大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 北区の駐輪場map携帯サイト、オープンです☆ オープンにあたって、きわめて個人的だけれども、思うことなどを。 | main | 天満はそろそろ天神祭の匂いがしてきました☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


ここまでヒドい症例は滅多にお目にかかれません
と、言われてしまいましたわ。。。。。

えーっと、原稿用紙からPCに変わったとはいえ、机に向かって黙々と作業する生活を続けて20余年。
慢性の凝り症。
五十肩を30歳で迎えたエリート経歴を持つ早熟の僕。
左肩が痺れ、電気が走るようになって早5年。
ひどいときだと、首まわりの筋肉が固まりすぎて、前後左右上下どの方向にも1mmも動かせなくという事態に見舞われます。。。
で、最近、
左肩の肩甲骨に、異様な痛みが走るようになったんですね。もう、左腕が引きちぎれそうというか、いっそのこと引きちぎってくれ!ってかんじで。

病院、遠いし、キラいなんです。大っキラいなんです!!

なので、これが肩凝り、もしくはPC仕事から来る眼精疲労が原因なのなら、病院になど行きません。生活環境を改善せねば根治できないことは容易に想像できるんで、対処療法しかしない病院に、気休めに行っても仕方がないではありませんか。。。

でも今回、痛みが普通ではなくて、もしかしたら神経が障っているかも?と思い、ヘルニアを心配して、病院に行くことにしたのですよ。

いい病院があるよ!と、紹介してもらったことでもあるし。 ただし、北区ではない。都島区…。ま、余裕でチャリで行ける範囲内ですが(笑)

行ってみれば、なんのことはない、阪神タイガースの選手を多数クライアントに抱える接骨院。
じんない接骨院・鍼灸院ってとこなんですけどね。

医者がたくさんいて、元気がよくて、陰湿なところがまったくなくて、体育会系の明るさが満ちている病院ですわ。接骨院とか鍼灸院とか、じじくさいイメージがあるから、そんなところやったらいややなあ、と思っていたんだけど、それはセーフ☆

平日の午前中、割合と混雑していましたが、それでもすぐに診てくれました。それも、院長が。
筋金入りの虎キチやというのが伝わったのか?(笑)

んで、ひとしきり症状を説明して、原因と思われる生活環境を説明して、診察してもらいました。
腕をいろんな方向に動かしたり、触診したり、いろいろしてましたが、診察結果は…、

切って開いたわけではないから100%ってことではないけれども、神経が障ってるってことはまずない。万が一そうだったら、腕が指先まで痺れているはずなので、今は肩甲骨だけだから、緊急を要する性質のものでもない、と。
で、
結論としては、極度の凝り。。。。

なんじゃらほい!(笑)

しかし、この院長、言いたい放題でしてね。

すべて凝りから来てるもんですけど、ここまでヒドい症例は滅多にお目にかかったことないですわ〜、と。

患者をまえにして、そんなことを言うんじゃないよ!(笑)

さらに、阪神タイガースの試合の話になり、前夜のひどい雷雨の話になり、仕事してたらすごい雷雨でビックリした、と僕が言ったら、院長、ボクは寝ていたので全然気がつきませんでしたわ〜、わっはっはっは〜、って…。。。

オレは、思いやりのない言葉を吐く人はキラいだけれども、こういう種類の本音丸出しの無神経なモノ言いをする人は、好きです(笑)

結局、電気を20分あててもらって、肩甲骨を中心にマッサージを20分してもらって、〆て850円
初診料が500円で、診察及び治療が350円。
次回からは、350円。

なんか、気休め程度には肩が軽くなったような気がせんでもないんですが、それももって1時間。
家に帰るころには、痛い肩に戻ってましたわ〜(笑) あかんやん!

でも、この凝りは強烈ですから、しばらくはできるだけ毎日通院してもらいたい、と。
350円なので、時間がつくれるかぎりは来てやるよ!と、上から言ってやりました(笑)
おもろい院長だし、宗教がおたがい阪神タイガースなので、しばらく付き合ってやることにしました。

これで深夜に開業してくれるとか往診してくれるとか、そーゆーサービスがあれば言うことなしなんですがね。。。。。


あ、写真撮るの忘れてた。



じんない接骨院・鍼灸院
大阪市都島区都島本通3-23-7 エコール山田1F
tel. 06-6927-5598
HP http://jinnai-c.com/

mapを見る


■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/415
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.