大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 「なにわ淀川花火大会」は扇町公園からでも見えるけれども、HONDAのビルがかなり邪魔(笑) | main | 六道の辻、あの世への入口から精霊を迎える >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


駅構内初の大型デジタル・サイレージ×「美人時計」
デジタル・サイネージ


JR西日本コミュニケーションズが、JR大阪駅桜橋口んところからGAREに向かう地下道のところに駅構内(トリックアートの壁画があるところね)では初となる大型デジタル・サイネージを設置した、というニュースが流れたのが、8月6日。
実験的に年末までやるそうです。

デジタル・サイネージ…、要するに電子看板ってことになるんでしょうが、大型ディスプレイによるコンテンツ配信って、それこそ、梅田の紀伊国屋書店前のBIGMANとかあるし、ニュースになるような目新しさって、あるんでしょうか?

42インチ液晶ディスプレイ12面、縦1860mm×横3138mmなので、まあまあでっかいです。ここに、広告やらのコンテンツを配信するらしいです。トータルでサービスを提供するのが、大日本印刷。まあ、書籍も電子化される時代なので、大日本印刷がそういう分野に乗り出すのも自然な流れなのかも。

ほいでですな、第1回目の配信が、あの「美人時計」ですわ。
大阪版の未公開コンテンツと、企業広告を一定間隔で切り替えて、大日本印刷が配信するとのことです。

実証実験をして、広告媒体としてのデジタル・サイネージの駅構内における価値検証と、適したコンテンツの検証などを行うんだとか。

ちなみに、「美人時計」が配信されているあいだ、立ち止まってる人って、いてなかったけれども…。


だいじょうぶか、これ?(笑)



梅田バーチャルコリドーのデジタル・サイネージ
大阪市北区梅田3









■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/439
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.