大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 天神祭の記念切手が発売されてます | main | 天満宮の七夕のお祭り、星合祭〜天の川伝説を堪能する(茅の輪画像7枚を含む計19枚の画像付き☆) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


堂山町の七夕
七夕っちゅーのは、天帝によって引き離された織姫と彦星が、年に一度、カササギが天の川に橋を架けてくれて、逢引を許してくれる、というストーリーだったはずですよね、たしか。

星の逢引なんで、その日には大阪天満宮でも星合祭が開催されるんですが、それはまた後日。

んで、願いごとを書いた短冊を笹に飾りつける風習は、この時期、夏を無事に越すための大祓(要するに、暑さから来る疫病、食中毒退治ですな)のために、あちこちの神社で茅の輪が設置され、その両脇の笹竹に短冊を飾りつけたことからはじまってるみたいです。江戸時代に、そういう風習が自然と確立された、と。

ちなみに、茅の輪くぐりは日本最古の宗教儀礼でもあるんで、七夕のお祭りにかかる前段は、なかなか由緒あるものになってきます。

と、歴史を紐解くのも詮無いほど、今では、まちづくりの一環や集客のための装置として利用されているから、そこに神事の香りを見いだそうとするのは、もはやヤボってもんです。

堂山町の通り、飲み屋さん街で見つけたのが、これ。
この通りも、例に漏れず、並木のように笹を並べてます。

堂山町の七夕


でも、さすがは飲み屋さん通り。飾られた短冊が、日本酒のラベル(笑)

いいのか、これで?(笑)
いいんでしょうな、きっと。




■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/406
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.