大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 江戸の天才怪僧・慈雲、中之島に生まれる | main | 走って3秒も塩もなんでもいいからさ… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


済美小学校が姿を消した
旧済美小学校跡地

旧済美小学校跡地


先週、中崎の済美小学校跡地を通ったら、すっかり更地になってました。

ここにマンションができます。
藤和不動産が建てる、15階建てのマンション。平成24年竣工予定です。

旧済美小学校跡地


歴史のある小学校だし、ここで人生のある時期を過ごされた方は、たくさんいらっしゃいます。
僕は、このあたりの住民ではないので、済美小学校に縁がある方々ほどには思い入れはないけれども、それでもね。。。、
名もなき思い出が一瞬で吹っ飛んでいくかのような残酷な現実を、まざまざと見せつけられたようで、センチメンタルな、というよりも、暗澹たる気分になります。



アンドリュー・ワイエスを思い出します。
彼は、美しい風景画をいくつも残した。
美しい風景をまえにして、いつか滅びてしまうだろう風景をまえにして、この美しい風景よ消えてくれるな!と胸に思いを抱えながら筆を走らせたといいます。

ボローニャに思いを馳せます。
古い建物は壊さない。もちろん外観も変えない。しかしその内部は市民の必要に応じて思いっきり変えてしまおう、というのが、ボローニャの精神です。

この工事現場を見ていると、そういうことをいくつも思い出してしまいます。
耐震のことだとか、資本のことだとか、財政難のことだとか、ひと筋縄ではいかないことがたくさんあることはわかっているんだけれども、頭ではわかっていても、感情がまったく追いついていかないですね。

痛みを伴う感情は、感情のなかではたったひとつ、正しい感情だと、僕は信じています。
だから、この感情は、きっと正しい。
そう、思うのです。




旧済美小学校跡地
大阪市北区中崎西1-6-18

mapを見る

■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

この記事のコメント
同感です。
先日久方ぶりに中崎を通り、小学校が消えていることに愕然としました。
こちらの様に博学ではないため、ボローニャ(素晴らしい!)もアンドリュー・ワイエスの故事も思い浮かべることは出来ませんでしたが、言葉にならない感情がぐるぐると渦巻いて、ただただ泣きたいような、何かに怒りをぶちまけたいような、そんな思いでいっぱいでした。

こちらでこの記事を拝見することが出来たのは、私にとって僥倖です。

あの時の痛みを、忘れずにありたいと思います。



| s2plus | 2010/09/10 12:57 AM |
この記事のコメント
> s2plusさん

よぉーこそお越し下さいました。
おっしゃるように、今回の消滅にどんだけ合理的な理由があろうともどんだけ正当な因果があろうとも、感情がついていきません。

風景の移り変わりが、暴力的すぎます。
喪失感がデカすぎます。

でも、世界中の至るところで、こんなことは起こってるんですね…。

| ルイス | 2010/09/10 1:16 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/461
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.