大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 期待してたんだけど、今年はイマイチだったな。「手作りの夏祭り」 | main | 宇宙戦艦ヤマト、茶屋町に出現☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


今年の地蔵尊は、修験僧の行者、山伏と、ミナミの六地蔵をお詣りする
地蔵盆です。8月23日、24日は各地の地蔵盆のラッシュ。僕も、天満から梅田、中崎にかけての各地の地蔵盆をまわる計画を立てていたのですが、急遽、予定を変更して、北区の外に出てミナミの六地蔵詣りについていくことになりました。

ミナミの六地蔵、千日前、難波、日本橋、道頓堀エリア内の6つのお地蔵さんをお詣りするのですが、炎天下のもと、なかなかハードな体験でした。

今回、お誘いくださったのは、お知り合いの商店主で、かつ、修験道の行者さん、つまり山伏でもある方です。その方が、ミナミの六地蔵を詣るので、そのお供です。お供というかカメラマンというか、単に邪魔しに行っただけというか、とにかくまぜてもらったんですが、貴重な体験でした。

山伏というのは、まあ、山のなかをひたすら歩いて修行する、修験道の行者です。
奈良吉野の大峯山を代表に、熊野、大山、羽黒山など、日本各地の霊山と呼ばれるところにいらっしゃいます。
日本古来の山岳信仰が仏教、主に密教と混じり合ったものが、修験道。
奈良時代に成立したとされ、役小角(役行者)を開祖と仰ぐのですが、役小角はあくまで伝説的な人物です。
代表格は、やっぱ、空海、弘法大師ですな。
真言宗系と天台宗系とあるところからわかるとおり、空海や最澄が唐から持ち帰った密教がベースになってます。ベースというか、むしろ密教の周辺にあった雑密が、日本古来からあった山で修行する精神と結びついたものが修験道。すごく乱暴にいうと、そういうことになるかと思います。

頭に頭巾(tokin)、手に錫杖(shakujo)、麻でできた白い篠懸(suzukake)の法衣を着、袈裟をかけ、法螺貝を持ちます。天狗を思い浮かべてもらうとわかりやすいですね。あの格好。

もっとも、多くは、専門の僧侶というわけではなく、在家の信者が「講」を組織して、修行のときだけ山伏となり、普段は仕事を持つ社会人として働いてらっしゃいます。今回お誘いいただいた僕の知り合いの方も、普段は商店街でお店を営んでおられます。

でも、聞くと、修行は厳しいみたい。
真冬の1月に那智の四十八滝巡りとか、聞いただけで目眩がしそうです。2日間かけて、極寒のなか、那智の滝48ヶ所を巡りながら、滝に打たれるわけです。全身が紫になるらしいですね。滝から出てきて、誰かがタオルで身体を拭こうものなら、皮膚のダメージが強すぎて、飛び上がらんばかりの痛さだそうです。拭いてはいけない、タオルで押さえるだけ。…無理です、僕には!

熊野の山のなか、道なき道を2泊3日かけて往復する修行、奥駈け(okugake)も、よほどの健脚でなければ、ムリ。75kmとも100kmともいわれる、アップダウンが激しくて危険地帯も多い山の道なき道を、歩くんだそうです。夜、月明かり星明かりだけが頼り。ネパールの高地を歩いた経験はありますが、どうやらそれよりも全然キツそうです。…ムリです。

でも、山にこもって厳しい修行を行うことで、さまざまな験(しるし)を得ることを目的としているのが修験道でなので、それをしなければならない…。興味あるし、誘われてもいるんですが、よほどの覚悟が要ります!まずは、四国のお遍路さんからはじめたいじゃないですか!


さて、話はそれくらいにして、以下、今回の六地蔵詣りの写真です。
大阪を代表する繁華街を練り歩いているだけあって、素晴らしくシュールな世界が広がっています。聖と俗のコントラストのオンパレード!



