大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 長柄の名代官、松野登十郎について | main | 阪神百貨店の10Fにある、絶品のフルーツパーラー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


関西ものづくりデザイン選りすぐり商品集結の「DESIGN 優品関西」に行ってきた
「DESIGN 優品関西」展


「DESIGN 優品関西」展


9/3、4日、中之島バンクスで、関西のものづくり企業やデザイナーが開発に携わった、暮らしに身近な選りすぐりのデザイン商品を展示販売する「DESIGN 優品関西」が開催されたんで、行ってきました。

そもそも中之島バンクスって場所も初めて行ったんだけれども、大阪の芸術、文化、情報の発信拠点になってるらしいですな。普段は、なにしてるんだろか?

サイト、ありました。

http://www.nakanoshima-banks.com/

よくわかんないけど、ギャラリーっぽいことやってるみたいです。

ま、それはよろし。
今回は、そこで開催されている、関西のものづくり企業やデザイナーが開発に携わった、暮らしに身近な選りすぐりのデザイン商品の展示です。

主催しているのが、財団法人大阪デザインセンター。
これまた、サイトあります。

http://www.osakadc.jp/

ATCで起業デザイナーにオフィス貸したりインキュベーションしたりする団体ですね。僕の知り合いが、そのむかし、ここにオフィスを構えてたんで、名前だけは知ってる。

それにしても、大阪はいつごろから商業クリエイターの支援に力を入れるようになったんですかね?僕が事務所を開いたころには、こんなのはどこにもなかったぞ。
クリエイターが成長していくのに行政や財団の力を借りるのは、パンク・スピリッツには反するので僕には無理だけれども、今の若い人たちはもっと素直だから、使えるものはどんどん使っちゃうってことでいいんだと思います。

行ってみるとですな、オサレ雑貨満載☆
これは婦女子さんにはたまらん場所かもしれません。







会場の奥にあったんだけれども、ひときわ異彩を放っていたのが、この包丁セット。
越前からの出品です。あっちは刃物の産地。フォルムのデザインに関西のデザイナーがかかわっているのかな? そのあたりのことがわからなかったのは残念だけれども、握ってみて、これはいいな!と思いましたです、はい。

「DESIGN 優品関西」展



これ、とーってもよかったです。シリコンでできているので、並べたり変形させたり積み上げたりひっくり返したり…、ブロック並みに創造力・想像力を刺激する知的玩具。しかも、ブロックよりも安全☆ これ、クリエイターが最大限力を発揮した商品だと思いました。

「DESIGN 優品関西」展


カップラーメンのふたを留めるwww
その後ろのあるのは、「顔」(笑) 握りつぶして、ストレスを発散させます。。。

「DESIGN 優品関西」展


大阪注染の技術を駆使してつくる、にじゆらさんの手ぬぐいも出品されてました。僕の大好きな手ぬぐい屋さん。
にじゆらさんのことは、こちらを。

大阪が生んだ染めの技術「注染」を今に伝える「注染てぬぐい にじゆら」さんを訪ねる

「DESIGN 優品関西」展


木を使ったデスク周りのグッズも、ぬくもりがあってよかったです。

「DESIGN 優品関西」展



とまあ、こんなかんじ。
いろいろあって、どれもこれもフォルムが楽しくて、見ていて飽きないんだけれども、実際にゼニを出して買うとなると、どうかな。。。
いわゆるオサレ雑貨やアンテナショップに売ってるような商品と大差ないような気もするし、いずれにしても、どれもこれも、割高感が拭えんのですよね。
カップ麺のふたを留める人形なんて、上代800円です。この価格なら、僕は買わない。

この手の商品って、どーして、割高感があるんだろか? 少ロットだから?
オサレカフェに行ったときにも同様の疑問を抱くんだけど、モノに込められたメッセージはよく伝わってきます。これでもか、というくらいに、伝わってきます。伝わりすぎるくらいに、伝わってくる。

でも、設定された価格から、メッセージが伝わってくることは、滅多にないですね。

僕は、価格ほど雄弁に語ってくれるメッセージはないと思っています。

その商品やサービスを届けたいターゲットは、どんな人なのか?
その人たちの生活を想像し、その生活をワンステップ・ビヨンドさせるためのモノをつくるのなら、イクラの価格で届けるのがベストなのか、そうした発想を見せてくれるような商品に出会いたいと、常、思っています。
そうして設定された価格から逆算して用意されるモノやサービス。そういうものを、ぜひ、見てみたいな。

そんなことを思いながら、中之島バンクスをあとにしたのでした。それにしても、まだ暑いですな。
バンクス(=岸辺)も、なかなか涼しくなりませんな。。。。



「DESIGN 優品関西」展
大阪市北区中之島5-3-59 中之島バンクス EAST
主催:財団法人大阪デザインセンター
HP http://www.osakadc.jp/
mapを見る


■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/463
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.