大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< オートバックス創業者の銅像、発見…。 | main | 旧北天満小学校の芝生が刈られて、初夏を実感する >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


もう曲がり角にきてると思った、今回の「1,000,000人のキャンドルナイト@茶屋町」
 このブログをはじめてから、3度目の「1,000,000人のキャンドルナイト@茶屋町」
これまでのは、こちら。

「1,000,000人のキャンドルナイト@茶屋町(キャンドル画像28枚付き)」

「1,000,000人のキャンドルナイト@茶屋町(キャンドル画像20枚付き)」


今年は、6月3日に行われたのでした。
夕方直前、通り雨というか、思い返してみるとあれは今年最初の夕立だったのだな、と、まだ梅雨もはじまってないうちからの季節外れの夕立にあって、今年のキャンドルナイトは大丈夫かいな、と、やきもきしながら行ったのでした。



グラスのなかで煌めくロウソクの灯りは、蜻蛉のようにゆらめいて、ぼんやりと眺めていると、夢か現か、というかんじになってきます。

彼岸と此岸の境界線って、ロウソクの灯りのなかにあるんではなかろうか、と、そんな気にすらさせられますね。





ただ、このキャンドルナイトは、もう完全に曲がり角にきてるな、と思ったのも事実で。

何年前だったか覚えてないけれども、たぶん、このイベントがはじまった当初から、見にきてます。
でも、年々、趣向を凝らすようになって、もはや、文化祭のような様相を呈してます。

そりゃ、主催者サイドに立てば、前回よりももっといいものを、前回とは違った趣向で新鮮味を、と、考えるのは、よーくわかります。

でも、もう、静かにロウソクの灯りを楽しむという趣ではなくなってしまいました。


あえて言うけれども、ロウソクの灯りを味わっている人は、もはや、どこにもいません。
みーんな、写真を撮ってる。写真を撮ることに熱中してる。写真を撮るだけ撮って、五感のすべてでロウソクの灯りを楽しむといったことは、誰もしていません。
かくいう僕だって、このブログのために写真を撮り倒しています。

そして、出展者は、自らの表現を達成するだけのための作品を出し、ロウソクよりも「私」を全面に出してくる…。

そもそも、このイベントは、電気を消してロウソクの灯りを味わい、エコについて考えよう、というものではなかったのですか?

でもその目的はもはやどこにも感じられず、会場となっている商業施設は安全上の理由から電気を消すこともままならず、単に集客のためのイベントになってしまったように思います。


そのように強く感じるようになったのは、昨年冬に、旧済美小学校跡地で行われた中崎町のキャンドルナイトを見たからです。
あのキャンドルナイトは、資本の匂いをまったく感じさせない、純粋に手づくりのキャンドルナイトで、シンプルにシンプルに行われたもので、とーってもあったかいものでした。

そんときのブログは、こちら。

「手づくり感+エコがちゃんとちゃんと伝わる中崎町のキャンドルナイト(キャンドル画像13枚付き)」




場所も含めて、今後のキャンドルナイトは、どこに向かうのかを再考すべきところにきています。
次回、再考したあとが感じられるキャンドルナイトになってたらいいなあ、と思いながら、会場をあとにしたのでした。



茶屋町キャンドルナイト 2010 夏

茶屋町キャンドルナイト 2010 夏

茶屋町キャンドルナイト 2010 夏

茶屋町キャンドルナイト 2010 夏

茶屋町キャンドルナイト 2010 夏

茶屋町キャンドルナイト 2010 夏

茶屋町キャンドルナイト 2010 夏

茶屋町キャンドルナイト 2010 夏

茶屋町キャンドルナイト 2010 夏

茶屋町キャンドルナイト 2010 夏

茶屋町キャンドルナイト 2010 夏

茶屋町キャンドルナイト 2010 夏

茶屋町キャンドルナイト 2010 夏

茶屋町キャンドルナイト 2010 夏

茶屋町キャンドルナイト 2010 夏

茶屋町キャンドルナイト 2010 夏

茶屋町キャンドルナイト 2010 夏





キャンドルナイト@茶屋町

大阪市の北区をグルグル巡るブログのためのmap




■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/387
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.