まず最初、目指す先は法善寺の水掛け不動です。六地蔵詣りのまえに、地元のお不動さんへ。いきなりこの光景☆ のっけからシュールすぎます! すれ違う人、全員が写メwww

DSC07634六地蔵詣り 地蔵尊


水掛け不動さんで、法螺貝。法螺貝って、吹くのがなかなか難しいらしいです。

六地蔵詣り 地蔵尊


お坊さんもいらしていて、一緒に読経します。

六地蔵詣り 地蔵尊


そのあと、御堂筋に出ます。
山伏の行列の横にはミニスカートのおねえちゃん。なんともいえん、不思議な光景です。

六地蔵詣り 地蔵尊


道頓堀のところで、御堂筋を西に横断します。
ビートルズの「アビーロード」のジャケット…違うか(笑)

六地蔵詣り 地蔵尊


アメリカ村入口にある出世地蔵さんをお詣り。
アメリカ村に山伏! もちろん、コスプレではない。

六地蔵詣り 地蔵尊


アメ村に響きわたる法螺貝の音色。
晩年の忌野清志郎は法螺貝を吹いていたけれども、彼はアメ村で吹いたのだろうか?

六地蔵詣り 地蔵尊


道頓堀を再び東に向かいます。松竹座をバックにしたがえて行進する山伏。

六地蔵詣り 地蔵尊


道頓堀の西を望む。近代と原始が交錯する不思議な空間が現出しました。

六地蔵詣り 地蔵尊


「づぼらや」とコラボw

六地蔵詣り 地蔵尊


「金龍ラーメン」とコラボwww

六地蔵詣り 地蔵尊


無料案内所とコラボwww 聖と俗がコントラスト鮮やかに交錯する瞬間!

六地蔵詣り 地蔵尊


堺筋を抜けてさらに東へ。ここはすでにラブホ街。
行列の横を歩くカップルは何処へ…。

六地蔵詣り 地蔵尊


ついていくだけで精一杯だったので、もはやどこのお地蔵さんかわからなくなってますが、堺筋の東側、道頓堀を少し南にくだった日本橋界隈です。

六地蔵詣り 地蔵尊


歩きながら、お詣りしながらの法螺貝吹きは、思っている以上に重労働のようです。

六地蔵詣り 地蔵尊


こちらの地蔵尊では、冷たいものが用意されていました。
しばし休息をとる山伏。

六地蔵詣り 地蔵尊


ビッグカメラをしたがえる山伏の行列。
物質主義と精神主義、それぞれの象徴が交錯する時空☆

六地蔵詣り 地蔵尊


ビッグカメラ横にも、お地蔵さんがいらっしゃいます。
ここはかつて大火事を出した千日前デパートがあったところ。

六地蔵詣り 地蔵尊


お坊さんの読経も熱が入ります。

六地蔵詣り 地蔵尊


法螺貝は、彷徨える魂を鎮めるために吹かれます。この地は、彷徨える魂がたくさんいるらしく、吹くのにも熱が入ります。

六地蔵詣り 地蔵尊


吹きかたによって高低の音色を使い分けるのですが、それがまた難しい!

六地蔵詣り 地蔵尊


エヴァと山伏のコラボww この両者は、似ているかもしれませんな。

六地蔵詣り 地蔵尊


もうどこか覚えちゃいませんが、この路地の奥にもお地蔵さんがいらっしゃいます。

六地蔵詣り 地蔵尊


盛大に飾られた提灯の横に祠が祀られていました。

六地蔵詣り 地蔵尊


こうして見ると、法螺貝がほしくなっちゃいます!

