がわりとたくさん入ってます。
悪くはないんだけれども、絶賛するかというと、そうでも…。なんちゅーか、新鮮な組み合わせのはずなのに、新鮮味がないのですよ。組み合わせは悪くないと思うんだけれども、組み合わせの妙というものがないといえばいいのかな。



んで、最後にやってきたのが、これ。完熟トマトソースの焼きそば。
これがイチオシらしいです。

まる麦や 天満店

一見して、これがお好み焼きだと看破できる人はいません(笑)
お好み焼きに、トマトベースのアンがかかっているのですね。これまた魚介たっぷり。
これもねえ、悪くはないです。悪くないし、ある種の人たちには受けるんだろうけれども、やっぱり、組み合わせの妙というものがないと思うな。結局のところ、これはこれでいいけれども、この組み合わせでないとダメ!というほどのもんではない。
あってもいいけれども、正直に告白しておくと、あってもなくてもいい、ってかんじです。




周辺に飲食店はないし、それでいてJR天満駅から歩いてすぐだし、お店の評判が立てば、人はすぐに集まると思います。
正面には正道会館があるから、そこの人たちに上手いこと宣伝してもらうってやり方はあると思うけれども、体育会系の人たちの胃袋を満足させられるかどうかは…、どーですかね。


オペレーションはまだまだ。
混んでいるわけでもないのに料理が出てくるのが遅いし、説明もチグハグ。
ま、そのあたりは新店ということで、これからに期待しませう。
とりあえずオサレだし、変わりメニュー多いし、ソッコーでメディアに取り上げられて、それなりに集客はすると思います。問題は、リピートの歩留まりがどんだけあるか、でしょうな。







まる麦や 天満店
大阪市北区錦町1-43
tel. 06-6356-6070
17:00-24:30
不定休
mapを見る



■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/466
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.