大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 日本最初の感化院の跡碑は、びっくりするくらいひっそりとたたずんでいる | main | 堂山町の七夕 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


天神祭の記念切手が発売されてます
天神祭の記念切手


記念切手「天神祭」が登場して、早速買ったのでした。

べつに切手マニアとかではないんだけれども、請求書出したりするとき、封筒を郵便局にそのまま持っていって、スタンプ押しただけの変な紙をベロッと貼られるのがイヤで、できれば切手のほうがいいと思っていて、どーせなら記念切手を買うようにしてます。
だから、どんな記念切手でもいいんだけれども、せっかく「天神祭」のが出てたんで、そいつを買ったのでした。
ちなみに、最近の記念切手は、特に台紙付きのやつだと、裏面が完全にシールになってますな。

さて、この切手、絵師のチョイスがいいです。
全部で10枚あります。

天満繁盛亭の緞帳の原画にもなっている生田花鳥(ikuta kacho)の絵が、あります。
大正から昭和にかけての大阪画壇で活躍した女流画家だけれども、天神祭の絵をたくさん描いている画家です。精緻なのにタッチが柔らかくて、僕、この人の絵は好きです。
ちなみに切手になっている彼女の絵は船渡御の様子で、背景には、近代建築がうっすらと描かれてます。きっと心象風景を表しているんだと思うけれども、なかなか珍しいモチーフですね。

彼女以外のものだと、上田耕沖(ueda kochu)さんという幕末から明治期に活躍した円山派の画家で、円山応挙の弟子やそうです。

谷本蘇牛(tanimoto sogyu)。南堀江生まれながら京都で浮世絵を学び、八坂神社の絵師となって、ろうけつ染めの古い技法を復活した人らしいです。大正から昭和にかけての絵師さん。

山本笙園(yamamoto shoen)。大正から昭和にかけての絵師。地車を描いてはります。切手に採用されている絵は、天満宮に奉納された絵なんですと。

上田耕甫(ueda kouho)。明治から昭和にかけて活躍した南画家。彼もまた船渡御を描いてますが、鳳神輿、玉神輿、御迎人形、鯛、催し太鼓…と、賑々しい様子が描かれていて、とても楽しい☆

長谷川貞信(hasegawa sadanobu)。大正から昭和にかけて活躍した浮世絵師さん。一昨年の天神祭の公式ポスターの原画「天神祭船渡御図」を描いた人です。天神祭や天満宮をモチーフにした絵をたくさん描いているらしいのですが、僕、知りませんでした。見ると、何枚版を用意したのかわからんくらいの多色刷りで、なかなかの労作です。

増田耕南(masuda kounan)。大正から昭和にかけて活躍した絵師さん。御霊神社に奉職したのにもかかわらず、絵を学んでいた人です。鳳神輿を描いた絵は、昨年の天神祭の公式ポスターの原画。

いやいや、こうして見ると、天神祭をモチーフにした絵がオールスターです☆

見ていて、飽きないです〜。
惜しむらくは、サイズが普通の切手サイズなので、絵がちっこいんですよね。人が豆粒みたいになっちゃってるのすらあるんで、虫眼鏡が要るではないですか!

まあ、でも、切手だから仕方がないよな。


お値段は、80円切手が10種、台紙付きで、解説のシートがついて、1,200円。
興味のある方は、大阪市内の郵便局でどうぞ。



あ、昨年の天神祭関係のエントリーは、こちらからどうぞ。

「今年のギャル神輿の担ぎ手の募集がはじまってます☆」

今年の天神祭は、北新地にも神輿が練り歩きます☆

天神祭はどんな祭? 本番に向けてのお勉強 編

天神祭はどんな祭? 昨年の様子を写真で見る 編(画像75枚付き)

夜になると天神祭の練習☆ (昼間は見えないところで)

天神祭 2009 vol.1 ギャルみこし〜初日(宵宮祭と鉾流神事)編 追加テキスト&写真多数アリ☆

天神祭 2009 vol.2(陸渡御〜船渡御〜奉納花火)編 写真41枚付き


■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

この記事のコメント
80円が10種なら800円、ここで解説見れたので台紙、解説シートはいらない。でもバラ売りでいいなんて言うと1テーマ10シートなんてなるのかな?

| saito | 2010/07/06 2:24 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/408
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.