六地蔵詣り 地蔵尊


もちろん、プリクラは撮りません(笑)

六地蔵詣り 地蔵尊



「自由軒」前を通過。こうして手をあわせる人もいらっしゃれば、法螺貝ウルセー!って罵声を浴びせる人もいて、さまざまです。さまざまだから、俗世はおもしろい☆

六地蔵詣り 地蔵尊


旧・精華小学校横のお地蔵さん。
壁を這う緑のツタが素敵ですね。

六地蔵詣り 地蔵尊


もちろん、ジャンカラには行かない。

六地蔵詣り 地蔵尊


道を極めているわけだが、もちろん、この「道」ではない。

六地蔵詣り 地蔵尊


道具屋筋の横にもお地蔵さんがいらっしゃいます。
こちらでは、大太鼓が置いてあったので、盆踊りも兼ねている模様。

六地蔵詣り 地蔵尊


長かったお詣りも、ここのお地蔵さんをお詣りして、六地蔵詣りは終わりです。

六地蔵詣り 地蔵尊


皆、雨に打たれたみたいに汗びっしょりになってはりました。
本当に、お疲れさんでした。

六地蔵詣り 地蔵尊




■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

この記事のコメント
こんにちは、
写真のシュールさに驚き、文章に抱腹絶倒し、そして何より、やはりありがたくて手を思わず合わせたくなりました。

すばらしい出来事を見せてくださって有難うございます。
ミナミに6地蔵詣でがあるなんて全く知りませんでした。毎年行われておられるのでしょうか。
特に千日前のお地蔵尊、竹林寺さんが移転されたと聞き少々不安に思っておりましたが、この方たちのご供養に胸をなでおろしております。

聖と俗のコラボ。
思ったよりもずっとしっくりくるその存在感に、改めてミナミの多層性、懐の深さを見る思いです。
いつもすばらしい情報を教えてくださって感謝です。

乱文どうぞご容赦ください。



| s2plus | 2010/08/25 2:30 AM |
この記事のコメント
> s2plusさん

神社仏閣巡りは僕の趣味でもあるのですが、こうして山伏さんとご一緒させてもらって、地蔵尊を巡る体験は初めてでした。

今回は紹介しなかったけれども、出発前の着替えをされているところや、法螺貝の練習をしているところなど、くだけた時間もご一緒させてもらったし撮影もさせてもらったし、裏側まで気軽に見せていただいて、器のでっかい人たちだなと、修行するとこんなにも優しく器もでっかくなるのかな、と、改めて、心奪われた次第です。

今回の詣での中心になっておられる方は、法善寺で生まれ育ち、有名な演劇ホールを経営されておられる方でもいらっしゃいます。詳しくお聞きしたわけではないのですが、きっと、毎年ずーっとやっておられるのだと思いますよ。ご供養されることもまた、修行の一環でしょうし。

大阪は、天満宮や生国魂さんに代表されるように、聖と俗がせめぎ合いをしているというか、表裏一体の関係になっているように思います。そういう光景に慣れ親しんでいることもあってか、シュールではあるけれども、僕にとっても、意外なほどしっくりくる風景でした。おっしゃるように、多層かつ、奥行きがあるんだと思います。

炎天下のもと、超ハードだったけれども、ほんと、いい経験をさせてもらいました。

| ルイス | 2010/08/25 2:55 AM |
この記事のコメント
丁寧なレスを有難うございます。
そういえば日本全国を見ても、多くの寺社がある場所には必ずといっていいほど程近くに遊郭や花街などがありましたから、ほんとに表裏一体なのでしょうね。
炎天下の元お疲れ様でした。本当に、良いものを見せていただきました。

| | 2010/08/27 12:40 AM |
この記事のコメント
すみません、上記書き込みは自分です。名前が落ちておりました。失礼しました。

| s2plus | 2010/08/28 2:51 PM |
この記事のコメント
> s2plusさん

そうそう、日本全国の寺社周辺って、そういうところが多いみたいですね。ちなみに、江戸時代に天領だったところに、そういうコントラストの強い町並みが多いと聞いたことがあります。

| luis | 2010/09/01 2:31 AM |
この記事のコメント
こんにちは、いやはや、すごいです。関西の仏教系大学に在学中なんで、宗教研究で大阪の地蔵盆は見にいきました。
私の故郷の山口県には真宗化以前は沢山の修験道の行者がいましたが、いまはほんのわずかです。
今度、三月十日に『宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会』でまた御縁があれば山伏さんたちにもきてほしいです。

| 八角三郎 | 2012/02/21 7:24 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/460
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.