大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 毎日放送が現社屋横に新館建設を発表☆ | main | 長柄にある、普段使いのごっつう美味い鰻屋さん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


四天王寺の万燈会に行く
四天王寺 万燈会 2010.8.12


カオスさんに教えてもらって、四天王寺の万燈会に行ってきました。
カオスさんの2008年の記事は、こちら。

混沌写真「四天王寺 万灯供養」


例年、奈良の燈花会に行ってたんだけど、あそこもすっかり観光化されて混雑ぶりもすごいので、もういいかな、ってのもあって、今年は、違う場所へ。

月曜には京都は六道珍皇寺の六道詣りに行ったついでに、六波羅蜜寺で、万燈会の原型と言われているものを見てきました。
そんときのエントリーは、こちら。

「六道の辻、あの世への入口から精霊を迎える」


万燈会は、ご先祖さんの霊の安らかなることを祈り、あわせて家運の隆盛を願って、仏さん、菩薩さんに千、万の燈や灯を供養する行事です。
651年(白雉2年)に朝廷で催されて以来、連綿と続いている宗教行事。
盆の行事だし、純粋な仏教行事ではなくて、土着の信仰と仏教が結びついた行事だと思っていたんですが、六波羅蜜寺での万燈会の原型を見たとき、これは密教行事にルーツがあるんじゃないか、と確信しました。

そう思って、つらつら調べてみると、
罪障を懺悔して四恩に報じ万燈を諸仏に供養する法会と、法蔵館の密教辞典にありました。

つまりただ万燈を供養することが目的なのではなくて、そこにいたる思いはいかなるものか、と、問われる必要があるということです。

先祖供養を願ってろうそくに灯をともすわけですが、ひとつの灯りをともそうとする心の在りようを、この行事は問います。

そういう心持ちでろうそくの灯りを眺めていると、自分の内面と対話するような、それこそ密教的な感覚にとらわれます。

読経している人、ろうそくの灯りをボンヤリと、凝視しながら、見つめている人、ろうそくの灯りから視線を逸らして天空の一点に視線を落としている人…、物見遊山に来ている人は、それこそ僕くらいなもんで、みんな、なにかしらの想いを抱えて、厳かに、この行事と向き合っているように見えました。

ライトアップ、ライトアップ化されたイベントが大流行りの昨今だけれども、やっぱ、この厳かさのなかにこそ本質はあるだろうし、容易に観光化してはいけないように思いましたです。




万燈会は1日に4回、18:30〜、19:10〜、19:50〜、20:30〜に行われます。
明るいうちに行われるのも見ておきたかったので、18:30〜の第1回目に訪れました。

まだ、空はこんなに明るい。
でも、参道ではたくさんの提灯が並んでいて、ここから気分が盛り上がります。

四天王寺 万燈会 2010.8.12


すでにたくさんの人が集まってます。

四天王寺 万燈会 2010.8.12


まずはお約束の転法輪をクルクルまわします。これをまわすと、煩悩が破壊されますが、僕のは強力な煩悩なので、はてさてどうなったことやら…(笑)

四天王寺 万燈会 2010.8.12


1本700円でろうそくを買い、ご先祖さまや供養したい人の名前を書いてもらい、思い思いの場所にろうそくを置きます。火を点けてくれるのは、専門の人。

四天王寺 万燈会 2010.8.12


ズラッとろうそくが並んでいる光景は圧巻であると同時に厳かな雰囲気を醸し出してます。

四天王寺 万燈会 2010.8.12


こちらは灯籠。五重塔や金堂のあちらこちらから吊るされています。いくらで売っていたのかわかんないけど、これもきっと、供養したい人が買い求めているようです。

四天王寺 万燈会 2010.8.12


時間が来て、お坊さんが読経しながらろうそくの列の横を練り歩いていきます。そのうしろを、一般の参拝客が続きます。

四天王寺 万燈会 2010.8.12


読経するためのお経を記した紙をもらいました。

四天王寺 万燈会 2010.8.12


第1回目が終わって、あたりはとっぷりと日が暮れてきました。

四天王寺 万燈会 2010.8.12


ろうそくの灯りも、迫力を増してきました。
炎のかたちが独特なのは、このろうそくが紙に包まれているからです。

四天王寺 万燈会 2010.8.12

四天王寺 万燈会 2010.8.12


灯籠も明るさを増してきました。

四天王寺 万燈会 2010.8.12

こうして、手を合わせている人がたくさんいました。

四天王寺 万燈会 2010.8.12

四天王寺 万燈会 2010.8.12

四天王寺 万燈会 2010.8.12


お坊さんを先頭に読経しながらろうそくの列の横を練り歩いた最後は、金堂のまえで、本尊の救世観音菩薩さんに向かって、拝みます。
じつは1回目のとき、金堂のなかで本尊救世観音菩薩さんを拝見しているあいだに、行列が金堂のまえに到着して読経を初めてしまい、僕は、金堂から出られなくなってました(笑)

四天王寺 万燈会 2010.8.12



四天王寺は滅多に来ないんだけれども、来てみて、あらためて、このお寺さんは今でも生の宗教が生きている場所なんだな、と、思いました。

その在りようが心地よくて、いい風に吹かれていたのでした。






四天王寺 万燈会

大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
tel. 06-6771-0066
HP http://www.shitennoji.or.jp/
万燈会 8/9-8/16
mapを見る


■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/448
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.